夏の体験

October 28 [Wed], 2015, 23:29
最近子どもの作品率が高いですなぁ。
でもてづくりの blog なのでてづくりの話題なら何でもいいのです。ということにしておく。

1つは夏休みに軽井沢のあるお店で作った革製品。
型押しというやつです。
上の子はパスケース、下の子はキーホルダー。
パスケースには名前を入れていて写真撮られるのは嫌とのことなので、
キーホルダーだけね。



下の子はさすがにトンカチを持ったことはなく、
初めは危なっかしかったですが、徐々に慣れてきました。
練習にはいい素材だったかもね。ランドセルに付けてます。


もう1つは、中3が修学旅行先で作ってきた扇子。
京扇子と言うそうですよ。
先日出来上がって届きました。
お香が焚き染めてあるのか、香木を使っているのか...
とーーってもいい香りです。



見本の題材がたくさんあって、中から選んで絵を描くらしいです。
水彩のコツなど教えてくれたそうです。
でも骨とか組み上げるのは教えてくれた先生たちで、
生徒は絵を描くだけとか。
素敵な思い出になったねぇ。

自分が修学旅行で京都行った時何したっけな?
貸自転車のかごに班の皆お揃いで買った風車挿して、
かっ飛ばした思い出しか。 笑
あとお化粧直ししたばっかりの金ピカの金閣寺とか。
風情を愛でるとか全然考えてなかった気が。


外ポケット作ったよ

April 28 [Tue], 2015, 12:31
数か月ぶりのこんにちは。
次女が小学校に入学し、毎日バタバタと慌ただしく過ごしています。でもみんな元気です。


2月の学校説明会でどんなものが必要か説明があったのに、入学式が終わっても作り物が終わっていなかったいまごん、いつもながら困ったもんです。汗汗

給食時に使うランチョンマットは、昨年買ってきた綿の端切れで 5枚作りました。洗濯しやすい、乾きやすいように、裏地もない 1枚布を三つ折り端処理しただけのもの。毎日学校に持っていくのにかさばらないし柄がカワイイからいいんだい。

防災頭巾カバーも縫おうかと思っていたけど時間的に挫折。指定のビニール製のものを買いました。

図書袋という(幼稚園なんかでは使っていたこともあるみたい)、どうやら手提げでマチの無いものを言うみたいなんだけど、これもあるといいですね、という学校の先生。材料はあるけどまだ作ってません。家にある市販のレッスンバッグが禁止されたキャラものだけどマチもあるので迷っている感じ。もしかして道具箱が入るサイズにした方が、いろいろ便利なのではないかとも思ったり。でもマチはかさばるしなぁ。まだ迷ってます。

ポケットの無い洋服の時にハンカチやちり紙を入れておける外ポケットも、学校説明会でこういうのがあるといいですね、なんて言われて。(姉ちゃんの代には無かった) (移動ポケットとも言われているらしい) いろいろ調べると、某フェリ○モとか有名なんだそうで。市販でもキットでも800円とか1000円とかして、しかもモコモコかさばっているように見えて、いまごんの趣味ではない... (ここでは子どもの意見は全く聞く気なし 笑)

mixi ではお友達にママさんが多いので、つぶやいたら、いくつか紹介してくれて、とっても参考になりました。ありがとー

フタ付のティッシュケース
ハンカチも入れられる。ハンカチと一緒にポケットティッシュが出ちゃうということもなく、普通にカバンに入れて使うこともできて汎用性高し。

横向きフタ付ポケット
ポケットとしていろいろ入りそう。小さいポシェットみたいな可愛さ。

手作り系ブログなどをはしごして、どういうのが使いやすいかなぁとずっと考えてて。
フタにマジックテープはハンカチ使いたいとき大変そうだなぁ、マグネットボタン、スナップボタン、くるみボタン、普通のボタン... スカートに留めるのも、よくあるクリップ、安全ピン、ボタン...
逆上がりをして物が落ちるのも防ぎたいけど、お手洗いでハンカチ出すのに手間がかかるのは避けたいなぁ〜


.......


