プリンスアイスワールド追加公演決定。ゲストに浅田真央が出演! / 2010年04月09日(金)
5月1日(土)から3日(月・祝)に新横浜スケートセンターで開催されるアイスショー『プリンスアイスワールド2010 横浜公演』の追加公演が決定した。追加公演は4日(火・祝)と5日(水・祝)。ゲストに先日の世界フィギュアで2年ぶりに優勝した浅田真央の出演が決定した。浅田のほかにも荒川静香や本田武史、八木沼純子らが出演する。チケットは4月4日(日)より一般発売開始。

浅田真央以外の出演者の写真

また、1日から3日に開催される本公演には、高橋大輔に加え鈴木明子の出演も新たに決定した。本公演のチケットは現在発売中。

出演者は以下のとおり

<5月1日〜3日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、高橋大輔、鈴木明子
<5月4日・5日>
八木沼純子withプリンスアイスワールドチーム、荒川静香、本田武史、太田由希奈、フィオナ・ザルドゥア&ドミトリー・スハノフ、浅田真央


【4月1日15時16分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100401-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 23:08/ この記事のURL
Twitter、新トップページのデザインを公開 〜 テストアップロードを実施 / 2010年04月09日(金)
 Twitterは9日、新しいトップページデザインをテストアップロードしたことを発表した。

【その他の画像、より大きな画像、詳細なデータ表など】

 サンプルの画像とともに同社の公式ブログであきらかにされた。Twitter内を流れる情報をさらに見やすくする新しいデザインをテストアップロードしたとのこと。同社では昨年からトップページ・デザインの変更を始めているが、今回の新デザインもその一環だという。新デザインは、さらにリアルタイム性が重視され、いまツイートしている人やツイートの内容、話題のテーマなどが一部表示される。アルゴリズムによって最新のツイートがいくつか選び出され、数秒ごとに自動的に更新される。またツイートにマウスオーバーすると、そのユーザーのプロフィール要約と最新のツイートを見ることも可能。

 「人気のトピック」は横スクロール形式となり、狭いスペースでたくさんのトピックを表示できるようになる。トピックについても、マウスオーバーすれば、いま(または最近)それが注目を集めている理由が表示される。これらの変更について、同社では「Twitterは最新の状況を伝えるための単なるツールではない」という考え方から採用したとしている。

 今後はトップページの新デザインに関するデータと他のページへの波及効果についてモニターしていく予定とのこと。なおブログで公開されたものは、英語版の画面だが、日本でも新デザインはすでに有効となっている。ただしFirefoxでは表示されないようだ。


【4月9日10時10分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000007-rbb-sci
 
   
Posted at 22:30/ この記事のURL
ソニーとFIFA、3Dで撮影するワールドカップ25試合を発表 / 2010年04月09日(金)
 ソニーとFIFAは4月8日、3D映像化するFIFAワールドカップの25試合(※)を発表した。これには、6月19日に行われる日本代表のオランダ戦も含まれている。

 FIFAは、南アフリカ・ヨハネスブルグのサッカーシティとエリスパーク、ダーバン、ケープタウン、ポートエリザベスの計5会場にソニー製マルチフォーマットポータブルカメラ「HDC-1500」14台(7セット)を導入。2台1組のカメラで3D映像を撮影する。また、撮影の際に生じるカメラ間の色味や光軸などの映像のずれを解析・補正するためにソニー製マルチイメージプロセッサー「MPE-200」を使用する。

 撮影した25試合は、米国ESPN、スペインSogecableなどが3Dで放送するほか、世界26カ国のデジタルシネマなどで3Dパブリックビューイングが行われる予定。そのほかの地域での放送に関しては、FIFAまたは放送局から順次発表されるという。

 また、25試合のダイジェスト版BDをソニー・ピクチャーズエンタテインメント(SPE)が2010年内に発売予定。また、その予告編を世界各地のソニーのショールームや直営店舗(約200店舗)など、約4000カ所で上映する。このうち日本国内は約500カ所となる。

