(無題) 

December 11 [Mon], 2006, 0:17
今日は久々に外に出た

休日に化粧をして電車にのった
好きな服をフラフラ見ていたら
何だか心が和んだ

ちょっとスキップしたくなった

あのカットソ−買えば良かった
魅力的な肩章が付いてた

その後ずっと行きたかったお店
に行った、素敵なお店だった

久々に学校の子と会った
私は弱音ばかり吐いてしまった
ごめんなさい

帰り道、胃が痛くて死ぬんじゃ
ないかと思った

……私の体、心配です


私は男の子に生まれるべきだった
だってその方が格好良いし好きな
髪型も服もバイクだって今より
ずっと様になった気がする

まぁ無理な話だけど

来週は彼に会いに行きます

週末先輩から借りたグル−プ魂
の DVDを見た
お腹がちぎれるかと思った

サダヲさんは達也さんと似てる
から見るとキュンとします

冬の蜜蜂 

December 06 [Wed], 2006, 0:59
あの曲を初めて聴いた
その感覚を思い出せない

確かな記憶がない…
曖昧な感覚しかない

同じ曲を聴いても
もう同じ感情が起きないんだ

あんなに揺るぎない思いだと
信じて疑いもしなかったのに
もう震えない涙も出ない

たまらない

そんな言葉の向かうべき場所が
わからない

感情を静かに高ぶらせていた
あの場所には私の居場所なんて
もうどこにもない



このまま

私は

素敵なものを

見つけられずに

見失いながら

何に

救いを求めれば良いんだろう



冬の夜空が似合う音楽を
僕に教えて欲くれないか

澄んだ冷たい空気の中で
聞く幻聴のような曲がいい

夢のような悪夢のような
それでいて美しく哀しい歌がいい


私の髪は肩まで伸びて
さらさら風になびくんだ

だから
そんな私に教えて欲しい



あなたに会いに行く
特別な日の四日くらい前に
今はそれだけで歩けてるんだ

彼の声は私を包んで
温かい気持ちにさせてくれる
もう鋭い声ではないけれど
優しい顔で笑うんだ

(無題) 

December 01 [Fri], 2006, 8:41
辛いことを沢山乗り越えたとき
私は何が得られるの?

