富樫としょーこ

March 04 [Fri], 2016, 18:53
妊娠した女性にとってすこやかな子供の発育のために摂取を心がけたいのが「葉酸」といえます。その名「葉」の通り、キャベツとかレタスのような葉物野菜に豊富だという印象を持たれますが、供給源として重要なのが果物で、例えば、イチゴには100gあたり90μgの葉酸が含まれます。妊娠中の葉酸所要量は通常のほぼ倍なので、豊富に含まれる食材は何か、調べておいて毎日の食事で過不足なく摂ることを目指しましょう。
妊娠によって日常生活も心理状態も変わるので意識する、しないにかかわらず変化はストレスとなり、自律神経がバランスよく働かないこともありえます。ホルモンバランスが変動することや、毒素を排除しようとすることによって、つわりは引き起こされるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じる症状でもあるのです。ビタミンB群の一つである葉酸は、ストレスによる自律神経の乱れを軽減する働きがあり、そのことでつわりの軽減も期待できるわけです。
貧血を起こす要因と言えば、様々な理由で鉄分が摂れていないからかと思われがちですが、実際は様々な原因による貧血があり、摂った鉄分が足りないことばかりが主な理由だと考えるのは正しくありません。ヘモグロビンの多い赤血球を増やすためには、鉄分と同時に葉酸を摂らなければならないため鉄分を強化して摂っても貧血が改善しない場合、葉酸も強化して摂取することでヘモグロビンを多く含んだ赤血球が増える可能性もあるでしょう。
葉酸と言えば、レバーとかほうれん草とかに多く含まれるものです。しかし継続して摂るとすれば無理があって、継続して摂るのはなかなか難しいのです。とすれば、葉酸を摂るための一つの考え方としては食事からの摂取のみで毎日しっかり摂ろうと考えるのを止めて、栄養補助食品や薬も取り入れていくことです。自分に合った方法を早く見つけ、葉酸が不足しない生活習慣を作れると良いですね。
妊婦になってから少し時間が経って、そういえば葉酸が十分摂れていないと気づいたとすれば手遅れと言うことはありません。早急に手を打ってください。胎児が母体内で順調に育ち、無事生まれてくるにはとても重要な役割を果たすのが葉酸です。様々な理由で葉酸がきちんと摂れていなくて、もっと葉酸を摂らなければならないと思ったら、気がついたら早急に必要な量の葉酸を摂取するべく、必要な手を打っていくことが求められます。
葉酸の添加を特長にしている食品はマークがついていて、特定保健用食品の表示がされています。これは消費者庁認可のマークで、食品についてそれぞれきちんと審査を行い、認可を受けた食品に限り、特定保健用食品の名称、それに、マークの使用を認めるのです。特定保健用食品のマークを探して、それがどこかにあれば公の認可を得ている特定保健用食品の保証がされているので、葉酸を添加した食品を選びたいという方は判断の目安として役立つものです。
妊娠したら、葉酸を初期のうちにしっかり摂っておきたいというのはずいぶん知られるようになりましたが、実際は妊娠の全期間にわたって十分な量の葉酸が、母子にとって本当に必要な栄養素だといえます。葉酸の摂取は、妊娠後期にも胎児のすこやかな発育を促すものであり、お母さんの貧血や妊娠中毒症を防ぐこともできます。そのため、妊娠初期を過ぎても、できる限り、葉酸を妊娠中から授乳が終わるまで意識して摂取するのが一番良いでしょう。
ビタミンB群として、葉酸は水溶性なので水に溶けやすいのが特長の一つです。他の性質としては、熱に弱いことも挙げられます。食材を調理する手段によっては葉酸が半分以下に減ってしまうこともあるのです。ならばと言って、非加熱の食材を大量に食べることはとても現実的ではありません。それならば、調理するときにはさっと湯通しする程度で終わらせるなど、ちょっと工夫していくのが食材から葉酸を効率よく摂るために欠かせないと言えます。
どんな人でも続けられそうな葉酸の摂取というといくつか考えられるでしょう。誰でもすぐひらめくのは葉酸が豊富な食材を、毎日食べることです。ただし、葉酸には加熱で失われるという性質があり、妊産婦に必要な量の葉酸を摂れるように食べていくのは毎日のことなので、相当がんばらないといけません。葉酸の摂取量を確保するためにも、サプリメントや錠剤、強化食品などで補うのが良いでしょう。もし飲む時間帯を気にするのなら、食後が最適でしょう。
人間にとって、葉酸は他のビタミンと同様、欠かすことができない栄養素です。サプリなどの服用は、普通の食生活を送っている方には不要ですが特に妊娠初期に葉酸を摂ることは、胎児の発育にとって重要なので必要な量の葉酸が毎日摂れるようでないとすぐ葉酸不足になってしまうのです。葉酸を強化して摂るために、サプリメントなどをいつから飲めば良いかとなりますが、妊娠判明と同時に開始するのが胎児の発育のためには良いでしょう。理想的には、妊娠を希望したときから摂っていって欲しいという意見もあることを知っておいてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:龍之介
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ssjjinseo0hhwi/index1_0.rdf