ツールとして使える「Chordana Viewr」など

March 22 [Sun], 2015, 0:33

シャネルiphone6ケース携帯ケース


シャネルiphone6ケース携帯ケース


【商品名】:一流の品質新作 ディオール iphone6/iphone6 plusケース Dior iphone6ケース 通販 高品質 送料無料


【対応機種】: iphone6 iphone6 plus


【ご注意】:


●新品未使用商品ですが、海外工場での大量生産品となりますので、製品や箱の細かい傷や汚れなどがある場合がございますがクレーム対象外とさせていただきます。 気にされる方は、トラブ

ル防止のためご入札をご遠慮ください。


●製品の仕様、付属品等は予告なく変更する場合がございます。


●在庫は常に変動してますので落札のタイミングにより商品が在庫切れの為ご注文をお受けできない場合もありますので予めご了承ください。


●お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタなどの違い、また室内、室外での撮影により 実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい。


●1台だけスマホを持つとしたら……
iPhoneの最新モデルはiPhone 6/6 Plusだが、自分にあった最適なモデルとして、iPhone 5sを推す声もある。ライターの一条真人氏もその一人だ。iPhone 5sのどこが評価のポイントなのだろうか。

同氏に理由を記してもらった。
6Plusケースルイヴィトン
最近、僕は上着が着られる季節には、通常、3〜4台程度のスマートフォンを携帯している。海外に行くときなどは、SIMフリーのスマホや海外向けモバイルルータなども持って行くので、これより若

干多い数のスマホやモバイルルータなどをポケットに入れている。

そのためか、空港のセキュリティでマークされてしまうことも多い。先日、バルセロナに行くための成田空港で、スマホや折りたたみBluetoothキーボードやデジカメなどしか入っていない上着がマ

ークされ、X線で再チェックされ、さらにポケットの中身をわざわざ確認していただいた。

おしゃれな一流の品質新作 ディオール iphone6/iphone6 plusケース Dior iphone6ケース 通販 高品質 送料無料 には、お使いの携帯を持ち運びや保管の際に傷や汚れから守ります。高級感と

ファッション性がある一流の品質新作 ディオール iphone6/iphone6 plusケース Dior iphone6ケース 通販 高品質 送料無料 は大人気です。当店ではあなたにピッタリあった、好みの専用ケース

が必ず見つかるはずです。一流の品質新作 ディオール iphone6/iphone6 plusケース Dior iphone6ケース 通販 高品質 送料無料 が販売ランキングで上位を独占しています!話題になる一流の品

質新作 ディオール iphone6/iphone6 plusケース Dior iphone6ケース 通販 高品質 送料無料 には、保護性が強いのはもちろん、特別なデザインやカラーは魅力です。内側は携帯の形に合わせて

凹ませてあります。綺麗なアウトライン、こだわりの一流の品質新作 ディオール iphone6/iphone6 plusケース Dior iphone6ケース 通販 高品質 送料無料 やカバーを簡単に手に入れます。購入

数量限定なし、お友だちと一流の品質新作 ディオール iphone6/iphone6 plusケース Dior iphone6ケース 通販 高品質 送料無料 のことを教えてください。爆発的な人気の一流の品質新作 ディオ

ール iphone6/iphone6 plusケース Dior iphone6ケース 通販 高品質 送料無料 は激安!モデルなど最新情報が揃え。全国送料無料!生活を味わうのは細かいケースのことから始まりましょう。



などと質問されるが、そんなものが入っているはずもない。

そんな僕だが、「これ一台」だけしか携帯しない、というときには特に特殊な状況でなければ、迷わず「iPhone 5s」を使っている。そう、一世代前の4インチディスプレイ搭載の端末だ。
シャネルiphone6 ケース
アップルは昨年、登場したiPhone 6/6Plusで封印していた大画面化のバリアを破り、iPhone 6Plusでは実に5.5インチディスプレイを搭載した。このビジネス的な選択は成功だったようで、世界的に

いいビジネスをしているようだ。

●5インチがスタンダードに
○大画面化が進む世界のスマホ

このスマホのディスプレイの大型化は、現在、iPhoneのライバルであるAndroidスマートフォンが先行していたものだ。AndroidスマートフォンではサムスンのGALAXY Noteが大画面のパイオニアであ

