【M-1】6・12年末の梅野戦に向けて、森井がスワノーイと激突!WPMF世界女子トーナメント開催 / 2011年05月13日(金)
  6月12日(日)ディファ有明で開催される「M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジ『がんばろうニッポン!RAORAK MUAY vol,2』」の主要対戦カードが発表された。

 まず、4月24日レベルスで勝利した梅野源治(PHOENIX)が森井洋介(藤原)との対戦を直訴したことで、12月22日後楽園ホールで開催予定の「藤原祭り」で森井vs梅野戦が決定。

 そこで、宿命の対決までの試合を『Top of Feather vol.1』と題し、森井、梅野が今まで闘った相手を入れ替えたり、新たな相手を迎え交互に試合をさせていく。第一弾カードとして今大会では、森井が前回の梅野の相手だったスワノーイ・エスジム(タイ)を迎え撃つ。梅野はスワノーイから大差をつけて判定勝ちしており、森井の勝敗結果、試合内容に注目が集まる。

 また女子では、WPMF世界女子ピン級トーナメントを開催。出場選手はLittle Tiger(F・TEAM TIGER/前J-GIRLSアトム級王者、WPMF日本アトム級王者)、ちはる(ウィラサクレック・フェアテックス/M-1ミニフライ級王者)、そしてタイ人選手2名を予定している。


M-1MC
「M-1 FAIRTEX ムエタイチャレンジ
『がんばろうニッポン!RAORAK MUAY vol,2』」
2011年6月12日(日)東京・ディファ有明
開場15:30 開始16:00

<決定対戦カード>

▼『Top of Feather vol.1』 58kg契約 WPMF日本ルール 3分5R
森井洋介(藤原/WPMF日本フェザー級王者)
vs
スワノーイ・エスジム(タイ/元ルンピニースーパーバンタム級5位)

▼ヘビー級 WPMF日本ルール 3分3R延長1R
KOICHI (バンゲリングベイ・スピリット/M-1同級王者、WPMF日本同級王者)
vs
アンドリュー・ペック(ユニバーサルキックボクシング/WPMFニュージーランド王者)

▼M-1ライトヘビー級タイトルマッチ 3分5R
寒川直喜(バンゲリングベイ・スピリット/王者)
vs
小澤和樹(team SUDO/WPMFクルーザー級2位/挑戦者)

▼WPMF日本スーパーウエルター級王座決定戦 3分5R
清水 武(藤原/同級1位)
vs
貴之ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックス/WPMF日本ミドル級2位)

▼WPMF日本スーパーバンタム級ランキング戦 3分3R延長1R
梅原タカユキ(TARGET/同級1位)
vs
鷹大(ウィラサクレック・フェアテックス/同級4位)

▼WPMF世界女子ピン級トーナメント準決勝 2分5R
Little Tiger(F・TEAM TIGER/前J-GIRLSアトム級王者、WPMF日本アトム級王者)
vs
調整中

▼WPMF世界女子ピン級トーナメント準決勝 2分5R
ちはる(ウィラサクレック・フェアテックス/M-1ミニフライ級王者)
vs
調整中

▼WPMF日本フェザー級ランキング戦 3分3R延長1R
不可思(The Body Box/同級3位)
vs
大西晃樹(フォルティス渋谷/同級6位)

▼スーパーライト級 3分3R
DAISUKE (ウィラサクレック・フェアテックス)
vs
井上エイト伸也(士道館総本部)

▼スーパーバンタム級 3分3R
鈴木正平(ウィラサクレック・フェアテックス)
vs
ジョウイチロウ(TARGET)

格闘技ウェブマガジンGBR
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000003-gbr-fight
 
   
Posted at 00:57/ この記事のURL
企業の仮想、物理、クラウド環境を横断するストレージ一元管理製品(シマンテック) / 2011年05月13日(金)
株式会社シマンテックは5月11日、米シマンテックコーポレーションのプレスリリースの抄訳として「Veritas Operations Manager 4.0」を発表した。本製品は、同社のソリューション「Veritas Storage Foundation」および「Veritas Cluster Server」向けの一元管理プラットフォーム。手動タスクを自動化し、ITリソースの健全性監視を行うことが可能になる。