......で、考えすぎて、突き抜けちゃいました。笑

普通のポケットにしよう。ジーンズとかズボンのポケットを外に出したようなやつ。
(えっ、着地点そこ?! みたいな... 苦笑 あまのじゃくかも)

斜めの口で袋状になっていて、ちょっとミシンをかけて口を少しだけ狭くすれば、ハンカチやティッシュくらいならフタがなくても落ちないよね。手も入れやすいし、フタが無ければハンカチはさっと取り出せるし、となると縦型だな。

クリップは鉄棒の時にぶらーんとなりそうで最後まで迷って、ボタン留めなら少し解消されるけど、どの洋服にもボタンを付けないといけない... (で、結局ボタンもクリップも買ってきて在庫が増える...) ということで、ボタンホールを縫って、そこにクリップを通すことにしました。なのでボタンにしたくなっても対応可能w 接着芯を持っていなくて、ボタンホールとポケットの口用に布一枚余分に挟んで縫い、さらに三つ折り端処理で厚くなった部分にクリップを通すことで引っ張りにも耐えるよう補強を考えました。

学校で走り回ることを考えると、かさばるのがどうしても気になったので、入れる物に合わせてマチが広がる 「折りまち」を採用。これなら何も入れない時はペチャンコになるよね♪
折りまちについてはNUNOTOIRO さん説明が解りやすかったです。
参考にさせて頂いたいろいろなサイトさんにお礼申し上げます。

あとは、ポケットティッシュの大きさを参考に寸法を決めました。マチは 3cm くらいにしたと思う。
で、こんな感じ。



布は普通に手芸屋さんで昔端切れを購入してあったもの。50cm*50cm で 350円くらい? クリップは200円くらいかな? 忘れた...。可愛くて飽きなくて水玉の色がいろいろなので、様々な色の服に対応。(笑)

次女にとっては、作ってもらったという事実が嬉しいみたいで、外ポケットいらない日でもほぼ毎日使ってます。手を入れながら歩いていたりとか... しめしめポケットとして違和感無いなら願ったりですよ。

ただ、フタ欲しいなぁって(お友達のがみんなそうだから)一言あったので、次に洗い替えを作るときは横型フタ有りで作ってみるかなぁ... (あれ、振り出しに戻る?!) どうしようかなー。同じ縦型でももっと縫製を上手にしてみたいとか、黒っぽい服に合う色でもう1つ作りたい気持ちもあったり。さらに、次女は全然ティッシュを入れていない... ランドセルの中と道具箱の中にあってポケットに入れる習慣が付いていない... (かさばるのが嫌なのか?) ならティッシュに合わせた大きさじゃなくてもよくて、もっとコンパクトにできるかも?

...そんなに気合い入れなくてもいいのかもしれないけど、さすがに寸法はどこかにメモっておかないとなぁ。(今あるのは裏紙に試行錯誤した鉛筆の書きなぐりだけw)


まぁ本人にとって、使いたくない! ってことにはならなくて安心しました。
(今のところ思いついていないみたいだけど、家のカギそこに入れたら落ちちゃうからやめてねー)

リリアン編みでマフラー

January 27 [Tue], 2015, 13:08

年長さんも終わりに差し掛かった下娘が、クラスで取り組んだ編み物です。

このブログ開始当初には生まれていなかった下の子。彼女が作ったものをココに載せることができる日が来るとはねぇ...。(以前ビーズを通した首飾りは載せたけど、今日のはもろ手作り感ありで感慨深いわ)





ガムテープの芯に割り箸か何かを8本くらい付けた編み器を使い、リリアン編みに挑戦した年長さん達。
あまり自分が器用ではないことを自覚している下娘は、初めのうちは「家でやる!!」と言って保育園で取り組もうとはしなかったのです。でも先生が計画したことだったし、できればお友達と園で挑戦して欲しかったし、家で編み器を作ることができなかったので、家では別の毛糸で指編みの鎖編みに挑戦し、何とかあやとりを完成しました。鎖編みって左手で毛糸を抑えておかないと好きな大きさの鎖にならないのだけど、そのあたりはまだ手を添えてやる必要がありそうで課題が残るかなぁ。でも出来上がったあやとりで4段梯子を教えてあげて、何度か間違えながら完成したときは嬉しそうでした。

まぁその甲斐があって、ある日明日マフラー編む、と先生と決めて帰って来て、翌日の朝から張り切って取り掛かり、途中少しだけ目が飛んでやりなおしたこともあったそうですが、編み方を習得してからは鼻歌まじりで、自由時間の全てを使って夕方までに一本仕上げてしまったそうです。
ポンポンは、先生が作ってくれました。

その日はもういろんな人に見せたくて見せたくて仕方がないみたいでね。
本人のやる気を誘うために、可愛い色の毛糸をわざわざ買いに行ってよかったです。
(最近は毛糸玉に並太とか極太とか書いてないのね、太さの違いがよくわからなかった)

この毛糸を買うときに、かぎ針編みをやってみたいという上娘にアクリルたわし(モチーフ編みみたいなやつ)のキットも一緒に買ってきたのだけど、部屋に放ってあるよ。いつやるんだろう。笑


端切れを買ってきた!!

November 26 [Wed], 2014, 12:37
1年ぶりの更新で、ずっと紅葉のままだったスキンがそのまま似合う季節になっちゃいました... ははは。もう笑うしかないわー。こちらではご無沙汰しております。毎日が矢のように過ぎていきますが、なんとか元気にやっております。はい。

今回 約3年半ぶりの出張で米国はサンフランシスコへ行ってまいりました。
以前米国在住だった知人が可愛らしいコットンの端切れを沢山買って帰ってきていたのを見て、本場(?) のクラフトショップへ行ってみたい、とずっと思っていたんですね。足もなくて前回は行けなかったのをちょっと悔いていたので、今回は我儘を許してもらい、1時間程、町の手芸屋さんの店内をプラプラしてきました。クリスマス前とあってそれ系の飾りなどがいっぱい! アメリカらしいキラキラ! な店内でした。
(連れて行ってくれた Iさんに感謝。事前に道順を調べたりしていてくれたんです)

大量のスタンプとか造花の材料とか、大きな幅のリボンの山とか、ステンシル系の道具とか、型紙のようなものとか、日本には無さそうなでっかい大量の毛糸玉とか、いろんなものがありましたよ。

娘その1 に刺繍のキットをいくつか買って、娘その2 には着せ替え人形シールセットを買って、いざ自分の趣味に走って端切れワゴンへ。(おかしいな、私は布ラーではないという意識なんですよ。諸先輩方がすごすぎて 笑)

いやー、迷っちゃうよねー 可愛くて。
本当は自分自身ではアメリカンコットンなのかどうかの判断は全然つかないのだけど、北欧系のモダンなファブリックとは違う感じなのを選んで、もうそれこそ感覚で、3年越しの来店、次いつ来れるかわからないというのも手伝って、殆ど手当り次第(これでも欲求をセーブしたのよーーぅ) にゲットしたのがこちら。



だいたい 1枚 3ドル弱くらい。円安だから全然安くない?
でも念願叶って超嬉しい今日この頃なのです。


これらが何かのチクチクの材料になるのはいつのことになるやら...


小さいおりがみ

October 10 [Thu], 2013, 12:31
夕方西の空に、月と金星と土星と水星 が集まるとかいう日が知らないうちに過ぎてしまって凹んでいるいまごんです。こんにちは。

月だけ外せばまだ見られるよね... と思って今更毎日天気を確認しながらドキドキしています。(天文雑誌も旦那が毎月買ってくるのに、身を入れて読んでいない証拠だな...) 家の隣の敷地がずっと雑木林だったのが、この冬全て宅地に変わるために今ちょうど、更地なんですね。南から西にかけてだだっ広い状態で空を見渡せるのがあと1ヶ月あるかないかだと思うと、天文ショーもいつもと違って見えます。
いや、それよりも水星が沈む前に仕事を終わらせないと見えないよね、ということの方が重要かも。笑

前置きが長くなりました....