※http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1004/08/news082.html

【4月9日10時2分配信 +D LifeStyle
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000009-zdn_lp-sci
 
   
Posted at 21:53/ この記事のURL
日本版EHRの現状〜進む実証実験と実現への課題 / 2010年04月09日(金)
 EHR(Electronic Health Record:生涯健康医療電子記録)とは「国民1人1人が自らの健康/医療情報を生涯を通じて管理把握できる環境と、それを支える国家的な医療情報ネットワーク」のことを指す。また、この情報を国民医療政策として、国民の疾病予防や医療の効率化に役立てることを目指す取り組みでもある。

 厚生労働省の科学研究費補助金を受けた「日本版EHRの実現に向けた研究」研究班は3月23日、3年間にわたり実施してきた地域医療連携ネットワークの実証実験などの研究成果の報告会を開催した。同研究班は、日本版EHRのの実現のために必要な3つの基盤に関する研究を行うことを目的とし、2008年4月から2010年3月まで活動してきた。

●3つの研究課題

・地域医療連携システムの実現を基礎にして、日本版EHRを目指した地域間情報共有や健診・医療・介護の分野横断的な医療情報利活用を支える情報技術および実現のための社会エンジニアリング
・EHR実現をめぐる制度的・社会的な非IT的改革課題や国民医療経済への効果判定
・医療プロセスの透明化による効率化の評価

●日本版EHRの実現の緊急性を強調

 まず、東京医科歯科大学大学院生命情報科学教育学長 教授、田中 博氏が事業の統括報告を行った。田中氏は日本の医療における問題として、医療費削減政策や医療過誤訴訟の増加、医師不足などによる「地域医療の崩壊」、糖尿病の重症化や人工透析患者の増加といった「慢性疾患の増大」、高齢化率の増加に伴う「高齢者医療費の増加」「医療供給や医療政策の非計画性・非統合性」などを挙げた。また、医療再生のための3つの基軸として「生涯継続性のある健康/疾病管理」「地域統合性のある医療/健康管理」「日常生活基盤のユビキタス健康医療」が必要になると説明した。

 同氏によると、生涯継続性のある健康/疾病管理では、急性期医療では対応できないという現状を踏まえた「“治す”から“重症化させないための管理”」への転換が必要であり、そのためには「診療所が担う役割が大事になる」という。

 また、地域統合性のある医療/健康管理では、病院完結型医療から地域完結型医療への展開のために「病院・診療所連携パスによる地域医療連携体制の構築」の重要性を説明した。さらに、在宅医療を含めた日常生活における自己測定や情報管理といったユビキタス健康情報管理などが求められると説明。その上で「これらの新しい医療では健康・診療情報の共通情報基盤が必要となり、ICT基盤なしに成り立たない」として、日本版EHRの実現の緊急性を強調した。

●日本版EHR実現による経済効果と被保険者のメリットとは?

 日本版EHR実現による経済効果や保険制度との関連を研究する医療経済分科会では「糖尿病患者に対する保健指導の医療費への効果を評価する介入研究」「特定保健指導の実施が医療費に与える影響の観察研究」の2つの研究を実施した。

 介入研究では、千葉県いすみ市の糖尿病を治療中の患者に対して保険者が保健指導を行うことで、医療機関だけの治療と比べて治療効果や医療費にどれくらい効果があるかを測定した。国立保健医療科学院経営科学部経営管理室 室長、岡本悦司氏によると「保険指導を行うことで、短期間でより良好な治療結果が得られた」と説明した。しかし、医療費への効果については「少なくとも介入後10カ月程度では効果は期待できない」という結論を示した。