り、5.3インチディスプレイを搭載し、世界的なヒットになった。

その後、Android界全体に大画面化の波が来て、5インチフルHDディスプレイが一般的になり、そこからさらに大画面化が進行している。

今や、多くのメーカーの主力スマホの一部は5インチを超えて、6インチに届こうとしている。Googleも6インチのNexus 6をリリースしているし、ファーウェイのAscend Mate7も6インチ。また、ソニ

ーモバイルのXperia Z Ultraなどは6.4インチだ。

そして、スマホのサイズアップに伴ってか、7インチ程度のタブレットの売り上げが芳しくないという。スマホのディスプレイは大型化し、タブレットとのすさまじい食い合いを繰り広げているとこ

ろまで来ているというわけだ。
新品Chanel iphone6 ケース
そんななか、iPhoneも大画面戦争に参入し、iPhone6は4.7インチディスプレイを、iPhone 6Plusは6インチディスプレイを搭載したというわけだ。

これは僕には大きなショックだった。iPhoneは機能的に大きな革新をなしとげることなしに、単純に「ディスプレイを拡大する」というオプションを選択してしまったたのだ。ジョブスが死んだと

き、

「もはや、iPhoneの未来に期待は持てないかも知れない」

と悩んだことを思い出す。
iPhone6 シャネル
なんにしても、iPhoneまでが大画面化し、多くの人は4インチディスプレイ搭載のスマートフォンなどは時代遅れに見えるかも知れないが、僕にとってはiPhone 5sはもっとも万能性が高いスマート

フォンだ。

ここでは、僕がなぜiPhone 5sをこれ1台のスマホとして選択するのか? という話をしたい。

●3.5インチルールが崩れたiPhone
○機能とリアルワールドの関係

ジョブスの死後、最初のモデルチェンジで、iPhone 4へと進化したiPhoneはそのディスプレイを3.5インチから4インチに拡大した。正直、このときのショックも大きかった。3.5インチというのは、

ジョブスが「スマートフォンにとって絶対」と言っていたサイズだ。

言うまでもないが、スマートフォンのディスプレイというものは、単純に情報を表示するだけのものではない。それはスマートフォンを操作するユーザーインターフェースでもあるわけだ。
グッチ iphone6 ケース
iPhoneは、ホーム画面に表示されるアイコンをタップすることで、アプリが起動される。片手で持ったときに、指が届く範囲は限られており、大画面になるほど指は画面の隅々に届かない。3.5イン

チのほうが4インチよりも画面全体に指が届きやすく、リズミカルに操作できる。

この操作感のリズムは3.5インチ時代のiPhone特有なものだ。

そして、iPhoneを単に何かできる「機能」的な存在ではなく、リアルワールドのなかで使いこなす「道具」的な存在にしている。
グッチ iPhone6 ケース
これは4インチディスプレイを搭載したiPhone 5/5sでは微妙に損なわれてしまった。これで、もはや限界だ。iPhoneをこれ以上大きくするのに僕が賛成できないのは、このiPhone独特のリズムが失

われてしまうことが大きい。僕のセンスでは3.5インチから4インチでもまったく別物に劣化してしまっているのだから。

●スマートフォンのリズム
○iPhoneのリズムとAndroidのリズム

それにしても、AndroidとiPhoneはそのユーザーインターフェースにおける冗長性が異なる。僕はAndroidはまるでWindowsパソコンのように無意味なステップが増えてしまっていると感じる。

インストールしたプログラムはドロワーにあり、ホーム画面にそのショートカットを作るなんて、まるでパソコンじゃないか? 最近ではインスト−ルすると、自動的にショートカットがホーム画面

に作られるが、そのとってつけたような改善策は実にマヌケであり、本質的な改善が必要だと思う。

iPhoneのユーザーインターフェースはすべてが、よりダイレクトでシンプルだ。ホーム画面のアイコンが唯一無二の存在。物事を複雑にすることがない。ユーザーインターフェースに関してもシン