死にそう

と何度か思った

いつか
もういいよ、よくやったよ

と枠の外に出る日までまだまだ

ご褒美を買ってあげた
帰ってからみるのが楽しみ

また私は恋をする
その声に
その動きに
その瞳に
彼から漂う空気に

ほらね
またそんな顔で笑うから
またそんな声をだすから

だから私は呟くんだ

たまらない

幸せの切符 

November 27 [Mon], 2006, 1:29
それを手にした

真夜中の都心を軽くスキップ

豹柄マフラ−が届いたから
黒いブ−ツを履いて
もうすぐ会いに行くから

やっぱり高速のライトは
橙色をしていてきれい

なんてことはない



あなたに会いたい

そればかり考えていたら
冬の気配を感じた

バイクの帰り道
冷えきった澄んだ夜空を
見上げながら走る
角を曲がった住宅街は
星がたくさん見えるんだ


白い息を吐きながら
私だけの宝物だと
少し幸せな気持ちになる

星が私についてくる
私が星についていく


モモイロ毛布に入ると
新聞の届く音がする

目覚めると駆け足で
顔と歯を磨く

あなたの住む街は
きっと穏やかで暖かい

きっと夜の星空を見上げた気分で
過ごしていけそう

笑顔でいるから
早く冬にならないかしら

あなたに会えたら
口ずさむ歌の名前も思い出せる

あなたのようになりたい
だから私は髪を伸ばしているわ

あなたと同じになったら
またあなたに会いに行く


やっと肩につくようになった
黒く染めたらまた一歩近づいた

魅力を感じる髪型も服装も
異性のものが大半で
だから私は男に生まれれば
よかったのになと最近凄く思う

私がもし男なら
真似たい人が沢山いる

そんなことを考えて
また一日が終わってった

ホリデイ 

November 22 [Wed], 2006, 22:56
久々のお休みは雨で
私は雨女だからしかたないかと

早起きをして電車に飛び乗る
街はまだまばらな人で予約の
時間ぎりぎりに滑り込む

私にとって今一番の癒しは此処
落ち着く、そして可愛くなれる

口下手で話せないけど
可愛くしてくれる社長さんが
凄く好きだ

今日は良いことがあって
いつも横目で盗み見ていた彼が
私のブロ−をしてくれた

心臓が飛び出るかと思った
会話にならない、緊張しすぎて

いつか夏の暑い日に遅れて
そうとう走って行った私は
すごい汗でもう恥ずかしくって
死にそうだと思っていたら
彼が水をくれた

暑い?となんてさり気ない
そんなことしてもらったのは
初めてで凄く驚いた

彼が指名が取れるのが分かる
売れっ子のはずが気遣いがある

今日も何かと気を遣ってくれた

が、彼は若干おかま口調だった


そこがまたたまらなく
彼の魅力だと思った

魔法の手で髪がみるみる艶った
「頑張ってのばすんだよ」と
肩を叩かれた

そう、達也ヘア−になるまで
頑張ります

また行きます
ありがとう山本さん

そしてまた渡辺さんブロ−の
機会がありますように

高尾山に登りました 

October 14 [Sat], 2006, 22:50
気心知れた そんな友達を無理やり誘って
山登りをした

山に着く前に道に迷って一時間彷徨った
したら、なんか変な霊園に入ってしまって
来た道を引き返した

「来年は富士山に登ろうよ」
そんな無茶苦茶な言葉を発していられたのは
山登りをする前だった

楽しかったね
色んな話をして笑って 笑って 野沢菜のおやきを食べてさ

中腹までリフトで行って
山頂から見た景色は素敵だったね
マイナスイオンを感じて、強い日差しにはめげそうになったけど
やっぱりアクティブに私はこれから動いていこうと思うよ

帰りのリフトからの眺めは最高だったね
都会のビル郡が見えたときはちょっと悲しくなったけど
東京にもこんな山があるんだと思うとほのぼのした

山から降りたら寒い中ソフトクリーム食べて
あのときの牧場の話をして笑った

また来月会えるけどまた二人で密会しよう

楽しかった
どうもありがとう

私から誘ったくせに私は下山途中で「もうやだ、休憩しよう」
って連発しましたが、許してね

お互いまた仕事頑張ろう

冬はみんなでスノボだね
私だけ仲間はずれにしないでね

 
 

(無題) 

September 27 [Wed], 2006, 23:46
髪を黒く染めたのは
もう背伸びする必要がないから

夜空に浮いて星を数えた
月に移る雲が風に流されて
様々な模様を描いてく

映しては消え
消えてはまた映してく

頭の中の物語が
終止符を打つことを願っては
終わらないようにと願う僕

決して始まらない物語と
登場人物は僕だけ
誰も傷つけない
誰も巻き込まない

だから誰とも話せない
誰とも会えない

終止符は無い

永久に続く僕だけの物語

永久に続く過去から続く物語

我自由丸 

September 27 [Wed], 2006, 23:46
帰り道の歩道橋
素敵なお知らせが来た

私は小さく拳を握った

新しい唄が流れて
私の中には昨日見た過去が流れて
リ−ゼントと長髪とツ−ブロック

ラストの真っすぐな笑顔が
目に焼き付いて離れない

きっと私の好きはその時代に
たくさん詰まってる気がする

今はもう見れないその夢は
ブラウン管越しに私を魅了する

誰かに伝えることより
好きを見つけることが好き

伝わらないから
一方通行は不安で苦しくて
待つことの苦痛と何事でも
気付かない事は幸せだよ

GO HELL 

September 27 [Wed], 2006, 23:22
運命だと思う

私はこういう運はないはずだし
なのにこんな的中なんて

75人しか当たらない招待状が
私のポストに届いたの



色んな偶然が重なって
間に合って扉を開けたら
そこは波のように人が居た

私は色んなものを捨てて
すぐ側であなたを見れたのに

あと 5cm
進めたらあなたに触れたのに
私はその 5cmが進めなかった

いつもそう
大事な時は邪魔をする
汚いプライドと偽善

また壊せなかった
私はきっと一生悔いる

あと 5cm
神のようなあの人に触れれたのに

触れることが嬉しいはずなのに
その手前の恐怖が越えられない

笑顔でジャンプしてギタ−を
掻き鳴らすあなたを見ていたら
私はそれを見る為に頑張って
生きれる気がした

それは寂しいことですか?

寂しいことなのかなぁ

分からないや、もう


素敵すぎて分からない

私はエンジェルスになれるかなぁ


いつもいつも
夢から現実に連れ戻される帰り道
寂しくてたまらない



決めたっ
私綺麗になる
綺麗になって出会えたことを
マイナスにしないよ

大好き
私の王子様はビニパンにもしゃもしゃ頭

ロックンロ−ル
また会いに行くわ

ロックンロ−ル 

August 31 [Thu], 2006, 2:24
真似してパ−マをかけました
あなたのようになりたくて

ハ−レ−の後ろに乗りたくて
暑いのにブ−ツを履きました

前がはだけたシャツが風に翻る
のがあまりに魅力的だったから
カ−ディガンの前を閉めなかった

10月はきっと素敵な月になるよ

願えば叶う

会えるんだ

どうか晴れますように


今がどんなに辛くてもいつかは
報われる日が来る

明日の朝は早起きしよう
2006年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像沙織
» bloc de GEMMES (2006年08月10日)
アイコン画像luna.
» bloc de GEMMES (2006年07月16日)
アイコン画像えど
» 綺麗事なんていらないよ (2006年05月31日)
アイコン画像あや
» 綺麗事なんていらないよ (2006年05月29日)
アイコン画像えどさん
» 私の彼はドラマーた〜いこたたっき〜♪ (2006年05月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ss1220
読者になる
Yapme!一覧
読者になる