30代を過ぎ高齢になると目の周辺の筋肉の老化によ

April 21 [Fri], 2017, 17:15
30代を過ぎ高齢になると、目の周辺の筋肉の老化により目尻が垂れ始めます。それは表情筋と言われる筋肉が過労により衰えるからです。

特に最近はパソコンやスマートフォンが流行っていて、昔に比べ目を酷使する機会も増えました。長い時間画面を眺めるときには、休憩をはさみ、遠くの自然を見ることをお勧めします。他にも酷使した目の回復のため、入浴の時に目の周辺を温めたりマッサージをすることです。

温める法が冷やすより疲労回復できますので、是非お試しください。現代は目を酷使している時代です。



パソコンやスマホの画面から出ているブルーライトはブルーライトと呼ばれる光は目の健康状態に悪影響を及ぼします。しかし今の時代これらは日常の生活にとって必需品となっています。

では目の健康の為には何をすればよいのでしょうか。


第一に悪影響から遠ざけることです。ブルーライト軽減メガネがよい方法です。



また、疲れた目を休ませることも必要です。簡単な方法としては、温かい蒸しタオルなどで目を温めて血行を良くしてやることです。
最近は良くスマホ使うようになり、長時間ゲームなどをしていると目がショボショボしてしまいます。

先日、眼精疲労の症状であるということが分かりました。この眼精疲労は肩こりや頭痛の原因にもなりえるそうです。

目がかゆくなった時の対処として、対策方法として自分はツボを押すようにしています。晴明という場所を押しているのですが、目頭の横のくぼみを挟み込むように押すのですが、これが一番効果があり目のショボショボがすっきりします。


本来視力が良いほうなので、今まで目の病気や見えなくなるといったことは想像していませんでしたが、近頃はパソコンやスマホの見過ぎで目の疲れを感じるようになりました。そろそろ老眼鏡が必要になってくる年齢ですが、出来るだけ現在の視力を保っていたいので、長い時間連続で画面を見ることを避け妥当な間隔で、軽く目を閉じたり、遠くの景色を眺めるように心がけています。

シンプルなことですが、それだけでも違うと思います。

長時間PCでネットサーフィンをしていると、2、3年前までは気になることはなかったのにここ最近になって、目の奥がずわぁんとして頭も痛くなるようになりました。眼科で診療しても異常はなくお疲れですねと目薬をくださいました。
処方された目薬を使用しても、その時は良くなるもののPCを見ていると目が重くつらくなってきます。

困り果てて、目に良い物を調べていく毎日の中、サプリメントの存在を知りました。
ブルーベリーやルテインが効果的と出てきたので、そのサプリを飲んでいます。3年ぐらい前の朝、「ん?新聞の字が読めない」と思った日から始まったのだ。
ついにきた、老眼です。文字を読むのも、ご飯を食べる時も、とにかく目の疲れを感じます。
この時以来、目を大切にし、不要なPCやTVを見ない、好きな読書は、決めた時間だけ読むことで、とても目をいたわっている。
寝る前は、熱いタオルを絞って、目に乗せて、温めて就寝します。

毎日の活動の中に取り入れるだけで眼精疲労が軽減されました。近年、テレビ以外にスマホやタブレットなど液晶画面を目にする機会が増えました。仕事でもパソコンは欠かせない道具で、多くの人が目の疲労を感じています。最近ではブルーベリーに多く含まれている成分として知られる、アントシアニン成分が沢山入っている健康食品も増えました。

目の老化を感じる人にも人気の商品となり始め、数多くのメーカーから発売されています。仕事柄パソコンを良く使うため目が悪く、目の疲れを感じやすい方です。
眼精疲労を回復させるために、こまめに蒸しタオルで目を温めたり、遠くを見たり、上下左右で眼球を動かすことも効果的です。

他に、眼精疲労は目だけが原因というよりも、普段の姿勢や体のゆがみ、肩こりなどが関係しているため、ストレッチを行い全身を動かして血流を良くする方が効果があります。

体全体のバランスを整える意識でやることが大切です。