陽(あきら)が隼(じゅん)

February 27 [Sat], 2016, 19:00
産業看護師とは、企業に勤務する看護師を指します。看護師と聞くと病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設けている会社もあり、そういう場所で働く人もいます。仕事の中身、役割といったことは勤務先ごとに違いますが、従業員の健康維持と健康管理は必ずすることだと思います。看護師が転職をするには、将来のことを考慮して迅速に行動することが重要です。それに、どのような条件を重視するのかを決めておくことをお勧めします。将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、その希望に沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もピックアップしておきましょう。日本全国の看護師の年収は平均437万円程度です。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院よりも高く、福利厚生の点でも充実しているのです。準看護師の場合ですと、看護師よりも平均年収が70万円ほど低いのです。看護師の夜勤は、16時間などの長い時間の勤務で、仕事中に仮眠をとることが可能です。国の指針では、月に8回までとされていますが、それを超えることが多いのが現状です。病院における看護師の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れが抜けにくかったりするのも、看護師が高い割合で離職していく理由のひとつだと思われます。看護士になりたい理由は実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。転職の際の志望動機は今までに培ったスキルを活かしたいもっと誰かの役に立つスキルを身につけたいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。前の職場の批判や陰口は言わないようにしましょう。産業看護師は従業員の健康が保てるように保健の指導などをしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワークなどで見つけるのは難しいでしょう。興味を持たれた方は看護師専用の転職HPを利用してください。そういうサイトなら、産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。看護師の国家試験に合格することよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年させてしまうようです。そんなに厳しい学校をがんばって卒業し、国家試験も合格できた人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。高校に進むときに衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、看護師になるのに、最短の道を歩むことができるでしょう。ただ、途中で進路変更を考えても変えることは難しいです。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、試験までの期間が短いために勉強したり、実習をこなす量が少なくて簡単には試験に合格できないという面もあるようです。看護士の求人情報は豊富にありますが、希望通りの条件の求人があるとは言えません。看護師資格の保有者で就職できればいいと思う方は少ないでしょう。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤の必要がない勤務先に就職したいと思う方が多いです。望み通りのところに転職するには、たくさんの情報を収集することが大切です。看護師の資格を手にするには、何通りかのパターンがあるのです。看護師の資格を取るためには、国家試験を受験しなければならないのですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。試験を受けるためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して学ぶことが必要なのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sschiehsrelkez/index1_0.rdf