本製品の新機能により、IT担当者は豊富なレポート機能の結果に基づき対応することが可能になるとともに、仮想環境、物理環境、クラウド環境を横断し、重要なビジネスサービスを管理するための可視性と管理性を向上する。また同時に、同社のストレージリソース管理における実績を活かした「Veritas Operations Manager Advanced」も発表した。「Veritas Operations Manager」と併せて利用することで、物理環境および仮想環境の詳細なレポートを提出でき、その対応とサーバ、ストレージの最適化が可能になる。
(吉澤亨史)

Scan
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000000-scan-secu
 
   
Posted at 00:26/ この記事のURL
【日本版コラム】独VW、次世代自動車の開発でシリコンバレーと連携強化 / 2011年05月13日(金)
 「米国ロボット最前線」について書く本コラムだが、今日はドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の次世代自動車開発の取り組みについて紹介したい。次世代自動車には様々なロボット的要素が組み込まれつつあり、VWはそれを実現するための研究開発を米シリコンバレーにある同社の研究所で行っているからだ。

 研究所の名前はVolkswagen Group Electronics Research Laboratory(ERL)。VWがシリコンバレーに研究所を開設したのは1998年8月で、当初は社員3人でスタートした。現在は約100人の技術者と研究者を抱え、同社がドイツ国外に持つ研究所では最大だ。VWグループは昨年、全世界で約100億ドルを研究開発に投じたが、ERLの予算は年間約2000万ドルだという。ERLはさらに人数を増やす計画で、より広い場所を確保するために、このほどシリコンバレーの中で移転した。新研究所の開所式が4月29日に行われ、それを機に来賓や報道関係者に対して研究開発内容が一部公開された。

 VWがシリコンバレーに研究所を置く理由は、地元の有名大学を卒業する人材を採用するほか、こうした大学との共同研究、そして米西海岸にあるハイテク企業との共同開発を促進するためだ。「我々は自動車を“再発明”する過程にあり、技術革新のペースは加速している。(シリコンバレーに研究開発拠点を置くことは)業界の新しい変化の波をいち早く捉える上で重要だ」とVolkswagen Group of AmericaのJonathan Browning社長兼CEO(最高経営責任者)は語る。

 自律走行できるロボット車の開発

 VWはシリコンバレーにあるスタンフォード大学の無人ロボット車開発の資金スポンサーとして知られる。同大は、無人ロボット車の開発競争に火をつけた米国防総省国防高等研究計画局(DARPA)開催のレース「グランド・チャレンジ」(2005年)で優勝するなど、この分野で世界的に有名だ。この協力関係が発展し、2009年に同大が新設した次世代自動車の研究開発拠点「CARS(Center for Automotive Research at Stanford)」にはVWが深く関与しており、CARSの建物の名前は「Volkswagen Automotive Innovation Lab (VAIL)」という。

 VWとスタンフォード大学の最近の共同プロジェクトでは、人間が降りた後に自律で駐車ができ、携帯電話で呼び戻せる車「AVPジュニア」や、標高4300メートルのパイクスピークの急斜面を頂上まで駆け上った完全自律走行車版のAudi TTSなどがある。

 6年前に砂漠の中を無人で走った車「スタンリー」と、自律駐車ができる「AVPジュニア」の写真を見比べると、その間の技術進歩が分かる。「スタンリー」には多数の大きなセンサーが搭載されているのに対し、「AVPジュニア」はすっきりした外観を持つ。VWは、周囲の障害物を検知するレーザー・センサーを、カリフォルニア州サンタバーバラ市にあるAdvanced Scientific Conceptsという会社と共同開発している。実用化のために現在のセンサーをさらに5分の1の大きさに小型化する考えという。

