ヘンリーだけどホリケン

May 19 [Thu], 2016, 12:01
未成年の子がいて離婚する場合、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子の親権を奪われやすいと誤解されがちです。
でもそれは、絶対的なものではないのです。
基本的に親権というのは、生活を共にしているかどうかや子育てに対する積極性といった点を見ていきます。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかを最も重要なことと考えているようです。

探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査に成功したケースでしか調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。



そのように考えると、成功報酬制を採用している方が、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。調査に対する実績なども確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼することが重要なのです。先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。
時効といって、不倫していた相手が明らかになってから3年、さもなければ実際に不倫があった時点から計算して20年以内だそうです。
もし時効まで時間がないときには訴訟に持ち込めば、期限がリセットされるのです。



つまり、時効が近い場合は、裁判で時効を利用させない手を使うほうがいいでしょう。


パートナーが浮気をしている気配があって興信所で調べてもらおうと考えているなら、安さを売りにしている業者は魅力的に映るかもしれません。

ただ、理由もなく安い場合は安易に契約を結ぶべきではありません。安い価格からしても粗雑としかいいようがない調査を行っているケースもしばしば見られるのです。正式に依頼してしまう前に、信頼に値する業者なのかもチェックしておかなければいけません。
興信所が作成する調査報告書は、特にフォームに決まりはありません。

ただ、協議離婚以外の、たとえば裁判などでの利用を考えているなら、どんなものでも証拠採用されるとは限りませんから、信頼できて高品質な調査報告書でないと困りますよね。



のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、探偵社を選ぶようにしなければなりません。
ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行っておぞましい戦場になるシーンは、小説やドラマでしばしば目にします。
夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、相手を刺したり、殺してしまうストーリーもよく使われます。浮気の現場を直接つかまえるのもやり方の1つでしょう。離婚まで覚悟しているならば、試してもいいと思います。いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。調査相手には行動範囲があるわけですから、地域周辺に限って、ネットで調べてみれば一目瞭然です。さらにクチコミや規模などで選定し、直接電話で話してみることをお勧めします。

いくら悩んだところで実際に話してみなければ、良さそうな探偵社かどうかなんてわからないですからね。
夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵や調査員のようなプロに依頼する際は、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を事前に話し合います。



探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、浮気調査をした時間が長ければ長いほど請求される調査費用も多額になります。



探偵事務所によっても、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、口コミなども調べていったらいいと思います。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Kaede
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/srstfhiehpunsd/index1_0.rdf