転職するための活動は今の職に就いている間に行い転

May 16 [Wed], 2018, 16:18
転職するための活動は今の職に就いている間に行い、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。退職後の方が時間の余裕がありますし、すぐにでも働き始めることができますが、転職する先がなかなか決まらない可能性もあります。職の無い期間が半年を超えてしまうと、就職する先が決まりづらくなりますから、勢いで現在の仕事を辞めない方が良いでしょう。転職を思い立ってから、仕事をじっくり探すには、それなりの時間が掛かることでしょう。仕事しつつ、同時に次の仕事を探すとなると、転職のために割ける時間は多くは取ることはできないでしょう。そういう時、活用を考えてみてほしいのが転職支援サイトの利用です。転職サイトへ登録することにより、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも一緒に協力して転職先を考え、探してくれるでしょう。面接を行う時には、身だしなみには注意すべきことを忘れずにいましょう。清潔な印象のある装いで面接を受けるのが大切です。ドキドキするだろうと思いますが、模擬練習をしておき、面接の準備をしておいてください。面接の際、質問されることはたいてい決まっていますから、事前に、答えを想定しておくことが大事です。転職しようとする場合により有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士が良いとされます。これまで築いてきた経験を使った転職を行おうと考えている人にもオススメしたい資格なのです。社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関係の仕事で採用されやすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務関係の業種に強くアピールを行うことができます。どのような転職理由がいいかというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を書き出してください。思いつくままに説明する訳ではないので、嘘はつかずに紙に書き出しましょう。その次に、その内容をできるだけ暗くならないように表現の仕方を変えてみてください。長々と転職の理由が続くと言い訳しているように受け取られるので、なるべく短くなるように気をつけましょう。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/sqts3fuk0aiaee/index1_0.rdf