 市街地で安全に走れる無人走行車を実現するためには、このようなセンサーで取得した画像データを高速処理し、歩行者や信号機、道路標識を正しく認識することが欠かせない。ERLではこれを実現するためのソフトウエアの開発に取り組んでいるほか、ハードウエアの面からは、シリコンバレーの会社でグラフィックス処理チップ・メーカーのNVIDIAと協力する。IT技術を駆使すれば車の周囲360度の状況をチェックできるようになり、雨や霧といった悪天候にも左右されない。

 グーグルとの協力関係

 気になるのはVWとグーグルの関係だ。VWはAudi A8の2011年モデルに搭載したカーナビに3D地図ソフト「グーグルアース」を取り入れた。また、「グーグルマップ」と「グーグルボイス」の音声認識技術を組み合わせ、カーナビを使って音声でレストランなどを検索できるシステムを開発中だ。

 以前このコラムで書いたように、グーグルは独自に自律走行車の開発に取り組んでいる。しかも、VWがスポンサーになっていたスタンフォード大学の無人ロボット車開発チームの中心人物である同大のSebastian Thrun教授を巻き込んでの開発だ。この点についてERLのBurkhard Huhnke所長に聞いたところ、「私はSebastianと仲の良い友人であり、VWはグーグル社内のSebastianのグループとも協力関係がある」との答だったが、具体的な協力内容については言及しなかった。「Sebastianのアプローチが長期的な視野に基づいているのに対し、われわれは段階的に商品化に近いシステムの開発を目指している」と言う。

 別の記者が「アップルとは協力しないのか」と質問したところ、「いっしょに何かできることがあるかどうか、定期的にミーティングをしている」(Huhnke所長)との答えだった。

 VWの完全自律走行車が世の中に商品としてお目見えするのはいつかについては、北米VWグループのBrowning社長は以下のように説明した。「100%自律の車というのは現在予測できる未来に商品として提供できるとは思えないし、現実的な考え方ではないだろう。しかし駐車やAdaptive Cruise Control(車間距離制御システム)ではすでに自律走行車の技術的要素は実現しつつあり、この動きはこれからも続くだろう」。

 一方、ERLのHuhnke所長は「初心者ドライバーが経験豊富な人と同じような運転ができるような運転支援システム、交通渋滞した高速道路でもサンフランシスコとロサンゼルスをオートパイロットで往復できるようなシステムといった2つのシナリオは実現できると考える」と話していた。

********************

影木准子(かげき・のりこ)

 北海道大学工学部を卒業後、日本経済新聞社で13年間、記者として働く。うち1997-2001年の4年間は同社シリコンバレー支局勤務。現在はシリコンバレー在住のフリーランス・ジャーナリスト。コンシューマー向けロボットの開発・市場動向に最大の関心があり、この分野の米国を中心とした海外における最新情報をGetRobo Blog(http://www.getrobo.com/getrobo_blog/)などで発信している。

ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000013-wsj-bus_all
 
   
Posted at 00:11/ この記事のURL
JTT、電池&USBで動く卓上扇風機「USB COOL WHITE」 / 2011年05月12日(木)
 日本トラストテクノロジーは5月13日より、小型パーソナル扇風機「USB COOL WHITE」を発売する。価格はオープン、想定実売価格は1480円前後。

【他の画像:「USB COOL WHITE」の使用例】

 この製品は単三乾電池4本、またはUSB電源で動作する小型扇風機だ。場所をとらないコンパクトな設計となっており、背面のスタンドを利用して送風の角度を調節したり、壁に掛けて使用できる。

 乾電池での利用では、最大7時間の連続動作を可能とする。本体サイズは約165(幅)×180(奥行き)×80(高さ)ミリ。重量は220グラム。約90センチのUSBケーブルが付属する。


+D PC USER
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000030-zdn_pc-sci
 
   
Posted at 23:52/ この記事のURL
トランスフォーマー玩具商品、新シリーズ発売 / 2011年05月12日(木)
ハリウッド映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』が7月より日本公開される。タカラトミーは映画公開に伴い、劇中に登場するトランスフォーマーの玩具商品「トランスフォーマームービーシリーズ」を5月14日から順次発売する。

約80アイテムを用意し、世界約100の国と地域で発売、本コンテンツにおける同社売上100億円超を目指す。新たに発売されるフィギュアは3つのシリーズで展開される。変形する武器を導入し、小型低価格シリーズやプラスチックモデルも登場する。

