オオカンガルーだけどのえる

July 31 [Sun], 2016, 11:09
何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、意義の感じられる仕事です。入院施設のある病院でしたら当然、夜間も稼働していますから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代制を採っています。こうした交代制の勤務では、睡眠時間をうまく調整できない場合はうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。皆さんは「看護師は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。実は夜勤の分の手当てによって総額が上がっている場合が多いです。仮に看護師としてより多く稼ぎたければ、日勤しかない職場に勤務するよりもハードにはなりますが、夜勤帯の勤務が出来る勤め先を探しましょう。夜勤帯に働くかどうかで給料の額は違ってきます。病院には多くの科が設置されていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術や処置の方法も異なります。配属部署と異なる科で研修を受けるローテーション研修は一つの科だけでは分からない幅広い技術を学べますし、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人看護師の前向きな気持ちも上げられると言われています。医療に関わる職種の中でも看護師という職業は普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、他の仕事と同様に、労働者の権利を訴えるような組織がなければ雇用条件において不利になることも生じて、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。看護師というものはストライキをすることも難しく、雇用する側が、適切に配慮することが最も大切です。意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、そのため求人の数はとても多いのです。例えば今現在、勤め先でどう考えても給料が労働に見合わなかったり、人が少なすぎて全然休むことができない、というように、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。今いる職場よりも良い環境と好待遇を期待して転職をしようとするなら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。気になる看護師資格の難易度ですが、どのくらいだと思いますか?試験の合格率ですが、平均で90パーセント近くと、意外と高いことが分かります。実際の試験の内容も、学校の授業をしっかりと勉強していれば難なく合格できるものですから、全く看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。昔から、看護師は比較的稼ぎの良いイメージがつきものです。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など大変な仕事ですが、別の業種の給料と比較してみると安定して高給だということが特徴として挙げられます。景気に左右されないのも強みでしょう。こうした安定性と給与の高さから見ると、看護師は他にないくらい優秀な職業だと言えます。病院勤務で看護師として働く場合、大きく外来勤務か病棟勤務に分かれますが、仕事内容はかなり異なります。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、それを活用できる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。以前は看護師は女性がする仕事というのが一般的な認識だったものですが、近年ではだんだん男性が看護師になる割合も高まっています。看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。給料の点からみると女性と変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、その分、キャリアアップできる機会も多くなります。看護師の資格というものの最も強みとなる点はというと、なんといっても看護師として勤務していない時間があっても、また看護師に戻れるという点です。どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、働き手が足りていない現状が根拠として挙げられます。「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第で50代だったとしても、復職が可能です。学校を卒業したり転職によって、新しい病院に就職する際に、気になるのはその配属先ですが、大体希望を叶えてくれることもありますが、人員配置を担当する人の考え方一つで左右される場合もあるかもしれません。配属先の決定は、病院側によって、人材を希望する各部署からの要望と、新人の適性から判断され、充分に考えられた配属であることが殆どです。もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。看護師の資格というものは日本の法律では仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。看護師が医療行為を行うということは、今のところ認められていないのですが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。ただ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、場数を踏んでいる看護師であれば、若干の医療的行為は認められる必要もあるのではないかと考えます。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いなどと、言われることは多いですが、看護師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。職場がそんな人間関係ばかりだとあまり良い気分もしないでしょうが、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは納得しておくと良いかもしれません。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、注意するに越したことはありません。薬品についても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、気をつけないといけません。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。原因は様々ですが、その一つとして看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。法改正によって、医師の仕事を看護師が担当できるようになったため仕事が増加する一方になり、勤務時間も長くなってしまい、簡単に休みを取る事も出来ませんので、疲れが溜まってしまいます。あるいは、夜勤で働きながら子供を育てる事が難しいとして、看護師を退職する人も珍しくありません。女の子が憧れることが多い看護師になるためには、一般的に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。