プルであり、物理ホームボタンが1つで、Androidと比較すればリズミカルに操作できる。

ディスプレイサイズも小さく、指が届きやすければ、その操作もリズミカルだ。大画面を下にスライドさせて操作しやすくするなんて、ばかげている。もっとも、これはAndroidからパクったユーザ

ーインターフェースなわけだが、あまりにマヌケに過ぎる。そんなことをするぐらいなら両手で操作したほうがマシだろう。

なんにしてもiOSはよりシンプルに操作できて、心理的なストレスが小さい。僕が日常的な用途ではiOSをAndroidよりも好むのはそのためだ。

単純にディスプレイサイズが小さいスマホがいいなら、ディスプレイサイズの小さいXperiaでも使っていればいいわけだが、その操作リズムはiPhoneに及ばない。

●新しいiPhoneはどうなる?
○iPhoneの進む道は?

今年もおそらく、iPhoneの新機種が登場することだろう。

最近ではこのiPhoneの次世代機種に関して、マーケットの要求で4インチモデルが復活するのではないか? というウワサがある。世界はやはり4インチを求めているのではないだろうか? ローカルな

話だが、先日、訪れたローマ空港のスマホショップにもiPhone 5sは並んでいたが、iPhone 6は見当たらなかった。

製品を出すのをやめてから、マーケットの反応で再び4インチを出すというのはあまり賢くはないが、ジョブスのいないアップルというのは、まあ、こんなものということだろうか。

また、最近、現在でもガラケーが人気があるのが、しばしば話題になるが、これも大画面スマホかならずしも……ということだろう。


ここで紹介したのは、あくまで“応急処置”。修理代惜しさに「ちょっとの割れだから」と放ったまま使用しておくと、スマホごと替えるハメになりかねない。みなさんの画面は大丈夫?
ヤマハは、iPhone/iPod touch/iPad向けアプリケーション「Yamaha Synth Book」の提供を開始した。アップルApp Storeから無料でダウンロードできる。

「Yamaha Synth Book」は、ヤマハのシンセサイザー40年の歴史を楽しめるコンテンツや、新開発のバーチャルアナログシンセサイザー「AN2015」など、さまざまなコンテンツを統合したヤマハ シ

ンセサイザーのポータルアプリケーション。

ヤマハは、1974年に「SY-1」を発売以来、さまざまなタイプのシンセサイザーを発売してきた。1977年にはアナログシンセサイザーでありながら表現力豊かな音色と和音演奏を実現した「CS-80」、

1983年にはデジタルシンセサイザーのさきがけであり、特長的なサウンドで一世を風靡した「DX7」、そして2001年には、初代「MOTIF」を発売。その優れた音色、演奏性、操作性は、世界中のアー

ティストに認められ、あらゆる音楽シーンで使用されてきた。このヤマハシンセサイザー40年の歩みを閲覧できるのが第1のコンテンツ。全5章から成る本編、サイドストーリーとも言える9つのコラ

ム、170以上の製品を網羅した年表をiPhone/iPad用に読みやすくまとめている。

そして注目は、バーチャルアナログシンセサイザー「AN2015」。iPhoneやiPadの画面上の鍵盤やボールコントロールを操作することにより、アナログシンセ音色を演奏したり、編集することが可能

。また、ドラムパッドの操作でドラムフレーズを鳴らすこともできる。

「AN2015」には、アナログシンセ音色を鳴らすことを目的としたSYNTH画面と、ドラムフレーズを鳴らすことを目的としたDRUM画面の2つの画面(モード)を用意。たとえば、DRUM画面にて任意のド

ラムフレーズを鳴らし、SYNTH画面に移動して任意のアナログシンセ音色を選択して演奏すれば、ドラムのバッキングに合わせてシンセ音色の演奏が可能だ。

また、ヤマハのミュージック?プロダクション?シンセサイザー「MOXF」(V1.10)とLightning - USBカメラアダプタ(アップル製)でUSB接続すれば、ケーブル1本の接続で「AN2015」を「MOXF」の

外部アナログ音源として利用することが可能。「MOXF」の鍵盤で演奏する情報(MIDI)が「AN2015」へ送られ、その発音(オーディオ)が「MOXF」へ送られるため、「AN2015」の強力なアナログシ

