新宿 

2005年05月25日(水) 22時28分
約1ヶ月強の地方生活を経て、東京に戻ってから3日目。
東京から離れるに当たって、バイトを辞めてしまったので、新たな職を探す。

そんな訳で、新宿にバイトの面接にゆく。
以前のバイト経験が活かされ、数分で採用に。
というか、派遣登録なので、よほどのことが無い限り落ちることは無いらしい。
それでも、職歴をみて派遣会社の人は即OKを出してくれたので、真面目に働いていた(?)日々が報われた。

さて、約1ヶ月ぶりの新宿である。

富山・静岡のかなり山間にいた為、いきなり新宿という大都会に来たら気後れするのではと心配していたが、全くそんなことはなく。
あっさり、受け入れられてしまっている自分。
超高層ビル群(「超」って新宿駅に表示してあった)に懐かしさすら思える。
むしろ、ちょっとした安心感すら覚えている。

いや、確かに出勤時間の混雑具合とか、夏の炎天下の都心はとても嫌いですよ?
しかし、5月のさわやかな風(主にビル風だが)が通り抜ける午後のオフィス街はそれなりに素敵だと思うのです。
こんなことを云っていると、おそらく北の国出身の御方に白い目でみられそうだが。
とりあえず、自分にとってはこれが原風景のひとつであるのだろうし、ここがまだ必要な場所なのだと思った。

帰京。 

2005年05月24日(火) 17時15分
2月中旬から全くもって進まなかったこのブログ。
まあ、あまり見ている人もいないのだから、いいかと思いつつ。
また、全部上げ直そうかとも思いつつ、とりあえず再開してみようと、思いつつ。

4月中旬から続いた長い長い旅は、気がつけばあっという間に終ってしまいました。
長いのに短い。変な感じだ。
色々あったけれど、いい体験でした。

前に何かで読んだのだろうけれど、つらい時って、「トンネルに似ている」。
渦中に居る時は、暗い暗い中で出口が見えなくて絶望的になる。
それでも、一歩一歩進んでいけば、必ず出口にたどり着く、のだそうだ。

まあ、出た先に何が待っているのかは、誰にも分からないのだけれど。
それでも、トンネルを抜けた先に、晴天が待っていることを願いたい。


奈良 

2005年02月21日(月) 23時25分


立て続けに大仏です。
奈良の大仏さん。
正面より、この斜め下から見上げたお顔が好きです。

かまくら。 

2005年02月20日(日) 12時13分


鎌倉の大仏さんです。

20円か30円ぐらいで、頭の中に入れます。
内側からも頭のツブツブを確認できます。
ちょっとしたアトラクション気分で行ってしまいましたが、罰当たりですね。

若草物語。 

2005年02月20日(日) 11時55分
三条会の新作『若草物語』を観劇(@西千葉)。

素敵な姐さん、兄さん方の劇団です。
あの身体能力と声が欲しいです。うらやましい。
この度、千葉市の『千葉市芸術文化新人賞』を受賞されたとのこと。
おめでとうございます。
我らも負けずに劣らずに、いい芝居を創ってゆきたいと思います。


しかし、山の手三村さんのぼーず頭には驚愕しました。あぁ。

Angkor-Wat (West) 

2005年02月18日(金) 15時54分


西側を背にしたアンコールワット。
つまりは、裏側。



生茂る杜の中からアンコール遺跡群を発見した、
アンリ・ムオの気分が少し味わえます。

旗。 

2005年02月17日(木) 22時14分
カンボジア王国の国旗。
中央にアンコールワットを据えています。


青空によく映えるのです。

雨の新宿 

2005年02月16日(水) 23時41分


久しぶりに東京に雨が降りました。
雨の日は歩きにくいですが、ひかりの反射がいつも以上に拡散して、
東京がきれいに見えたりします。

\189- 

2005年02月15日(火) 23時05分


調整豆乳:\84-
ぶどうぱん:\105-
しめて\189-
稽古前にはコレにかぎります。priceless。

ザ・スタア 

2005年02月15日(火) 23時00分

新宿のインテリアショップにて購入。
手のひらサイズですが、結構明るいです。
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sras-srang
読者になる
Yapme!一覧
読者になる