本記事では4年前に「あなたのiPhone見せてください!」でお話をうかがっ

March 24 [Tue], 2015, 11:21

■商品名: シャネル IPHONE6 バンパー 4.7インチ スマホ保護カバー アイフォン6 PLUSバンパー ■対応機種:iphone6 iPhone6Plus ■ご注意: ※パソコンの環境によ

っては写真の色味が実際の商品と少し異なる場合があります。ご了承下さい。 ※携帯本体は付属いたしません。 ※サードパーティ製品 ※只今は送料無料


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


 ルイヴィトンiphone6カバー


PFUの「SnapLite」は、iPhoneと連携してスキャナになる卓上ライトです。一見すると単なるデスクライトですが、高輝度LEDを2つ搭載して暖色(2700K)と白色(5000K)に切

り替えられるほか、iPhoneに無料アプリを導入すればオーバーヘッドスキャナに早変わりします。
iphone6ケース
 本体とiPhoneはBluetoothで接続されるため、ケーブルは不要です。iPhoneを本体上部の台座に設置して、赤く表示されるレーザーガイドの枠内に被写体を置けば、自動的に

撮影モードに切り替わり、あとは本体下部にあるリスのマークにそっと触れるだけでスキャンが始まります。取り込んだ画像は余計な背景が自動的にトリミングされ、傾きも

直された上でカメラロールに保存されるため、シェアも容易に行えます。

 価格は1万2800円(税込)と安くはありませんが、インテリアとして生活に溶け込んだ“照明機器”としてユニークな存在と言えるでしょう。なお、対応するiPhoneは、iOS

6.0以降を搭載したiPhone 6 Plus/6/5s/5c/5となっています。2ドライバーでも十分に心地よい、カスタムIEMならではの高品質極上サウンドは存在する。そしてそのサウ

ンドは多ドライバーでは出せないトーンでもある。
?3〜4ドライバーのカスタムIEMにこそ、各ブランドの個性や技術/こだわりが現れる最も面白いモデルゾーンである。
?クオリティ面を追求すれば多ドライバーモデルに行き着いてしまうのは、抗いがたき事実である。
アイフォン6シャネル
そんな状況だからこそ、なおもスパイラルは止まらない。今回もまたひとつ、新たなモデルを手にした。Heir AudioのフラッグシップHeir 10.Aである。

上に記したような感想に至るにあたっては、大きなインパクトを受けたモデルとの出会いという経験がある。一番最初の衝撃は、Heir 8.Aとの出会いだった。その時にはすで

にカスタムIEMは10個以上所有していたし、ドライバーを追加して8ドライバーにアップグレードしたリモールドモデルも持っていた。当時ではあらゆる点で名実ともに最高峰

だったUE 18 Proも手にしていたし、FitEar MH334も所有、Unique Melody Merlinといったハイブリッドも押さえていたので、ひと通りのカスタムIEMサウンドは知っていたつ

もりでもあった。
ヴィトン iphone6ケース
今から3年以上も前のことなので当然なのだけど、その時はまだHeir 8.Aのようなサウンドはこの世に生まれていなかった。初めてHeir 8.Aの音を聴いた時はとにかくぶったま

げた。BAドライバーでこんな音圧で頭蓋骨を揺らすような低音を叩き出すモデルがあるのか、とドーパミン噴出の躁状態になった。

それから2年の年月が立ち、2013年暮れにNoble Audio Kaiser 10を手にした。これがHeir 8.Aの衝撃を上回る感動的なサウンドだった。この時にはすでに40個以上のカスタム

IEMを所有していたので、多少のインパクトでは動じない状況ではあったのだけど、このNoble K10のサウンドには「完璧なトーンに遂に出会えた」という興奮を禁じ得なかっ

た。
シャネルiphone6 ケース
自分にとって1stインパクトを与えたHeir 8.Aは8ドライバーモデルだが、その衝撃を上回った10ドライバーのNoble K10を発表した人物は、何を隠そうHeir 8.Aを設計した人と

同一人物である。その人物はHeir Audioを辞めNoble Audioを立ち上げたわけだが、その後Heir Audioは、Heir 8.Aの座を奪うように新フラッグシップモデルHeir 10.Aを発表

