投資信託選び方

November 08 [Sat], 2014, 18:50
投資信託を選ぶ基準を6つあげてみました。
自分自身の基準に合った投資信託を選んで投資すればよいのではないでしょうか。


積極型か安定型か

積極的に値上がり益を追及する投資信託と、リスクを抑え安定的な運用を行う投資信託があります。
投資目的によって選択します。


短期運用か長期運用か

運用する資金が必要になるのは近い将来か、遠い将来かによっても選択できます。
短期間のうちに必要となる資金なら、安全性を重視した運用を行う投資信託が適しているといえます。


コストで選ぶ

投資信託を購入する際、保有している間、そして売却する際に必要となる費用を比較してみましょう。
主な費用として、申込み手数料・信託報酬・信託財産留保額・解約手数料があります。


換金性で選ぶ

その投資信託は換金の必要性が生じた場合、すぐに現金化ができますか?
投資信託によっては、クローズド期間(売却不能期間)があったり、換金に相当の日数を要するものもあります。


投資対象で選ぶ

その投資信託の主な投資対象は株式なのか債券なのか、その投資対象となる国や地域は国内なのか海外なのかなどによって選択していただきます。


収益分配金で選ぶ

投資信託の運用の成果である「収益分配金」についても、お客さまのご要望に合わせることができます。
ここで注意したいのは、投資信託は収益分配が行われた場合、その分だけ投資信託の値段(基準価額)が下落するということです。

米国株おすすめ銘柄
60代資産運用
70代資産運用
米国株式
何度も確認する障害
お金を借りる

不動産投資 賃貸用マンションの購入

September 16 [Mon], 2013, 10:55
不動産投資としてのマンションの購入が注目されています。
簡単に言えば、賃貸用のマンションを購入して、家賃収入で利益を上げる不動産投資のことです。
マンションを売却して利益を得ることは容易ではありません。
建設から年数が経つにしたがって、資産価値は減少してしまうからです。
これから不動産投資マンションを探そうとしているならば、まずはそれらを専門的に取り扱っている業者を決めることです。
また、マンションの家賃収入を得るのですから、土地や建物は自分の所有でなければなりません。
建設と管理は専門の業者が行ってくれます。

不動産投資をするとして、どのような物件が安定して収入を得ることができるかをどうやったら判断できるのでしょうか。
一般の人が不動産の状況を把握することは簡単なことではありません。
ただ、難しく考える必要はありません。
他の投資と同じと考えればいいでしょう。

不動産投資も、過去の実績や現在の利回りなど基本的なデータは物件毎に明らかになっています。
インターネットの情報サイトで検索することもできます。
株や為替の情報と同じように、マンションの情報が提供されているのです。
また、投資を行うためには、一定の資金が必要です。
最近では、資金を持たない人のためにローンを勧める業者もいます。
一般のサラリーマンが不動産投資でマンションを購入している状況です。
リスクがないわけではありませんから、投資の仕組みについて十分理解しておくことが大切です。
それをわからずに投資を行って失敗する人も多いのも事実です。

機関投資家 運用資産規模

保険料の仕組 生命保険料と原価

May 27 [Mon], 2013, 0:01
毎月数万円でも、一生を通せば1,000万円を超える高価な買い物になることもある生命保険ですが、そんな生命保険を、無駄なく賢く活用するためには、保険料の仕組みの理解が欠かせません。

生命保険料も、加工食品や衣服と同じように、原価に経費が上乗せされ決められます。
生命保険の原価とは、保険金や給付金などの支払いに充てられる部分です。
生命保険の経費とは、保険制度を運営するために充てられる部分です。


保険料の仕組み

原価部分の保険料(純保険料)は、「予定死亡率」と「予定利率」で計算されます。


長寿化で保険料は昔に比べ安くなっている

「予定死亡率」とは、過去の統計から、年齢ごと・性別ごとの1年間の死亡者数の割合を算出したものですが、予定死亡率を使って、将来、どの程度の保険

金支払いが発生するかを予測して、保険料を計算します。
ご存じのとおり、日本人の平均寿命は年々延びており、昔に比べて予定死亡率が低くなり、定期保険などの保険料は、過去に比べ安くなっています。


景気や運用環境に影響を受ける予定利率と保険料

集められた保険料の一部は、債券や株式などで運用されます。
そのため、保険料は、運用の際に見込まれる収益の分(運用利回り)だけ割引して設定されます。
この見込まれた運用利回りが「予定利率」で、基本的には、契約時に適用された率が、保険期間終了時(または更新時)まで続きます。
予定利率が高いということは、見込まれる運用収益が大きいということですから、その分保険料は安くなります。

予定利率が高いのはどんな契約かというと、高い利回りが期待できる運用環境の良い時期に加入する契約といえます。
特に、一時払終身保険や年金保険などの貯蓄性の高い商品は、予定利率の影響を大きく受けます。
バブルの頃は予定利率が高く、当時加入した貯蓄型保険は大変有利とされ、「お宝保険」と呼ばれることもあります。