中間試験も終わり、勉強した教科としない教科の差が激しかった長女。勉強は嫌いと公言する彼女ですが、親が何も言わなくてもやり始めるのが、実は

「鶴を折ること」

であります。それも、紙が小さければ小さい程、燃えるらしい。
割り箸入れの袋などでよく折ってます。

本人は覚えてませんが、まだ小学校にあがらない頃に親指の先程の鶴を折って親や先生を驚かせたこともあります。(写真撮った筈なんだけど出てこない)

最近は鶴の羽の部分を千切らないで、連鶴を折ることにはまっています。

下の写真の鶴は昨日撮ったもの。
三連で、普通の大きさの折り紙を 3×3 の 9等分にした大きさで折ってます。それを見た旦那が、「小さな手裏剣も折れる?」と尋ねたところから、奴さんと袴と手裏剣で忍者を作ろう、という話になり、このようになった次第。





なかなかそれっぽいのではないでしょうか。

さらに鶴を円形に、羽の先を千切らないで折るというのにチャレンジしています。いつかできればいいけどな。

my 簪 (かんざし)

August 04 [Sun], 2013, 11:59
東北も梅雨が明けたそうですね! 夏本番、毎週のように夏祭りやら花火やらで、街行く人も浴衣率の高い今日この頃。皆様如何お過ごしでしょうか。猛暑とかゲリラ豪雨とか、水の事故とか、どうか気をつけて夏をお過ごしくださいね。

さて、ムギ畑 つながりで知ったクリエイターの皆様、フラーレン の展示会があって、1つのワークショップが夏らしい小物系で、ちょうど地元の盆踊りの日だったので行ってきました〜

「夏の簪づくりワークショップ」

古巣つつじヶ丘のお隣、柴崎にオープンしたカフェ Warehouse Garden さんのギャラリースペースです。ケーキ美味しかったです 機会があればランチも頂きたいと思いました。いまごん! と複数のお方にお声も掛けて頂き、恐縮でございました。m(_ _)m 皆様ありがとうございました。

京王線にしばらく乗らないうちに、特急が分倍河原や北野に停まるようになってたり、調布近辺が地下鉄の駅みたいになっていたりして浦島太郎状態だった中で、柴崎、落ち着くわーーー!

今日は下娘を置いて来れなかったので、私は体験できず、泣、またもや上娘の作品になりますが... (このブログ大丈夫かしら) でも今まではテグスにビーズを通して云々しか経験したことのない娘が、 Tピンやら鎖やら、ワイヤーワークを頑張っておりました。石とかキラキラ大好きだし、盆踊りも浴衣も大好きな娘なので、もうホントにちょうどいい体験をさせて頂きました!

可愛らしい塗り箸に予め金具が取り付けられていて、そこに鎖と石系のビーズをゆらゆら下げる感じです。1つの鎖に 2つ石を付けたりして難しいのを頑張っていました。

慌ててておだんご頭は上手ではありませんが、
実際に夜に簪をさした写真がこれ。



うーん、うまく撮れないなぁ... と思って室内で撮ったのがこちら。



むむ、これもいまいち。で、拡大してみたのがこちら。



あれ、白地の上に置いた方が綺麗だったかも....
キラキラ感が伝わらないですね。
でもこれ以外ないのでアップしちゃいます。


盆踊りは、踊るより食べる飲む喋るに終始しましたが、夜中まで楽しませて頂きました。


ちなみに娘はお友達に、「その簪、取って武器にするの??」って聞かれたらしいです。わはは。それくらい、強くかっこよくなってくれたら嬉しいけどねぇ。


いまごんは、まだ浴衣を解禁できないなぁ... 全部で3枚、袖通していないのがそのうち2枚もあるのに... 来年は上娘に取られるかな。汗汗
もうちょっと痩せたいと思う今年の夏でございます。

