乗用車はファッションモデル大比拼

May 10 [Fri], 2013, 12:39
今のファッション王の時代、欧米、日韓ボムボム、小清新文芸ボムが???誰もがみんな求める独自のファッションに属する位置。どんなファッションstyleが360度全方位ショーに自分が一番「歓型」のおしゃれな人!自動車の世界、この法則に当てはまる。結局どれらの車で個性、十分完璧なファッション魅力を体現している。A0からクラスの車から、今人気の3車種、カーニバル、愛唯ヨーロッパ、POLO私たちPKと歩く!polo方面で内装を体現してドイツ式の深刻な、親和感に欠ける。簡潔でコーディネートを訴える台のルールのボタンが続いてきた大衆車の設計スタイルは若い人にとって、比較的に難しく感じるファッションの息吹。

人には自動車の要求をまず見た目が必要ボム。年齢最小の愛唯欧外観に世間知らずの反抗新人類全体の鋭い角、車体ライン、明らかに、そして突破性を採用した独立ほやデザインの機関車双筒式前裸ヘッドライト、このデザインは前衛過激だが、大衆に受け入れるかどうかは認めなければならない時間、市場の検査。POLO項の古いモデルとして、その全体の外形ラインはあっても、尻尾のラインを真上からはじめ、しかも円中帯侧のテールランプデザインも人の家族を見分け出しやすい血筋、は「大衆路線」。

前の二人と比べ、カーニバル旺盛な表面組み合わせはリズムの線、全体の造型は精巧で大胆に。上昇のヘッドライト、広い低い台形エアインテークグリルや、轮眉にダイナミックな弧を車体の両側にする効果、気圧会場。きらびやかな8種選択の変化を反映して車体色は濃厚なファッションセンス。これによってカーニバル雰囲気全体を更に備えてファッション個性的な魅力。愛は唯欧の内装を踏襲して一貫したスタイルを重視してシボレー、レイヤー感、機関の設計元素の内装に同様に体現していて、灰色と赤れんが色の2種類の配色の選択が鋭い。玉にきずは、採用機関車計器盤が、内装の材質は硬質プラスチック、ファッションセンスを多く。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ssandond/index1_0.rdf