SS-700Sの口コミ情報

SS-700Sの口コミ情報

SS-700SはエプソンのGPS時計です

まじめな感じがするデザインですね。
赤のアクセントが結構しまりますね。

NeoRunでFacebook、Twitterと連携がよいです。
いまどき、このような連携的なことは
みなありますが、われわれはどうしても
自慢したい、見せびらかしたい要望
があるんですよね。


SS-700Sは余計なものがないのがすごくいいです。
ストップウォッチとして使いたいと思ったことが
ありますが、


Appleのもの造りも目を見張るものがありますが、
日本の職人も負けてはいません、
「Epson」の個人的にはなぜか愛着があるデザインに
なっていると思います。

NeoRunが少しさみしい。
アプリとして、あれもこれも詰め込んでも
いいような気がする


SS-700Sは日本のメーカーの製品という安心感から購入しました。

データ管理ソフトの設定の仕方かもしれませんが、
別のPCでデータ管理はできるのかしら。

より詳細の確認はこちらの画像をクリック!!
お店によって値段が違うので注意してみてね。

旧機種との比較

◆旧機種との比較

エプソンのウェアラブルウォッチ「WristableGPS」
のラインアップは以下の3種類からなります。

SS-700S
SS-500R
SS-300R/G

マルチスポーツモデルSS-700SアスリートモデルのSS-500R
ランナーモデルの「SS-300R」「SS-300G」

ランナーモデルの「SS-300R」「SS-300G」には
心拍数計測、(HRセンサー)
ピッチ計測
ストライド計測
上記の機能はついていない。

SS-500Rもでるでは、心拍数計測はオプション機能となります。

価格、機能見合いで考えるなら、ここでのお勧めは
SS-700Sとなりますね。

以下楽天での価格比較してますので、
詳細確認は参考までに以下をクリックです。

★SS-700Sの検索結果です。

★SS-500Rの検索結果です。

★SS-300R/Gの検索結果です。

計測データを分析

エプソンSS-700Sのユーティリティで計測データを分析

アプリ「NeoRun」で計測分析、管理が可能です。

こういうのはデータの振り返りが非常に
重要で、ただ走るだけ、運動するだけ
楽しんだからOKというのは
ちょっともったいないですよね。

まず3つの主な操作画面です。
@ホーム画面
Aトレーニング記録画面
Bトレーニングマップ画面

@ホーム画面
基本はカレンダー形式のホーム画面で
カレンダーをめくる感覚で
データ管理をすることができます。


Aトレーニング記録画面では、
標高、心拍数、スピードなど、
体重、体脂肪なども
組み合わせて管理、分析が可能になります。
グラフ表示してくれるので、見やすいですね。

Bトレーニングマップ画面では、
自身が移動して道筋が記録として残せるので、
旅先での思い出などとして、保存もいいかもしれません。


データをパソコンにまず転送
消費カロリー
速度、心拍数、距離
、などの軌跡を
データとしてためこんで
あとでゆっくり分析できます。

Facebook、Twitterで共有可能です。
これは、みな自慢したいから、
絶対必要ですね。

データとエクスポートしておけば、
他のアプリで活用、違った角度の分析等できるかも
しれませんね。

SS-700Sの詳細はこちらをクリックしてくださいね。
【送料無料】【数量限定】SS-700S エプソン/EPSON WristableGPS マルチスポーツモデル シルバー...

エプソン SS-700S ◆人気の秘密

SS-700Sはいま人気の「WristableGPS」です。
人気の秘密を紹介します。

・ストライドセンサー
トンネル内、地下など
GPS信号がなくなったときでも、
かなりの精度でラップ表示可能です。
走行距離も。

・スタミナ
最大14時間の大容量バッテリーです。
GPS使用しているときでも14時間!
※GPS独自技術により、、電力消費を極限まで抑えています。

・防水は10気圧

・時刻あわせは不要です。
GPSですから当然ですね。(笑

エプソンSS-700Sの詳細情報は以下のリンクに
売り切れていたらごめんなさい。
お店によって値段が違うので注意してみてね。

◆機能

◆機能

〜トレーニングサポート〜

『オートラップ』
SS-700Sは特定の距離を測って、自分が何分かかったのか
計測等するときに活用できる機能が搭載されています。

『オートポーズ』
自動認識ってやつですね。
もしランニング中に立ち止まると、そこで
計測を停止して、また走り出したときには
そこから、ちゃんと計測を再開してくれます

よくある映画のレジューム再生にちょっと
似てますかね。

『インターバル』
自分なりの負荷を決めて、
その数字設定にしたがってトレーニングが
行えます。

『ラップメモリー』
言葉のとおりですが、記録を個別に
記憶しておいてくれるみたいですね。
最大1000まで。

『カロリー計算』
これもそのままです。(笑
かな〜り歩いてもカロリーこんだけってとき
例えば、50分ぐらい運動しても、
ん〜これでは、ケーキ一個分だとか
いろいろチェックできますね。

『エクササイズ』
SS-700Sは達成度を
確認することができます。
要するに効果測定ですね。
あらかじめ設定した目標ペース
に対する達成度を確認は
随時できるということです。

とんでもない目標ばかりたてても
意味ないですから。

『インターフェースカスタマイズ』
表示項目を自分の好きなように
変更できます。
私は一番シンプルになるように設定してます。

『オートライト』

あるきっかけでアラーム音みたいに
ライトが自動点灯します。
ラップ計測時、計測開始、停止時、
スプリント切り替え時など。

『HRセンサー』
HRセンサーを装着すれば、
心拍数も測れます

エプソンSS-700Sの詳細を確認するなら以下のリンクをクリック
P R