今度はガラス(グラス?)エッチング

May 13 [Mon], 2013, 8:04

こんにちは。GW中に 40になったいまごんです。
三十路です、と書かれた自分のサイトとかネット上の情報を書き換えないと... と思いつつもう 5月も半ばになって、日差しが強くなってきましたな。皆様如何お過ごしでしょうか。

GW に伊豆にいたとき、ぐらんばる公園もシャボテン公園も大室山も長蛇の列でどうにも身動きできなかったので、急遽体験工房行きに鞍替え(笑) 今回はエッチングというものを試してきました。

市販のグラスとかガラス製のタッパーの側面などに、ダイヤモンドの粉のついたペン先を付けた電動ペン(歯医者にある電動のあれを想像してもらうと解りやすいかも... でもホームセンターでも売ってるんだって) で表面を削って、一部だけすりガラス的にして絵や字を書いていくクラフトです。

今回は下の子をばあばにお守りしてもらい、親子3人で初めて一緒に体験できました。

紙に下書きみたいなのをして(図案もあります。カリグラフィー的なのとか) ガラスに写して、まずは別の練習用グラスで基本を教わって、本番を描いていきます。自分に描けそうな単純な絵柄で、自分が使いたいと思うようなシンプルな絵柄を選びました。あとはアレンジ。鳥の目も難しそうなので却下したし。笑



鳥と花のついた枝とクローバー。

上の子は幸福を呼ぶフクロウとクローバー。漢字も頑張って書きました。



フクロウの図柄がネガとポジで分けてて面白い。
陰陽にも通じる気がする。

バッタ(旦那) はシーサー。
すげー細かいが、図案があったからちゃんとシーサーに見えてるよ〜。
他は日付とかフクロウとか。
シーサーで力尽きてフクロウはいまごんがバトンタッチしました。



示し合わせた訳ではないけど、
皆魔よけとか幸運をキーワードにしていたのが面白いね。
いい思い出になりました。

桜のリボン

March 25 [Mon], 2013, 7:01

今日卒業式を迎える長女に、髪リボンを作りました。
フェルティングニードルで桜の花を作り、
鎖編みをしたモヘアに縫い付けたもの。
細い革紐と一緒に、リボン結びする予定。
幸運を願うクローバーのチャーム付w

ほぼ初心者なので不揃いなのはご愛嬌...
っていうか桜の花びらとは似つかない形ですが、
そこは作っているうちに愛着が沸いてくるものでして...笑





でもって、欲を出して、
私がつけるブローチもお揃いで作っちゃいました。
これはブローチ? コサージュと呼んではいけないもの?





どっちでもいいけど、
行き当たりばったりで作ったにしては、
どちらも可愛くできたと思います。


卒業、おめでとう。






当日の話は、てづくりとは別の話題なので、本館にて... しかしいつになるだろう...




すごいよ、これ。

December 21 [Fri], 2012, 6:41
お友達のリンクシェアで、とっても素敵なものを見つけてしまいました。

blog : 榮 - sakae - 簪作家
facebook ページ 簪作家 榮 - Kanzashi by Sakae -

アメリカンフラワーのかんざし!
色を和風に抑える、透明感を出す、均一に(液垂れとかなく)ディップする、簪に組み上げる、
どれをとっても類を見ない技術で半端ないです。
どうやって強度を出しているのか、どうやって蝶の色を出しているのか...
ほおずきとか(こういう袋物のやりかたは習ったけど)可愛すぎます。

また写真もプロの方に撮って頂いているようなので雰囲気も抜群です。
一度見てみて!!!