現在は金利も低く、運用環境が厳しい状況なので、当時に比べると予定利率は低く、貯蓄型保険の魅力が薄れているともいわれます。
そのため最近では、実際の運用成果が予定していたよりも良かった場合に、保険金や解約金、年金額が増えるタイプの商品も多くなっているようです。

OL株式投資OL株 投資株式投資銘柄選び株儲かる株式投資ブランド生活必需品セクター銘柄KXIエネルギーセクター銘柄資産運用方法お金を増やす方法分散投資 資産運用REIT分散投資資産配分インカムゲインインデックス投資外国株式投資外国株購入外国株ETF海外ETF米国株式トップダウンアプローチ方法生活必需品セクター株式投資海外ETF利子収入債券のリスクETF債券外国債券インデックス米国国債投資米国株買い方お金持ちになる方法外国債券老後の貯蓄お金の増やし方 債券株式投資サラリーマン副業おすすめ副業ネットビジネス投資信託おすすめETF投資資産運用


FX取引 円を買って外貨を売るということとは

February 09 [Sat], 2013, 22:41
外貨預金や外貨建て債券など、多くの外貨建て金融商品は、外貨を買って預金に預ける、あるいは外貨建て債券を買うというように、取引を始めるにあたって、まず外貨を買う必要があります。
FXの場合は、外貨を買うだけでなく、売ることから取引を始めることも可能です。
外貨を売って円を買うとはどういうことなのでしょうか。
プロの世界では常識でも、個人にとってはあまり馴染みのない 外貨の売って円を買う ことについては一番分かりにくいところだと思います。


FXで円を買い、外貨を売るということ

例えば、外貨預金って、自分が持っている円を売って外貨を買いますが、FXでは円を証拠金として預けて、円を買います。
なんか変ですよね。だったら、何もしなくても同じことになりませんか?」
証拠金として預けた円を元手にして、米ドルなど の通貨を買うのがFXだと思っている方もすくなくありません。
証拠金というのは、あくまでも異なる通貨ペアを売り買いするための担保んあります。
つまり、証拠金を何か他の通貨に替えるという取引をしているのではなく、あくまでも担保として預けておくだけのものです。
証拠金という担保を預けてさえおけば、あとはどの通貨を売り買いするのも、すべて自由ということです。
証拠金で通貨を買っているわけではありません。
FXの取引を継続できるだけの資金力がありますよ ということの証明として用いられるのが証拠金になります。
円で証拠金を預けたとしても、その円を売って、外貨を買っているわけではないということです。
という訳で、円を買うということは、将来、円が高くなることを見越して、外貨売り/円買いを行うということです。
将来、円高が進みそうだということになった時には、円に対して最も弱くなると思われる通貨を売って、円を買うという取引を行うということもあります。

通常、外貨投資というと円を売って外貨を買うことが多いのが外貨投資ですが、FX取引で注意しておくべき点は、スワップポイントがあるということです。
FX取引では、金利情勢次第ではスワップポイントを払わなければならなくなることがあります。
スワップポイントは、金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買った時に、その金利差相当分を日割りで受け取れるというものです。
現在、日本の金利水準は諸外国に比べてとても低いので、金利の高い外貨を売って、金利の低い円を買うと、証拠金のなかからスワップポイントが差し引かれてしまいます。
投資家から見ればコストになるということです。
日本の金利水準が低い状況で、外貨の売りを長期にわたって行うと、取引コストが大きくなるので注意することが必要になります。

証拠金
FXを始める際に、FX取扱会社に預ける担保のようなものです。。
証拠金には、取引で損失が発生した場合、その投資家がどこまでその損失をカバーできるかということを示す役割もあります。
FX取扱会社にもよるが、基本的にポジションに発生した損失額が、預けてある証拠金額の予め設定した比率に達すると、その時点でロスカットされるのが一般的です。

お金持ちのルールお金持ちになる不動産投資お金持ちはお金を借りる金持ち父さんの教え
不動産投資マンション経営ワンルーム投資お金持ちはアイデアをお金と交換する
即日お金を借りるキャッシング申し込み即日融資の審査今すぐお金を借りる


外国債券ETF(安全性と配当が人気)

August 16 [Thu], 2012, 14:10
個人向け投資信託の人気の投資対象のひとつは、間違いなく外国債券でしょう。
世界中の国債(ソブリン・ボンド)に投資して毎月分配金の出るソブリン系商品は、証券会社や銀行などのチャネルで販売される投資信託の代表銘柄でしたし、現在でもブラジルやオーストラリアの国債を中心に投資する投資信託が、新規投資が増えていることを示す「資金流入ランキング」の上位にランクインしています。
人気の理由は、日本の国債と同様に高い確率で安全とみられ、なおかつ、日本の国債よりも高い配当が得られる可能性が大きいことです。
だから、貯金以外の資産運用をと個人が考えたとき、外国の国債ほか優良な債券で構成する投資信託が最初の選択となりやすいわけです。
東京証券取引所に上場されるETFにも以下の外国債券ETFがあります。