7月29日日本公開の「ダークサイド・ムーン」は「トランスフォーマー」シリーズの3作目で最終章となる。シリーズ累計興行成績は15億ドル以上で、映画関連玩具は世界中で8000万個以上を販売した。

日本の玩具発、アメリカ育ちのロボットキャラクター「トランスフォーマー」の映画版玩具商品「トランスフォーマームービーシリーズ」は、高度な変形ギミックを搭載し、劇中キャラクターのデザインを玩具でも再現する。

今回発売されるフィギュアは以下の3シリーズ。

●メックテック・シリーズ(武器システム搭載変形玩具)……「メックテック・ウェポンシステム」を搭載した変形アクションフィギュア。各武器は、「互換性」「コレクション性」を重視し、どのフィギュアにも取り付けられる。

●サイバーバース・シリーズ(小型・低価格変形玩具)……手のひらサイズで低価格ながら、素早い変形が楽しめる。

●デュアルモデルキット(高品質プラスチックモデル)……劇中のディティールを再現しカスタムも楽しめる、大人向け彩色済み半完成キット。変形不可。

《レスポンス 高木啓》

レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000012-rps-movi
 
   
Posted at 23:31/ この記事のURL
「クチコミ@係長」にクチコミの全体像を見える化する「成分マップ」 / 2011年05月12日(木)
 ソーシャルメディア分析ツール「クチコミ@係長」の「成分マップ」は、話題の全体像を俯瞰するかたちで見える化し、調査・分析のスキルがない人でもソーシャルメディアのクチコミ分析を行うことが可能になる。

「成分マップ」では、システムが話題を自動で分類する「自動分類」によって、話題の概要をとらえることができる。また、複数キーワードでの話題比較ができる「対象キーワード分類」モード、「性別」「地域」「年代」のユーザ属性で話題を比較する「属性分類」モード、任意の軸での話題比較が可能な「手動分類」モードがある。

MarkeZine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000003-sh_mar-sci
 
   
Posted at 23:10/ この記事のURL
愛され人気歌手クラウド・ルーがキャラ変更?香港コロシアムデビューも―台湾 / 2011年05月12日(木)
2011年5月10日、台湾の人気アーティスト、クラウド・ルー(盧廣仲)がスナック菓子の新イメージキャラクターに抜擢された。中時電子報が伝えた。

【その他の写真】

個性的な“しいたけ頭”と「盧式」と呼ばれる独特のみずみずしい歌唱力、いつも笑顔の愛されキャラが大人気。親しみやすいキャラクターを買われて人気スナック菓子「ドリトス」の新イメキャラに抜擢され、このほどCM撮影を行った。

07年、爽やかな朝の風景を歌った「早安晨之美」が大ヒットし、朝のイメージが強いキャラクターだが、新CMではトレードマークのTシャツ&短パンを脱ぎ捨て、夜の帝王に変身。撮影では9時間もワイヤーに吊り下げられ、めげそうになるたび周囲から「カッコいい!」とおだてられたという。

来月1日、香港コロシアムでソロコンサートを開催予定。中華圏の歌手なら誰もが夢見る憧れのステージに、闘志を燃やしている。香港のトップ男性歌手イーソン・チャン(陳奕迅)がクラウドを高く評価しているため、スペシャルゲストにはイーソンが登場するかも、期待されている。(翻訳・編集/Mathilda)


Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000013-rcdc-ent
 
   
Posted at 22:50/ この記事のURL
冬季スペシャルオリンピックス平昌、マスコット公開 / 2011年05月12日(木)
 【ソウル12日聯合ニュース】知的発達障害のある人たちの4年に1度のスポーツの祭典、スペシャルオリンピックスの冬季世界大会が2013年に江原道・平昌で開催される。大会を象徴するエンブレムとマスコットが12日にソウルでお披露目された。
 エンブレムは、走っている人の躍動感ある姿で、希望に満ちた未来を示す。マスコットはツキノワグマの「Ra」、ヒツジの「In」、牧羊犬の「Bow」。情熱とチャレンジ精神を表現した。
 スペシャルオリンピックス冬季世界大会・平昌は2013年1月26日〜2月7日、アルペンシア、竜平リゾート(ドラゴンバレー)、江陵氷上競技場などで行われる。

聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000030-yonh-spo
 
   
Posted at 22:11/ この記事のURL
<中国気になる話>「カンフーサッカー健在」の中国、日本クラブ相手に連日のレッドカード / 2011年05月12日(木)
2011年5月12日、ブログ「Kinbricks Now」は、サッカーACL・ガンバ大阪対天津泰達戦に関する記事を掲載した。

【その他の写真】

2011年5月11日、サッカー・アジアチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグ第6節・ガンバ大阪対天津泰達の試合(大阪)が行われた。遠藤保仁、宇佐美貴史がゴールを決め、ガンバ大阪が2対0で快勝した。

天津は第5節終了時点で勝ち点10とグループ首位に立ち、決勝トーナメント進出を決めていた。しかし、決勝トーナメント1回戦はホーム&アウェー方式ではなく、グループ1位突破チームのホームで行われる一発勝負。上位を狙うためには、引き分け以上の結果が求められる一戦だった。

しかし、ふたを開けてみると、引き分けどころか0対2の完敗。さらに後半ロスタイムにペナルティーキックを与えたゴールキーパーのレッドカード、イエローカード5枚と反則を重ね、次戦の大事な決勝トーナメント1回戦ではなんと主力5人が欠場する事態となった。天津にとっては最悪の試合となってしまった。

中国ではACLの注目度が高く、出場した4チームいずれもが万全の準備を整えて大会に挑んだ。しかし、出場4チーム中、グループリーグを突破したのは天津1チームのみ。出場4チームすべてがグループリーグを突破した日本、4チーム中3チームがいずれも1位突破を決めた韓国との間には大きな差があることが鮮明となった。

また、ファウルの多さやダーティーなプレーも目立つ。特に10日のセレッソ大阪対山東魯能の試合では、山東は大けがにつながりかねない危険なスライディングタックルでレッドカードを受けたほか、イエローカード7枚と反則を重ねた。「カンフーサッカー健在」を印象付ける試合となり、11日付の遼寧晨報は「サッカーで負けた、人としても負けた」との見出しで、批判的に報じた。(筆者:chinanews)

■中国在住経験を持つ翻訳者Chinanews氏は、ニュースサイト「Kinbricks Now」を運営。ネットの流行から社会事情、事件、スポーツ、芸能など中国関連のトピックを幅広く紹介している。


Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00000014-rcdc-cn
 
   
Posted at 21:52/ この記事のURL
サッカー、チャリティーマッチのDVDが発売。カズダンスが甦る! / 2011年05月12日(木)
東日本大震災の復興支援を目的に、3月に開催されたサッカー日本代表とJリーグ選抜によるチャリティーマッチの模様を収録したDVD-BOOKが、6月9日(木)に発売される。

この試合は3月29日に大阪長居スタジアムにて開催され、2-1で日本代表が勝利を収めた。同DVDでは、三浦知良(横浜FC)のゴールやゴールを決めた後の“カズダンス”など試合の模様はもちろんのこと、Jリーグ選抜・TEAM AS ONEのミーティング風景やハーフタイムのロッカールームなど決戦の舞台裏も収録。特典映像として、日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督やTEAM AS ONEを率いたドラガン・ストイコビッチ監督、全選手50名のメッセージを完全収録している。

また、ブックレット(カラー32頁)には試合の写真や試合後の両監督の記者会見、全選手のコメントが掲載されている。

「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!SAMURAI BLUE(日本代表) vs JリーグTEAM AS ONE」DVD-BOOKは1575円(税込)。なお、ぴあBOOKSHOPでは5月10日(火)10時から6月2日(木)まで先行予約を受け付ける。先行予約の特典として両チームのスターティングメンバーのぴあメモリアルカード(フォトカード)が付く。

@ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110509-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 21:34/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!