ファッション編集長アンナからあばずれ変身アメリカ大使

May 10 [Fri], 2013, 12:50
温トゥールはファッション界の女王」を、映画『ファッションあばずれ」の原型が今、米英メディアから噂でオバマ再選選で募金に功労がある、彼女にはおそらくに就任アメリカ駐英や仏大使。いを否定はしないホワイトハウスこれに対し、保守派は反応が激しい。いくつか人は彼女は究極のファッションの女王、一言九鼎、怒りの自己カーウァイ。彼女のコメントは瞬間的業績デザイナーも、彼らはすぐに破壊。「Vogue》雑誌を長く務めアメリカ版監修のアンナ?温トゥール(A nnaW intour)長世界で最も認識度の顔も隠して―――よく大きなサングラス越しに―――その行事を疾風迅雷の専制と風格も有名で、「着プラダの悪魔』『ファッション女魔(またの名頭』)1本や映画こそ、彼女にヒントを得、創作。63歳の彼女は常にファッション界業者や消費者の心を起こす株畏敬、白兵戦のような激しいグローバル競争の中で、彼女はすぐに登って頂点に位置し、「核を勝ち取った温トゥール」の愛称。

このすべての背景の中で、なに表明彼女は次のアメリカ駐イギリスやフランス大使の理想の候補者が強いと微妙な国際外交。しかし、ワシントンDCの政治サークル、マンハッタンのブティックやCond E N astグループ(『V ogue》の雑誌の出版社)の事務所で、このような言い方がやかましい。イギリス《デーリー?メール」アメリカ国務院は一人の「内幕者」によれば、「温トゥール考え」の外交担当職。「私はホワイトハウスの1人の友達は私がこのニュースを確認。私はまだ情報を得て、温トゥールに就任イギリス大使の機会が小さい。」言い換えれば、彼女の目的地は主にフランス可能。「パリは彼女の最大の選択。推論によると、温トゥールさんはパリの大使公邸と庭はとてもきれいです。」

カーニーこの評論いくつか人は信じて、温トゥールは確かに加わるアメリカ外交官行列。「アンナ?温トゥールは大使を務めるの完璧な人選」、セレブ雑誌『InTouchWeekly」の編集者·レーヴィとノア。もいくつか人を疑う。ジェリー?オッペンハイマーは温トゥール伝記「FrontRow』の作者、彼は信じらんない自分の耳。彼は指摘する、シリアアサド大統領反対派への弾圧を引き起こして、西洋の民衆の怒りをこめた時、温トゥール『Vogue》した一期アサド大統領夫人の人物を特定のテ-マ、彼女の描写が光り、温トゥールの名声を打撃したが。「これは疑わオバマ氏を起用する考えが本当にこういう人の女性をこんな高級と重要なポスト。」彼は。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ssanjays/index1_0.rdf