 観察研究では、電子レセプトを用いた特定保健指導の医療費への効果を分析した。ある健康組合における特定健診の受診者を対象にして、その後保健指導を受診者と非受診者の医療費を測定した。その結果、「わずかながら医療費削減効果があった」という。岡本氏は、この研究では「医療費への影響を評価する手法を示すことができた」と説明し、「2010年度に予定されている医療費適正化計画や高齢者医療確保法の見直しへの重要なエビデンスを示せた」としている。

●各地域で進む“地域医療連携ネットワーク”

 ITを利用した地域医療連携のモデルを研究する「地域医療連携分科会」は、以下の5つ(※)の地域における共通基盤による連携ネットワークに関する実証実験の活動内容を報告した。

※http://techtarget.itmedia.co.jp/tt/news/1004/07/news02.html

<標準形式のデータ変換>

 兵庫医科大学での取り組みは、HIS(医療情報システム)からHL7形式で患者基本、処方、検査結果、病名登録などを得て、これに紹介状など各種文書を付加してCDを作成し、それを医療機関で連携させる事例。SS-MIXとは「厚生労働省標準的診療情報交換推進事業」のことである。

 兵庫医科大学医療情報学・兵庫医科大学病院医療情報部 教授、宮本正喜氏によると「標準形式であるHL7であれば、すべてのデータが問題なく連携できると考えていたが、実際にはうまくいかないケースもあった」と説明した。

<二次医療圏と「地域医療再生交付金」>

 ID-LINKは地域の参加医療施設間をインターネット回線で接続し、それぞれの施設が保有している診療情報の相互参照を可能する医療連携システム。

 北海道南西地域・広域医療連携プロジェクトに携わる、札幌医科大学大学院医学研究科生体情報形態学医学部 教授、辰巳治之氏は、道南地区を例にした二次医療圏(※)内では完結できない遠隔地診療の状況を説明し、日本版EHR実現への課題として、二次医療圏単位で交付される「地域医療再生交付金」への問題提起を行った。

 ※二次医療圏:入院治療を主体とした一般の医療需要に対応するために設定する区域。

<地域連携から全国展開へ>

 かがわ遠隔医療ネットワークは、画像や診療情報などを外部のデータセンターに格納し、Web画面から利用できるASP(Application Service Provider)型システム。香川医科大学医学部附属病院医療情報部、香川県、香川県医師会の連携により、香川県が事業として遠隔診断システムのセンターサーバを県に設置し、県下全域の地域医療施設とのインターネットを整備した。全国でも初めてのネットワークが構築され、2003年6月から運用を開始した。

 香川大学瀬戸内圏研究センター教授、原 量宏氏は、周産期ネットワークにおける電子カルテネットワークの全国展開などを紹介しながら、日本版EHRの実現に向けた情報基盤構築の取り組み状況を説明した。

<病院・診療所間の“循環型地域医療連携”>

 一般に地域医療連携のタイプは、脳卒中や急性心筋梗塞(こうそく)などの疾患に代表される、急性期・回復期・維持期などに独立した技術移転が不要な“一方向型”地域医療連携と、糖尿病や生活習慣病など病院・診療所間で治療内容がシームレスに継続する“循環型”医療の2つに分類される。

 わかしおネットは、東金病院と診療所間で糖尿病患者の情報をネットワーク上で共有する医療システム。千葉県立東金病院 内科・代謝内分泌学 院長、平井愛山氏は「検査データや病院医師の治療方針を共有しながら、病院・診療所間における双方向での循環型地域医療連携”を可能にする」と語った。

<診療科目の枠を超えた連携に向けて>

 東海ネットは、脳卒中や急性心筋梗塞などにおける医療情報共有化システム。名古屋大学大学院医学系研究科遺伝子治療学 准教授、水野正明氏は、脳神経外科や神経内科、リハビリテーション科などの診療科の枠を超え、一貫したシステムにおける「シームレス医療の創出に情報基盤の共有化は役立つ」と説明した。

 また、介護施設や在宅医療支援診療所への「電子化に関するアンケート」を紹介。診療所における電子化の有効性について「全体の39%が有用と回答したが、基幹病院や介護施設の70%以上が有用と回答した結果と比べると、格段に低い」結果となったこと発表した。

●患者情報のセキュリティはどう確保するのか?

