贅沢をんだのは文化

March 12 [Tue], 2013, 16:49
「ちょうど接触ぜいたく品の消費者のブランド品購入に熟知している。」星名店市場部スタッフ袁盛は記者に教えて、多くの消費者が始まったばかりのぜいたく品購入の際、「贅沢圏」まだ深く認識、理解のブランドも豊富ではないので、購入週辺友達も熟知したブランドと優先。消費者を導きの贅沢品の中で自分の位置は、簡単なことではない。だから、一人一人に星の名店消費者は専門のスタッフがその購入して。

各ブランドの高級品も含まれていると、文化の物語は、その多くのブランド製品の技術係の表現にも別の意味を。よくぜいたく品購入の消費者製品をより重視放つ文化趣、および制品の技術やデザインなど。「ちょうどこれらのブランドがあまりにも多くの消費者に知られない」。これらのスタッフを消費者のぜいたく品の概念、同時に消費者の状況を紹介して結合に適当なブランド、およびブランドのある係製品。

これらのブランド贅沢品価格が相対的に高いですが、購入の消費者のブランドへの忠誠度が高い。そのブランドの店長の紹介は、彼らのブランドは国際的に有名になったが、貴陽は沢山の消費者を知る普遍的なので、購入その製品の消費者はぜいたく品界に一定の理解があって、一般にも足を踏み入れ「贅沢圏」「一定時間帯の老人」。「ぜいたく品購入求め理解のプロセス。」袁盛提案し、消費者は盲目的な追求のブランド品を選んで、もっと自分の商品を適用、贅沢品は金持ちに惚れは買い、自分に合って体現してその価値が。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/srtyhrt564/index1_0.rdf