ンセサウンドを「MOXF」内蔵音源の音と合わせてライブやステージで手軽に活用することができる。

このほか、現行のヤマハのシンセサイザーやステージピアノ、アプリケーションなどが確認できることに加え、製品サイトやFacebookなどの関連サイトへのリンクも用意。ヤマハのシンセサイザー

に関する情報に簡単にアクセスすることができる。曲のモチーフとなるメロディは、iPhoneのマイクで録音。5種類のジャンル(ポップス/ダンス系/ロック/ジャズ/ラテン他)、3種類の曲調(楽し

げな/バラード調/ノリの良い)を選んで自動作曲ボタンを押せば、すぐに1曲完成。楽器の経験も作曲の知識もまったくなしでさまざまなタイプの曲が作れる。

また、モチーフの長さは初期設定では2小節だが、4または8小節も選択可能。曲内でのモチーフの使い方はAメロ/Bメロ/サビから選べるので、ここでもバリエーションを生み出せる。たった1つのモ

チーフでも設定によってまったく違う曲が生まれるので、時間を忘れてすべてのジャンル/曲調を試したくなること必至だ。完全な自動作曲ではなく、モチーフの録音で自分なりの曲が作れるので、

誰でも作曲家気分が味わえるのも楽しい。
超人気iphoneケース
楽器が得意な人ならモチーフの入力は画面上の鍵盤でリアルタイムレコーディングすることも可能。さらに五線譜に音符を配置する方法も選択できる。コードに合う音、テンション度合いをあげる

音など音符を5種類に色分けする「ヒント機能」を活用した修正も行えるなど、楽器?作曲入門者にうれしい機能も用意されている。できあがった曲を楽器練習のバッキングに使うのもいいだろう。

作った曲はiPhoneに保存できるほか、オーディオファイル(AAC/.m4a)でメール送信することも可能。MIDIファイルでの保存などには未対応だが、要望があれば対応していきたいとのこと。もっと

多彩なジャンルが欲しい、4拍子だけでなく3拍子などにも対応してほしいといった要望にも応えてくれそうだ。なお、各パートの楽器は変更が可能で、ミュートも可能。パートごとのオーディオフ

ァイルが欲しい場合は必要なパート以外をミュートした状態で保存すればOKだ。

自動作曲ということで気になるのが著作権だが、作成された曲はユーザーのものであり、カシオが著作権を主張することはないとのこと。動画投稿のBGM作成で困っているという人にもうれしいアプ

リになりそうだ。

価格は500円。2月5日までは特別価格300円で販売されるので、気になる人はこのチャンスをお見逃しなく。

■説明会では「CZ App for iPad」とヴィンテージシンセ「CZ-101」の共演も

発売に先駆けて樫尾俊雄発明記念館で行われた説明会では、今回発表の「Chordana Composer」の説明のほか、カシオの音楽アプリへの取り組みについても紹介された。これまでハードウェアの楽器

を開発してきたカシオがアプリをリリースする理由として、世界中にユーザーがいて、リリースと同時に世界に届けられること、企画?開発?流通までの時間が短く、アイディアや技術をいち早く形

にできることなどが挙げられた。
シリコンiPhoneケース
また、「Chordana Composer」については、社内公募を行い社員自らが設計を行っていることなども紹介。楽器未経験者がコード演奏の楽しみを味わえる「Chordana Tap」、楽器演奏者がコード解析

ツールとして使える「Chordana Viewr」など、Chordanaシリーズに共通するChord Analysis(コード?アナリシス)の解析技術を進化させていくとも語られた。

あわせて1月22日に発売された「CZ App for iPad」についても、オリジナルの「CZ-101」との組み合わせによるデモ演奏を交えて紹介。オリジナルCZシリーズのサウンドが再現され、音作りが楽し

めることに加え、iPad内の曲に合わせて演奏ができること、鍵盤を最大4つ表示させ向かい合わせのレイアウトで2人同時演奏可能なことなどもアピールされた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:serhsne
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/srjmsee/index1_0.rdf