 日本版EHR実現の課題となるのは、個人情報の取り扱いなどの「セキュリティ」面だ。

 標準化・セキュリティ分科会の浜松医科大学医学部付属病院医療情報部 教授、木村通男氏は、静岡県で実施した「医療情報の取り扱いに関する意識調査」結果を紹介。木村氏によると「生涯記録として1つにまとめたい」という項目について、それを受容する回答が74%あったという。さらに、医療の効率化を目的として厚生労働省などの研究機関に「匿名化された自分の病名情報が2次利用される」ことを回答者の65%が受容すると回答した。

 その上で、木村氏は日本版EHRを実現するためには「国民の信頼を失墜しないように、セキュリティや運用の透明性をしっかり確保することが重要だ」と説明した。その一方で「今後医師は大量の電子データを参照・活用することになる。情報過多が起因となるトラブルを防ぐ策も必要」とも語った。

●日本版EHRに関する政府の方針とは?

 日本政府のIT戦略本部は2010年3月、「新たな情報通信技術戦略の骨子(案)」を発表した。3つの重点戦略の1つとして「地域の絆の再生」を掲げ、「情報通信技術を活用することにより国民が地域を問わず質の高い医療サービスを受けることを可能にするための明確な目標を設定する」としている。

 具体的な施策として、以下の2つが挙げられている。

<「新たな情報通信技術戦略の骨子(案)」より>

・全国どこでも過去の診療情報に基づいた医療を受けられるとともに、個人が健康管理に取り組める環境を実現するため、国民が自らの健康・医療情報を電子的に管理・活用するための全国レベルの情報提供サービスを創出する。また、匿名化されたレセプト情報等を一元的なデータベースとして官民で集約し、広く医療の標準化・効率化及びサービスの向上に活用可能とする。
・高齢社会の本格化を踏まえ、高齢者の就労・社会参画を促進し、独居高齢者の安否を家族等が確認し、在宅医療・介護等において必要なケア情報を提供すべく、情報通信技術を積極的に活用する。

 特別講演に立った、内閣官房IT担当室 内閣参事官、野口 聡氏は地域医療連携のポイントとして「ヒューマンネットワークの構築」「事業の継続性を考えたシステムの構築」「外部システムとの情報交換機能の整備」を挙げた。また、野口氏は2010年2月に訪問した英国、デンマーク、オランダの欧州3カ国における医療情報化の調査結果を発表した。この調査結果を今後の日本の医療情報政策に活用するとしている。

 欧州では「General Practitioner」と呼ばれる、あらかじめ決まった“かかりつけ医師”がほとんどの疾患の初期治療を行い、二次医療や専門病院への門番的な役割を持つ制度が発達している。一方、日本では診療所や病院への受診を患者自らが選択する「フリーアクセス」が一般的だ。

 発表後の質疑応答でも「欧州の制度を日本に適用するのは難しいのでは」という意見があった。野口氏は「欧州の制度を適用するのではなく、日本の医療現場に合ったEHRを進めていく」と説明し、その上で「3月に発表した案を基に、4、5月をめどにスケジュールを策定するなど、戦略の具体化に向けて取り組んでいく」と語った。【翁長 潤】 4月9日0時30分配信 TechTargetジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000068-zdn_tt-sci
 
   
Posted at 21:16/ この記事のURL
仁川・江華の韓牛農場で口蹄疫発生、全頭殺処分へ / 2010年04月09日(金)
【ソウル8日聯合ニュース】家畜伝染病の一種、口蹄(こうてい)疫の疑いで申告されていた仁川市江華郡仙源面の韓牛(韓国在来種のウシ)が、国立獣医科学検疫院の検査で「陽性」と判明した。農林水産食品部が9日に伝えた。感染を受け、当該農場の韓牛約180頭はすべて殺処分される。
 政府は先月23日に口蹄疫の終息を宣言したが、16日目にして再び発生したことになる。1月にも京畿道抱川市一帯で口蹄疫が発生、農家6か所が感染したウシやブタなど偶蹄(ぐうてい)類5956頭が殺処分された。今回発生した口蹄疫は血清型が「O」型で、抱川の口蹄疫の血清型(A型)とは異なる。
 江華郡の当該農場では、韓牛の殺処分とともに農場から半径500メートル以内にいる偶蹄類200頭余りも処分する計画だ。半径3キロメートルまでは「危険地域」、3〜10キロメートルは「警戒地域」、10〜20キロメートルは「管理地域」に指定し、警戒地域までは家畜と人、車両の移動を統制する。



【4月9日10時19分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000005-yonh-kr
 
   
Posted at 20:05/ この記事のURL
古河電工、新事業に自動車用リチウム電池向け素材 / 2010年04月09日(金)
古河電気工業は、2010 - 12年度中期経営計画「ニューフロンティア2012」を策定した。

新しい中期計画では、グローバルなインフラ需要を取り込みながら、研究開発を強化し、ニューフロンティア(新市場・新事業)で成長し、同時に変化に強い経営を目指す。

新事業として高機能素材事業を強化する。自動車用リチウム電池向け銅箔・アルミ箔、ハードディスク用基板材をはじめ高機能素材について競争力のある技術の確立や生産性の向上により、トップサプライヤを目指す。また、環境新事業として環境・エネルギー革命を背景に、次世代自動車、スマートグリッド(次世代送電網)、大容量光通信の分野で銅やアルミ、樹脂などを加工した高機能素材で新事業を創出する。

研究開発強化のために研究開発費を2009年度比で20%増額し、年平均215億円投資する。加えて資産売却と事業利益を原資とする200億円規模の「ニューフロンティアファンド」を設定し、研究開発費に充当するほか、事業再編や経営環境の変化に機動的に対応するために活用する。

グループの各事業の強化により、2012年度に売上高1兆円、営業利益500億円、最終利益250億円を目指す。

《レスポンス 編集部》

【4月9日8時30分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000002-rps-bus_all
 
   
Posted at 19:30/ この記事のURL
米FCC、引き続きブロードバンド通信政策の推進目指す / 2010年04月09日(金)
【ワシントン】米連邦控訴裁判所が6日インターネット規制に関してFCCの権限の一部を認めない判断を下したものの、FCCは 引き続き米国のブロードバンド(高速大容量)通信政策を推進していく考えだ。

 8日の発表文では、ゲナコウスキーFCC委員長は、米連邦裁判所の判断が「ブロードバンド通信政策の目的、あるいは目的を達成するためのFCCの最終的な権限を変えることはない」との見方を示した。また、同委員長は「裁判所はFCCの目的に疑問を呈したのではない。単に、過去のFCC委員会が採択したブロードバンド政策に対するひとつの専門的かつ法的な仕組みに法的効力がないと判断しただけだ」と付け加えた。

 FCCは今夏、放送局が保有する周波数の一部を返還させるためにFCCが買い取ることを可能にするため、新たな規則の検討を開始する計画だという。この問題については、賛否が分かれており、電話会社などはFCCの提案を支持している。

 また、FCCは今後3カ月のうちに、消費者がテレビでインターネットを使って動画を容易に見ることができるようにする機器を通じて、セットトップボックス市場に一層の競争をもたらすにはどのような規制の枠組みを構築すべきかについて調査を開始する計画だ。

 FCCが8日公表した「ブロードバンド推進に向けた課題」では、FCCが年末までに取り組む64の新たなインターネットに関するルール作りや提案の概要が示されている。

【4月9日10時31分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000303-wsj-bus_all
 
   
Posted at 18:56/ この記事のURL
クラシックカーフェスティバルをFSWで開催 4月11日 / 2010年04月09日(金)
日本クラシックカー協会は4月11日に富士スピードウェイにて、1975年以前に製造されたノーマル車両からチューニング車両、1969年以前に製造された葉巻型フォーミュラーカーなどによるレースの祭典「JCCAクラシックカーフェスティバル富士ジャンボリー」を開催する。

画像2枚:前回の同イベントの様子

このイベントでは、各種レースのほか、1979年以前に製造された外国車と国産車の走行会や関連グッズ販売、フリーマーケットも実施され、家族連れの人にも楽しめる内容となっている。

入場料は、大人4000円で中高生は3000円。前売り券は大人3500円で中高生は2500円。小学生以下と駐車場の料金は無料となっている。

前売り券の購入はチケットぴあ、ローソンチケットで4月8日まで購入が可能。

《レスポンス 佐々木誠》

【4月6日19時12分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000033-rps-ent
 
   
Posted at 18:23/ この記事のURL
嵐が「日本の看板」に、観光立国ナビゲーター就任に中国も注目 / 2010年04月09日(金)
 ジャニーズ事務所の人気グループ「嵐」が国土交通省・観光庁が観光立国に向けて起用する『観光立国ナビゲーター』にボランティアとして就任した。嵐は中国でも若い世代を中心に高い知名度を誇り、エンターテイメント系のメディアを中心に、中国でも大きく報じられた。

 搜狐は、「嵐が日本の看板となって日本観光を宣伝する」と題した記事で、「嵐の5人は中国や韓国を中心に、テレビCMなどで日本観光をアピールすることになる」と報じた。

 また、環球時報は「嵐は観光立国ナビゲーターとして、日本観光業のイメージを担うことになる」とした。

 8日、都内で行われた記者発表会には櫻井翔、相葉雅紀、松本潤の3人が出席し、櫻井が英語、相葉が中国語、松本が韓国語で「日本でみなさんのお越しをお待ちしております」とあいさつした。

 2009年、日本を訪れた観光客は679万人だったが、日本観光庁は2013年までに1500万人、将来的に3000万人の外国人旅行者を日本へ呼び込むことを目標としている。(編集担当:畠山栄)

【4月8日23時58分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000103-scn-ent
 
   
Posted at 17:50/ この記事のURL
[小林可夢偉、語る]F1日本GPデビュー、歴史をつなげる / 2010年04月09日(金)
シーズン序盤報告会見に臨んだF1ドライバー、小林可夢偉(ザウバー)は、今季は日本勢唯一のF1戦士。その自覚は?

[関連写真]

「なんて言うか、僕が歴史をつなげていかなくちゃいけないと思っています。僕が子供の頃、F1で走っている日本人選手がいたから、僕は夢を見ることができた。モータースポーツの一番上はF1ですよね。そこから日本人がいなくなることは、あってはいけないし、(そうなったら)歴史をつなげてきてくれた人たちに申し訳ないと思う」。

秋には、声援爆発の日本GPも控える。「このあいだのマレーシアGPにも、日本から応援に来てくれた人たちがいたんですよ。それに、最近は観客の少ないGPもいくつかあるんですけど、鈴鹿には常にたくさんの観客が集まってくれますからね。久々の日本でのレースでもあり、僕自身も鈴鹿が楽しみです。いいレースをしたいと思います」。

トヨタのサードドライバーだった昨年は、体調を崩したレギュラードライバーの代わりに鈴鹿で金曜のフリー走行に出場した小林だが、今年はついに“日本GPデビュー”。そこで上位を競えるようになるためにも、チームと一緒にマシンパフォーマンス改善に全力で取り組んでいく決意だ。

《レスポンス 遠藤俊幸》

【4月8日22時16分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000056-rps-moto
 
   
Posted at 17:17/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!