コンポストパーティ

November 11 [Sun], 2012, 22:32
今日は、長女が夏休みに参加した「ごみ埋め実験 土の循環を学ぼう」という地元の大学の公開半日講座のまとめの日でした。その大学の文化祭で、3ヶ月経った皆のコンポストを見せ合ったり、結果を考察しようという会です。

生ごみを腐葉土に混ぜたものと、生ではないごみを腐葉土に混ぜたものとあって、生ごみがどのようにして土に還るのか、分解されやすいものとされにくいものは何か、どんなことに気づいたか、といったことです。

右が生ごみ入り、左が生ではないごみ入りのもの。
ネギは繊維だけの網目状に、メロンの皮は茶色いペラペラに、卵の殻は残っているけれど長女に言わせると薄く、黄色くなっているそうです。



たくさんの日数を毎日観察する、記録を付けたり、現象を比較したり、ということはおそらく初めてのことだっただろうと思います。変化がなくてつまらなくなって、だけどある日コンポストの中に生き物をみつけて俄然やる気が出たというお子さんもいました。
人間とは勝手なもので、カビ1つとっても「うわぁ嫌だ勘弁して!」と思うのと「カビが生えてる〜♪」と今まで見えなかった生き物が目に見えた(いずれ肥料になると思って)喜びを思うのとでだいぶ違いますね。

長女は(園芸委員会のくせに)なんとなく土に触るのがおっかなびっくりで、スコップ持つのもへっぴり腰で、土の上で遊ぶ経験が絶対的に足りないんだなぁと私なんかは感じたのだけれど、だから観察もなんとなく消極的で、それでも最後までやることに意味があると思うから、「提出するの〜?」となしくずし的に無かったことにしようとする長女に発破をかけつつ、直前で(ある意味自己満足的に)提出しました。
そんな長女もじゃがいもが3ヶ月でカラカラの皮だけになっているのを見て、「微生物には好き嫌いがあるのかと思った」と観察の感想を表現していて面白いと思いました。
それだけでも、まとめをしに来てよかったと思いました。

今回は次女も連れて行ったのですが、作業の間は退屈して走り回っていたところ、スタッフのお姉さんが「ないしょだよ」と甘い蜜の味がするサルビアを 1つ取ってくれました。お姉さんの前ではモジモジして恥ずかしそうにしていたのに、お姉さんがいなくなったらブチブチ取り出すのでいまごんは青くなってしまいました。



大学のお庭はこんなふうに花がきれいに咲いていました。
山(丘)も、秋が確実に染めていました。
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
- Mail Form -

TITLE


MESSAGE

タネたち -Seeds-
Comments -Thanks !-
アイコン画像いまごん
» 外ポケット作ったよ (2015年04月30日)
アイコン画像まな
» 外ポケット作ったよ (2015年04月28日)
アイコン画像いまごん
» リリアン編みでマフラー (2015年04月28日)
アイコン画像piyoko
» リリアン編みでマフラー (2015年01月28日)
アイコン画像いまごん
» 端切れを買ってきた!! (2015年01月27日)
アイコン画像piyoko
» 端切れを買ってきた!! (2014年12月01日)
アイコン画像いまごん
» 小さいおりがみ (2013年10月16日)
アイコン画像piyoko
» 小さいおりがみ (2013年10月10日)
アイコン画像いまごん
» my 簪 (かんざし) (2013年08月13日)
アイコン画像piyoko
» my 簪 (かんざし) (2013年08月07日)
こうこく
-Profile-
Blog : お寺の和尚さんの... 手遊び唄でお馴染みのかぼちゃのタネから名前をつけました。「てづくり」 分野での私の成長を意識しています。いつか撒いたタネが芽をだすといいな。
Name : いまごん
About : ママさんエンジニア
四十路で 2女(13年2月と20年10月生)持ち。のんびりオオボケマイペース(delay が掛かっていると言われる)。たまにキツイことをボソッと口にするので、火を噴く怪獣の名に。
Favorites : 手工芸、特に造花。
ものづくり全般好きだが実際は全て入り口を掠めているだけのド素人。
その他は、食べること、飲むこと(果実酒/冷酒系)、お散歩、音楽鑑賞、星空観賞 etc.
http://yaplog.jp/squash/index1_0.rdf
-Site Links!-





仲間たち -Blog Links!-