リフォーム費用

July 29 [Mon], 2013, 9:20
中古一戸建て住宅の購入を確認するのであれば、一緒に知っておかないとなら無いのがリフォーム工事に関してと言われています。



新築の住宅でもいつかは傷んでくる箇所が絶対出てくるのですから、中古新居となったら当然このような時期は早く成ります。



購入と一緒に、ある程度のリフォームをと意見ています人も少なくなことでしょう。



そのことで、今回は一戸建て住宅の事態に掛かる、リフォーム工事の目安相場所を披露していこうと思っている。



各リフォーム工事の目安相場所



トイレ・バスルーム・キッチン等、水廻りにかんするリフォーム



ユニットバスの浴槽を交換している・・・約70万円〜



交換しているユニットバスののような人にもよりますけど、平均的には70万円〜80万円ほどで収まる場合が多いと言われています。ユニットバス自体は40万円〜有りますけど、取り替え工事価格として30万円ほど掛かります。



バスルーム総合をリフォームしている・・・約120万円〜



タイル張り等、古いのような人のバスルームをユニットバスに交換しているには、配管工事や土台ゾーンの補強等多少手間が掛かりますので、浴槽交換+50万円ほど見ておくのがよことでしょう。



給湯器を交換している・・・約20万円〜



給湯器等、住宅設備機器の寿命は15年〜20年と言われている。購入している中古住宅が築15年以上過程する事態は、給湯器の交換も確認した方が良ことでしょう。



トイレを温水洗浄便座へ交換している・・・約2万円〜・約20万円〜



2万円というようなのは、既存の洋式便器に温水洗浄便座を取り付けるのような人で、個人でも取りつけ可能と言われています。便器総合の交換を要望している事態には、20万円〜と意見ておきませんか。



汲み取り式トイレを水洗トイレに交換している・・・約80万円〜



汲み取り式のトイレを水洗トイレに変更しているには、3つの手段があります。一番安いのが簡易水洗というようなのような人と言われています。また、浄化槽設置と下水道引き込みがあります。簡易水洗であれば20万円〜でも可能ですから、平均的に多い浄化槽設置で80万円〜と成りますけど、各自治体で補助金が出ているので発見して下さい。



仕組みキッチンを交換している・・・約50万円〜



今利用するキッチンをこのままのロケーションで新規キッチンに交換している事態は、大幅な配管工事等も必須有りませんので、50万円(キッチン30万円・工事費20万円)ほどで済むとおもいます。



対面式の仕組みキッチンに交換している・・・約80万円〜



壁面式の仕組みキッチンを対面式キッチンへと交換しているには、給排水の配管工事・設置ロケーションの床材補強等、大幅な設置工事が必須と成ります。



外壁・クロスの張り替え等、内外装・設備にかんするリフォーム



畳の交換している・・・約4000円/1畳



以上のコストは、畳に表替えとしての概算価格と言われています。畳を一切新規物に新調している事態には、国産畳で10000〜/1畳くらいの予算で意見ておけばよことでしょう。



和室を洋室にリフォームしている・・・約70万円〜/8畳



8畳ほどの和室を洋室にリフォームしているには、畳をフローリングに交換しているのに約30万円、壁や天井の張り替えるのに約20万円、押入れをクローゼットに変更しているのに約15万円、入口をふすまからドアに変更しているのに約5万円程度と成ります。



壁紙を交換している・・・約7万円/8畳



あのコストは、あく迄も1部屋のお金と言われています。一戸建て住宅総合の壁紙を交換している事態には、各部屋・リビング・キッチン・トイレ等を含めると50万円〜と意見ておくのが良ことでしょう。利用している壁紙にもよりますけど、5000円/1uくらいの計算に成ります。



床暖房を設置している・・・約35万円〜



床暖房仕組みには、電気式と温水式ののような人があります。平均的に安価で設置出来るのは電気式なのですから、ここんとあの主流は温水式になりつつあります。電気式であれば12畳程度のリビングで約35万円〜、温水式であれば同じ12畳程度のリビングでも約70万円〜と成りますので2倍の価格が掛かります。



外壁の塗り替えをしている・・・約70万円〜



戸建ての大きさや塗装の工程等にもよりますけど、平均的に35坪の一戸建て住宅を2度塗りで再塗装した事態、70万円ほどの価格が掛かります。



屋根の葺き替えをしている・・・約60万円〜



屋根の補修程度であれば、10万円〜でも可能ですから、葺き替えを行なう事態には利用している屋根材にもよりますけど、最悪でも60万円程度の価格を見込んでおく必須があります。



シロアリ対処(防蟻処理)・・・約15万円



防腐・防蟻処理のインパクトは5年〜10年程度と言われています。だから、5年〜10年おきに再処理をしている必須があります。再処理の価格は住宅の大きさにもよりますけど、建坪が20坪の住宅では15万円ほどの価格が掛かります。



耐震補強・基礎補強等、構造にかんするリフォーム



独立した2つの部屋を1部屋に変更している価格・・・約40万円〜



洋室と洋室の部屋を1部屋にしているのであれば、40万円〜でも可能だとおもいますけど、和室と洋室の部屋を、洋室の部屋に変更しているには、70万円〜程度の価格を計算しておくのが良ことでしょう。

掘り出し賃貸を探そう!

耐震補強をしている・・・約120万円



耐震補強といっても、各新居によっていろいろと言われています。平均的には筋交いを強化したり、補強金物等を利用しましょう。安い事態でしょうと50万円ほどで可能ですから、耐震補強を行った世帯の意見では目安120万円というようなのが何はさておき多かった回答です。



基礎ゾーンを補強している・・・約40万円〜



耐震補強等と一緒に行なわれる場合が多いのですから、基礎ゾーンの補強を単体で行った事態でしょうと、約40万円〜というような計算をしておくのが良ことでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いちろー
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sqxg97en/index1_0.rdf