学習内容にそう変わりはありませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。そして、看護師の専門学校の利点を挙げると、大学に通うより学費の負担が軽減できて、実習が多いので、そういった経験を生かして即戦力になれるというところです。看護師というものは勤務する時間が不規則な上に労働環境の大変さによって他職種に転職する人も少なくないという話ですが、看護師の資格を持っているということは意外とその他の仕事でも実際に役立つことがよくあります。例として、人体の仕組みをわかっており、扱いや病気の対応にも慣れていますから、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語にエッセンなる言葉があるのですが、ご存知でしょうか。実は、食事休憩をとりますよ、と仲間うちだけに伝わるようにしたもので現場でよく使われています。ではこのエッセンというのは何かといえば、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。一昔前、医療の世界ではドイツ語が多く使用されていましたから、現在までその習慣が微かに残っていて今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。社会に出たばかりの新卒看護師や、他の病院から転職してきた看護師の場合、通常支払われるはずの残業代について未払いになることがあります。ただ働きで残業をさせるのは、勤続年数や経験などは関係せず労働基準法に反した行為です。勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、当然、働いた分のお金は、報酬を得なくてはなりません。看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、看護の専門学校や大学等を卒業することが必須になります。看護師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、こうした専門学校に合格するための予備校があるほど、難関なのです。正看護師の資格が欲しいけれど、いま既に働いているという方は、通信教育課程も存在しますから、興味があれば調べてみてください。医療のスペシャリストである看護師が必要な施設というのは、確かに病院が多いですが、他にもあります。「グループホーム」という介護施設の分類があるのですが、その様な場所においても特に看護師は重宝されているのです。グループホームで介護サービスを受けている方というのは、認知症患者の方であるため、それを十分考慮してかかわりを持つということが必要になってきます。介護方面に興味のある看護師はグループホームへ勤務することもいいのではないでしょうか。一般的に、看護師の中には煙草を嗜む人があまり居ないというイメージですが、その印象は間違っておらず、平均的な禁煙率よりも、看護師の喫煙率は少ないそうです。医療施設で働く職業上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、注意している人が増えていることが分かるのではないでしょうか。実は、看護師にはちゃんとした階級が存在するのです。階級のトップからいえば、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長、総看護師長といわれる階級です。階級を上げる方法ですが、その病院での勤務を長くするなど、周囲から信頼されるような人材になることが重要です。階級が上がれば上がるほど、年収や待遇は良くなるでしょう。一般的に人気が高いと思われる看護師ですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚の差が開いている事が分かりました。晩婚の理由として多いものは、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、出世を第一にすることで結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、結構、融通の利く部分があります。シフトの具合によっては仕方がないとしても、休暇を時間単位でとる、いわゆる時間休も比較的とりやすいため、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、ともあれ働き続けていられるということは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。「看護師」という仕事は、一般的には安定した収入が入るものと考えられていてローンを組むことを考えている際、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。けれども、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合にはそうとは言えないことも多いです。ローンを組むことが容易なのは正規職員として勤務している看護師のように、安定している場合なので、非正規雇用の看護師についてはローンを組むことが困難なことがあります。病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、医師や看護師が不足していることが問題視されているようです。夜勤が含まれる勤務をこなし、さらに時には急患にも対応しなければならず、多数の看護師は激務をこなしているのが実情です。男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスに悩まされたり、行きたいときにトイレに行けない看護師が便秘に悩まされがちというのも理解できる話です。止まらない少子高齢化の影響。とりわけ医療職に就く人たちがより多く輩出されなければならなくなるでしょう。ですから、今日でさえも看護師が不足していることが指摘されているのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、いまだに看護師不足が叫ばれているのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも原因として挙げられます。今、日本ではEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの聞いたことのある方も多いと思いますが、いわゆる外国人看護師候補生の受け入れを実施中です。とは言っても、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、仮に、3年かかっても不合格だった時には、帰国する必要があります。勤務をしながら日本語の勉強をして、さらに、あわせて、国家試験対策をしなければならず、とても難しい状況であると言っても過言ではないでしょう。看護師は、患者と接しなければいけないので、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮しなくてはなりません。自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、清潔感を重視した髪形を選ぶことが良いでしょう。職場の環境によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを理解しておきましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sseetroendhidu/index1_0.rdf