した。奇しくもNoble K10と同ドライバアサインで設計された、Heir Audioの新機軸である。これが気にならないわけがない。Heir 10.Aの音を聞かずして、カスタムIEMを語れ

るものか、という心持ちである。お気に入りはiPhone 4S
iPhoneの登場以来、ずっとiPhoneを使い続けているユーザーは多い。果たしてiPhoneの魅力とはどんなところにあるのだろうか? また使い始めに比べ、どう変化しているのか

。本記事では4年前に「あなたのiPhone見せてください!」でお話をうかがった「iPhone女子部」改め「女子部JAPAN(?v?)」のこばなみ部長こと小林奈巳さんに再びiPhoneの使

い方を聞いてみた。説明書を読まなくても使い方がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコ

ーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneのなぜ」をわかりやすく解説します。今回は、「iPhoneにセキュリティ対策は必要ですか?」という質問に答えます。
最新シャネルiphone6 ケース
セキュリティ対策と一口に言っても、ウイルスやトロイの木馬など迷惑をかけるプログラム(マルウェア)を対象にするのか、通信傍受や乗っ取りを対象にするのかで取るべき

手段がまるで異なります。パスワード漏えい防止やApple IDの適切な管理も広義のセキュリティ対策といえますから、iPhoneにかぎってはセキュリティ対策不要ということは

決してありません。

しかもiPhoneはシステムの制約上、App Storeで公開される(サードパーティーが開発する)アプリは他のアプリが使用する領域に直接アクセスできないため、いわゆるウイルス

キャンは実行困難です。Androidアプリストアの「Google Play」では、たくさんのウィルス対策アプリを確認できますが、同等の機能を持つアプリはApp Storeに存在しません

。iPhone向けにはそのようなアプリを開発できない/公開できないのですから、当然です。
シャネルiphone6ケース
とはいえ、無為無策でかまわないわけではありません。iPhoneのシステム(iOS)には、通信内容を暗号化して安全を保つための機能が含まれており、その多くはインターネット

で共通の(標準化された)仕様となっています。たとえば、iOSにおけるSSL(Secure Socket Layer)実装「SecureTransport」、HTMLエンジンの「WebKit」は、仕様に由来するセ

キュリティホールが発見されることがあり、そのつどAppleは迅速にOSアップデートを公開しています。

脆弱性解消を目的としたシステムアップデート(セキュリティアップデート)は、OSの機能向上とは関係なく実施されます。放置すると攻撃を受け説明書を読まなくても使い方

がわかるのが、iPhoneの魅力であり強みです。しかし、知っているつもりでも正しく理解していないことがあるはず。このコーナーでは、そんな「いまさら聞けないiPhoneの

なぜ」をわかりやすく解説します。今回は、『付属の「マップ」アプリはカーナビに使える?』という質問に答えます。
iPhone6 シャネル
【もっとほかの写真をみる】

シリコンiPhoneケース
もちろん使えますが、機能的にじゅうぶんかどうか、満足できるかどうかはまた別の話です。他に有効な選択肢があるのであれば、ぜひ検討すべきでしょう。

iOSに付属の地図アプリ「マップ」は、iOS 6のとき大幅にリニューアルされました。iOS 5までは、Googleが開発にあたり地図データもGoogleのものを使用していましたが、

iOS 6以降はApple自社開発となり、データも独自のものを使用するようになりました。

機能面でいえば、自動車のナビゲーション機能が搭載されていますから、いわゆる「カーナビ」としての用途には活用できます。もちろん音声案内に対応していますし、次の

右左折までの距離を適切なタイミングで教えてくれます。
iphone6ケース
他のマップアプリにないナビゲーション機能もあります。たとえば、ロック画面にナビゲーション画面を表示できるのは、標準装備の「マップ」だけです。ナビゲーションの

途中でアプリを閉じたとき、ホーム画面のステータスバー下に「タッチしてナビに戻る」が表示され、すぐにナビゲーション画面に復帰できるのも「マップ」ならではです。
る可能性があるため、公開された場合はできるだけ速やかに更新作業を行うべきです。マルウェアに備えるだけがセキュリティ対策ではないのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:seysbe
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/srjnse/index1_0.rdf