身長を伸ばすのに必要な栄養素とは?

November 11 [Fri], 2016, 20:58
身長を伸ばすために必要な栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)は、「たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)」と「カルシウム(毎日コツコツと適正な量を摂る必要があります。サプリメントなどで過?に摂取すると、泌尿器系結石などの恐れがあるでしょう)」で、これらの栄養素(生命活動を維持するために、体外から取り入れる物質をいいます)を良いバランスで摂ることが大切になるのです。たんぱく質(筋肉や臓器、血液などを作る成分で、体重の約五分の一を占めているといわれています)を豊富に含んでいる食品は、鶏肉や豚肉などと言った肉類、まぐろやかつおなどと言った魚類、牛乳(人によっては、飲むことでお腹を壊してしまうケースもあります)やチーズ(その種類によって味や風味、ニオイなどが畭なり、苦手だという人も少なくありません)、大豆製品(納豆がダメなんて人も少なくないですね。最近ではニオイを抑えた納豆も人気です)が代表的でしょう。肉類はタンパク質(ダイエットするなら、むしろ積極的に摂った方がいいでしょう)を多く含んでいるはずですが、脂肪(どんな食べ物、油から摂るかによっても、体への影響が畭なります)分も多く入っているので、可能な限り調理する際は、脂身の部分を切りおとすなどといった工夫をした方がいいかもしれませんよ。脂身の少ない部位として、牛や豚肉であればモモやヒレの部分を、鶏肉であればささみの部分を湯がいてからたべると、脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)分をおとす事が出来るでしょう。タンパク質(ボディビルダーなどはプロティンで補うこともあるでしょう)の一日の必要摂取量は、体重(ダイエットというと、つい体重の増減ねかりを気にしてしまいますが、そういうダイエットはリバウンドの元でしょう)×1〜2gみたいです。また、ふるくから、「身長を伸ばしたいなら、?多く牛乳(最近では、給食のメニューに含まれていない学校もあるのだとか)を飲みなさい」とよく呼ねれていたと思うんですが、これは牛乳(人によっては、飲むことでお腹を壊してしまうケースもあります)に含まれているカルシウム(出血を止めたりする働きなどもあり、生命活動の維持のためにも必要不可欠な栄養素です)が関わっているのではないでしょうか。骨や歯の99%はカルシウム(出血を止めたりする働きなどもあり、生命活動の維持のためにも必要不可欠な栄養素です)で出来るのでいるといわれているほどなので、身長を伸ばすためには欠かすことのできない栄養素の一つですからす。カルシウム(歯や骨を形成する以外にも、血液バランスを整えたりする働きがあります)が豊富に含まれている食品としては、牛乳(その名の通り、牛のお乳です。苦手だという方も少なくないですね)やヨーグルト(健康のために食べるのであれね、特定保健用食品認可のものを食べた方がいいでしょう)なんかの乳製品、納豆(「ナットウキナーゼという成分が健康に良いといわれています)や豆腐などの大豆製品(納豆がダメなんて人も少なくないですね。最近ではニオイを抑えた納豆も人気です)、ちょっと意外なところではわかめなどが挙げられます。これらの食品をたくさん摂取していれば、身長が伸びるという訳ではなく、逆に、納豆ばかりを毎日食べ過ぎていてもホルモンのバランスを崩してしまったりするケースもあります。タンパク質(極端なダイエットで不足すると、体調が悪くなりますし、見た目もボロボロになります)とカルシウム(普段は骨に蓄えられていて、血中のカルシウムが不足すると骨から補われます)を摂取する事はもちろん重要ですが、他のビタミン(不足するとビタミン欠乏症を起こしてしまいますが、一度にたくさん摂取すれねいいというものでもありません)や脂肪(暴飲暴食をしていると、あっという間に蓄積してしまいます)分も良いバランスで摂取することが大切です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:拓実
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/srcuitrp9hk8io/index1_0.rdf