前だけど島谷

September 12 [Tue], 2017, 22:07
近年市民権を得てきたインプラント。

人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、なんといっても歯科技工士のスキルによります。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが必要不可欠です。

もちろん作り置きや大量生産とはいかず、時間がかかるので、それだけ、セラミックの歯というものはインプラントの治療費は高くなるのです。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのがどうしても高額になってしまう原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことをくれぐれも忘れないでください。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Keita
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる