中條が中尾朋宏

September 04 [Sun], 2016, 23:02
育毛に良いとされる食べ物はたくさんあります。たとえば、コンブ、ワカメといった海藻類。毛髪のタンパク源となる大豆、色素などの元となる緑黄色野菜、あの色艶からか、青魚も育毛に良いとされてきました。血のめぐりを良くするためには、唐辛子も育毛に毛を増やす食べ物といわれています。どれも古くから食べられてきたものです。たくさん食べたから毛が生えるというものではなく、栄養バランスを考えて、毎日いろいろなものを食べるように日々考えていってください。偏った食生活は、抜け毛を増えてしまったら大変です。
髪を毛を元気にする方法として、頭皮マッサージをしてみるのがよいでしょう。指圧によって、頭皮の血の巡りが良くなると、髪の毛が元気になる栄養成分が吸収されやすくなります。頭皮を傷つけないために、短く爪を切ってから指の腹を頭皮に当てて、優しく動かしてみましょう。頭皮のことを大事にしないやり方では、逆効果なので、あらかじめ、注意しておくことが大切です。
東洋医学においてツボは重要な役割を担っていますが、その中に、育毛促進に効き目のあるというツボがあります。頭皮のケアをする時、一緒に、そのようなツボを刺激するのも一つの方法です。ただし、ツボをマッサージしたとしてもすぐさま分かるような効き目が現れるのかというと、そうではありません。発毛促進効果が、そんなにすぐに見られるなら、薄毛の人々の悩みなんてあるはずないです。
亜鉛は健康な髪にとって必要な栄養です。育毛に必要だからと言って亜鉛を食べ物から摂取したいところですが、体内吸収の割合が低いため、比較的困難でしょう。亜鉛を含むものを食べることはもちろんですが、体への亜鉛の吸収を妨害する食べ物などは食事から除く必要があります。髪のことを考えるのであれば、サプリでの亜鉛摂取は手軽で、確実です。
育毛と言えば近年では薬を使用する方も増加しています。薬の中には育毛効果がうたわれていものがありますが、だいたい見かけるのは飲むタイプと塗るタイプですが、どちらにしろ副作用というリスクを抱えています。コスト面を重視しすぎ、お医者さんの処方という段階を飛ばして、個人輸入に走ってしまうと、偽物が届いてしまうことも決して少なくはないのです。
薄毛や抜け毛で相談に来られる方のなかには、体質的なものではなく、栄養の偏りが原因になっているパターンも少なくありません。栄養素が不足していると毛髪のツヤやハリが失われるだけでなくフケが出る地肌トラブルや、抜け毛などの発生を防げません。昼食が外食中心であったり、外での飲食のおつきあいが多い方、パンだけで済ませる方、レトルト食品やスナック菓子が好きな方など、外食を断る必要まではないですが、自分でできる範囲の食習慣の改善はたいせつでしょう。髪と肌のターンオーバーに必要な栄養をちゃんととって、体本来のリズムを取り戻していきましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuu
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる