SSEマスタープログラム (早漏革命)の効果と脳から治す早漏克服 FR法

December 31 [Mon], 2012, 2:08
まいど!こんにちは


今日もSSEマスタープログラム (早漏革命)レビュー特集中です(^^)
SSEマスタープログラム (早漏革命)は全く効果無し?という噂を聴き、半信半疑でしたが…
↓↓

SSEマスタープ

ログラム (早漏革命)検証レビューはこちら

この教材は本物です!


長寺 忠浩さんが世に放つ情報教材SSEマスタープログラム (早漏革命)を
オリジナル特典付きでお届けしています。


※ステップは3段階。必ずリンク先をチェックして下さいね(^^)


詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

SSEマスタープ

ログラム (早漏革命)検証レビューはこちら



て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


きょうのあさごはんは新米を炊いたご飯と、鮭と鳴門産のわかめのお味噌汁

朝の定番メニューです。



8分で平らげて、、9時13分にマンションを出発です。



いつも通りローソンに寄って、冷たいコーヒーを並んで購入(-_-;)



朝はこれに限ります。。



事務所に到着すると、いつものようにnewsを確認すると

今日のヘッドラインは?

↓↓

 [映画.com ニュース] アメリカで、テレビコマーシャルの音量規制が開始されたと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

 テレビCMの音量が大きすぎるとの消費者のクレームを受け、アメリカ議会は商業広告音量軽減法(Commercial Advertisement Loudness Mitigation Act、通称CALM Act)を約1年前に可決。広告業界には1年間の猶与が与えられていたが、ついに施行された。

 過度に音量の大きなCMを見た視聴者は、ホームページかフリーダイヤルを通じて連邦通信委員会(FCC)に報告。同委員会が連邦法違反と判断した場合は、放送業者が罰せられることになる。

 通常のテレビ番組の音量は70デシベル前後だが、長く放送業界で使われてきた機材の多くは電圧で測定しているため、正確性を欠いている。そのため、CM制作サイドが過度に音量の大きなCMを作成するようになっため、社会問題となっていた。

 放送業者の大半が新法に合わせて準備を行ってきたため、過去1年で騒々しいテレビCMは激減している。
(この記事は映画.comから引用させて頂きました)



・・・どうりで。

興味ないな(笑)



まあそれは置いといて本業の話。

M君によるとステップメールアフィリエイトに7時間と、ヤフオクに4時間。





ちょっと辛いけど簡単に終わるでしょう。



本日も稼ぎます(^^)



そういえばこんなの

↓↓





あちゃちゃかんけー無い?

気にしない気にしない(^_-)-☆



それはそうと夕食は何しよ?

カレーかチャーハンがなんとしても食べたい!



では次のブログ記事更新は明後日になるかも・・・

お待ちしております。

P R
カテゴリアーカイブ
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31