【 更新情報 】


スリング作り方をマスターしてオリジナルを!

スリング作り方については、自分の赤ちゃんをはじめ家族みんなのロハスな生活を思いつつ楽しく作りましょう。先ずはスリングの使用する目的を決めてから、形状とサイズや素材、そして色彩がスリング作り方のスタートになります。一方、街を歩いていて素敵な生地や美しい色彩などを目にすると、反対にそれを使って"オリジナルスリング"つまり手作りスリングを作りたくもなるものですよね。


スリングのあたかもマーケットでのニーズとシーズの関連かのようですが、スリング作り方で大事なことは、そのチャンスでの自分自身のひらめきつまり"発想"こそといえます。そのことを強く思いながら、計画・設計・素材選びそして作成、続いての使用という全体のプロセスがスリング作り方の中にはあるのです。

スリングの素材および色彩選びに次いで、作る喜びそして使う喜びを、スリング作り方では楽しく思うものです。ロハスにむすびついたまさに手作りスリングの醍醐味といえるでしょう。赤ちゃん用をはじめ、ご主人や子供さん、あるいは両親へのプレゼントとしてもスリング作り方を心得ていれば、毎日はより一層楽しく有意義になります。

手作りスリングを近所の人にも作ってあげましょう。素材にはあまりゴワゴワした硬いものは避けた方が無難ですが、形状そして色彩には大いにこだわりたいものです。市販品では見られない世界に一つの"スリングの傑作"を誕生させましょう。

スリング使い方 こんなコツが!

スリング使い方としては、家庭用としては赤ちゃんを抱いたり背負ったりする場合が最も多いことです。本来のスリングでは、吊り下げたりする紐の部分、あるいは身体などを広く包み込む部分、または両方を一体としての呼び方が含まれているものです。従って部分的なスリングの使い方そして全体的なスリングの使い方が、工夫次第でともにあるのは楽しいことです。赤ちゃんの体温や鼓動をも"実感"できることになります。


そして、抱き込む袋自体としてのスリング使い方、そして腰や背中への負担が少なくて平均的になるように考慮された紐状のスリング使い方も非常に大切なことです。つまり赤ちゃん用のスリングでは、身体を包み込むポーチ部分を中心として、日よけにも役立つテール部分などから構成されています。

スリングの手作りはとても楽しいことで、両親や家族みんなのスリング使い方を思いつつ、デザインから素材そして色合いなど自分の好みで手作りするか、上げる人の好みに合わせるか、楽しめるものとしてスリング使い方をも思うものです。

ロハス生活を心に画きつつ、手作りではとくに赤ちゃん用では肌触りの感触良いものが第一となるでしょう。また家庭でのペット用としてのスリング使い方もあげることができます。一般の家庭のほかでは、店舗などで大きい荷造り用にもナイロンのほかに丈夫な布地のスリング使い方がみられます。倉庫や工場あるいは建築工事の現場などでも吊り下げ用や資材類の運搬用にも、スリング使い方の実例がよくあります。

手作りスリングで赤ちゃんと外出を!

手作りスリングで赤ちゃんと一緒に外出したいと思いませんか?スリングにはメーカーが機能性とデザインを兼ね備えたステキなものがいっぱい市販されていますが、かわいい赤ちゃんのために手作りスリングに挑戦してみませんか?スリングの作り方、スリングの使い方についてはネットや本などでいつでも参考にすることができます。オリジナルのスリングを作ってちょっと差をつけちゃいましょう。


手作りスリングを作るには何といっても生地選びが大事です。色々な生地で作られたスリングが市販されていますが、長持ちする生地でなければ意味がありません。スリング生地を選ぶ時には手芸店を思い浮かべますが、中には手作りスリングの生地には不向きな生地を勧められる場合もあるようです。

スリング作りに適した生地を使うのがポイントです。では手作りスリングに適した生地とはどんなものでしょうか。一番のオススメ生地は薄手の綿ですね。パッチワークをしている関係で、薄手の綿を使っていますが、織り糸が夫々しっかり織り込まれているので強度が想像以上にあります。

赤ちゃんをくるむスリングですから、生地にしっかりとした強度がないと手作りスリングに向いた生地とはいえません。手触りのよいダブルガーゼやリネン、インド綿などありますが、手触り、強度両方を兼ね備えた生地と言えば薄手の綿をお勧めします。

厚手の綿だと重さも増し、テールが引きにくくなることもあり、薄手の綿の方がいいですよ。手作りスリングは柄も個性的なものにしたいですよね。最近のパッチワーク用生地はカラフルなものが多いので、個性的な手作りスリングの生地としてもピッタリです。

スリングベルト どんな使い方が?

スリングベルトには、じつに多種多様の用途がみられます。一般の家庭用としての筆頭は赤ちゃん用、つまり背中に負ったり胸に抱きかかえたりする場合があげられます。赤ちゃんを扱うような時には、釣り紐の働きをする部分がスリングベルトに相当します。

つまりベビースリングの使い方の一例で、素材やサイズそして色合いなどを自分で選んで手作りのスリングベルトが誕生させることができます。さらには、最近急増している家庭内でのペットスリングで、可愛いワンチャンやニャンチャンを抱っこしている例もよく見かけます。


書籍やネットサーフインでも楽しくスリングベルトの家庭内のものを存分に楽しめます。一方一般の家庭の外では工場や倉庫などでのスリングベルトの用途はとてもたくさんあります。非常に強度の高い素材が使用されており、麻のような硬い布あるいは化学繊維から作られており、湿気や少々の油類にも高い耐用性をそなえたスリングベルトです。

このスリングベルト自体は専門の工場で製造されているものが大半で、家庭での手作りは一般には困難とされています。その屋外でのスリングベルトの活用例としては、重量物の釣り上げと移動用として一般の工場のほかに、港湾施設や山林での大きい樹木そして牧場などでもスリングベルトを使用する対象となっています。安全のための強度の規格などが、とくにスリングベルトに適用されているものもたくさんあります。

ナイロンスリング 強度が魅力!

ナイロンスリングは、布地とはまったく異なる化学繊維によるスリングの一種です。とくにその強さをフルに活かしたスリングであり、ナイロンスリングの糸には超高力のナイロンが使用されています。化学つまりケミカル製品ですからら"軽くても強い"ということが最大の特徴です。


ナイロンスリングには、家庭用として赤ちゃん用あるいは大人用として多種のナイロンスリングがみられます。
このナイロンはアメリカで開発された合成繊維の商品名でしたが、一般化して世界的に素材名のように使用されています。街で見かけるレストランで働く人もナイロンスリングを使用しています。

化学繊維の特徴でもある薬剤での水洗は、特殊な強力な洗剤以外でしたら家庭用に対しても強いことは大きい特徴です。さらに工場で働く人あるいは建築現場などでの吊り下げ作業用のロープの働きをする例もあります。そして家庭用のペット類へも使用されることもありますが、強い犬では噛み切ることができますので、ナイロンスリットでの注意点となります。

化学工場あるいは専門の靴工場さらには繊維工場などでナイロンスリングは製造されており、工場や倉庫などでの吊り下げ用や機械のベルトなどとして、とくに高い強度のナイロンスリングがよく使用されています。家庭用品として手作りするのは一般的には困難とされています。