「上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)」毎月分配型」(日興アセットマネジメント)
「ABF 汎アジア債券インデックス・ファンド」(ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ・シンガポール・リミテッド)

株式ETFの銘柄数と比べて、少ないと思われる方もいるかも知れません。
しかし、この2銘柄は機関投資家が必要とする最低限の外国債券投資をカバーしています。
個人投資家がETFを活用する意義は、ETFを使えば個人でも機関投資家のファンドマネジャーとほぼ同じポートフォリオ運用を実現できることです。
つまり、個人投資家にとっても必要最低限の外国債券投資の「ツール」が用意されているといってもいいかもしれません。
先進国とアジア諸国の債券をポートフォリオに加えてみてはいかがでしょうか。

お金持ちサラリーマン米国債投資社債 購入方法老後の必要資金
不動産投資のリスク外国債券投資信託海外株式投資消費者金融
不動産投資 失敗お金を借りる方法キャッシング即日老後のお金
お金借りる 即日融資高金利通貨ファンド


外国株式投資

November 27 [Sun], 2011, 20:02
外国株式とは、海外企業が発行をする株式のことをいいます。
外国株式投資には以下のようなメリットがあります。

リスク分散
「ひとつのカゴに卵を盛るな」という投資の格言があるように、投資基本戦略として、資産をいくつかのアセットクラスに分けてリスクを分散させる方法があります。
国内株式だけでなく外国株式にも投資することで、リスクを分散させることができます。

収益機会の拡大
世界にはBRICsを中心に経済成長が著しい国が存在します。
これらの国を代表する企業に投資することで、日本株式や先進国株式投資だけでは得られない投資収益獲得の機会を広げることが可能になります。

世界の優良企業の株主に
世界を代表する企業や、誰もが知っているグローバル企業に投資を行うことが出来ます。

高配当利回り
世界の株式市場には、日本株式より比較的配当利回りが高い株式があります。

通貨の分散投資
外国株式は現地通貨で購入するため、円以外にドル・ユーロなどに分散投資することが可能です。
また、外国株式投資には円で決済する方法と外貨で決済する方法がありますが、タイミングよく売買すれば為替差益を獲得できる可能性があります。


米国株
米国市場は世界一の時価総額を誇り、世界の株式市場の中心です。
ニューヨーク・ナスダック両市場に世界の名だたる企業が上場しています。

中国株
香港市場はアジアで最も歴史のある株式市場で、1914年の開設以来中国香港市場の資金調達における窓口として重要な役割を占めています。

新興国株式
経済成長が著しい新興国。
これらの国を代表する企業に投資することで、投資収益獲得の機会を広げることが可能です。

米国株 高配当新興国株式投資外国株式インデックス外国為替の動向
インデックス 株式投資米国債券購入米国債券投資退職金運用

投資法 ドルコスト平均法

May 09 [Mon], 2011, 23:57
リスクとは、将来期待しているリターン(収益)が上下にぶれることです。
リスクが大きいということは、「リターンが期待以上に大きくなることもあれば、逆に大きく減ることもある」ということになります。
リスクを減らして、リターンの確実性を高めたいと考えるのであれば、資産の買い方を考えることです。

リスクを少なくする方法の1つは、なるべく安く買うことです。
安く買えばそれだけ価格があがる可能性が高まり、リターンを得る可能性も高めることができます。日々価格が変動し、しかもその変動が予想できない場合には、買うタイミングを分散することが、結果的に安く買えたという結果につながることが期待できると言われています。
これを最も効果的に実践しているのが、月々一定額を買い足していく「積立投資」です。
この月々一定額を買い足していく投資法を「ドルコスト平均法」ともいいます。


ポートフォリオ

December 31 [Fri], 2010, 20:54
複数の有価証券を所有している場合、投資ポートフォリオを持っていることになります。
株式や債券、年金保険契約、ミューチュアル・ファンドなどの投資商品を買い足すことによって、自分のポートフォリオを構築します。
その目的は、価格上昇を見込める投資商品を選ぶことによって、ポートフォリオの価値を高めることです。
現代のポートフォリオ理論では、ポートフォリオを分散させることで、投資にかかわるリスクを減らすことができるとされています。


社債

July 10 [Sat], 2010, 22:51
社債とは、事業の拡大やその他のビジネス・ニーズのために資金を調達する手段として公開企業によって発行される債務証券のことです。
社債には通常、連邦債または地方債よりも高い利子がつきますが、その利子は一般に全額が課税対象です。
投資家は流通市場において、現在の市場価格で債券を購入できます。
その場合、債券は額面価格よりも高い場合も低い場合もあります。

市場 アンビシャス

March 26 [Fri], 2010, 23:04
アンビシャスとは、2004年4月に札幌証券取引所が創設した新興企業向け市場のことです。
今後の成長が期待される新興企業に新たな資金調達の場を提供することが目的です。
2001年3月末に第1号銘柄としてキャリアバンクの取引が開始されました。
2008年の売買代金は16億円で札幌証券取引所の売買代金の35%を占めました。