子供の近視・視力回復

April 19 [Fri], 2013, 0:51
この頃、眼球トレーニングで子供の視力回復が可能になるとして、この方法が注目されています。

眼球トレーニングとはどのように行えばよいのでしょうか。子供の視力回復トレーニングの基本は、眼の筋肉を鍛えるということです。

ものを見る時は、眼の内側にある内眼筋と外眼筋という筋肉の働きがポイントになります。

ピント調節の働きをしているのが内眼筋です。

ディスプレイ画面を一日じゅう見ていると、内眼筋に疲労が蓄積してピントが合いづらくなります。

内眼筋を鍛えるには遠近トレーニングや調節力トレーニングというものを行います。外眼筋は眼球を上下左右に動かすための筋肉で、1日に何万回も眼球運動を行います。

ずっと同じものばかり見ていたり、眼に負担のかかるものを見ていると筋肉に疲労が溜まるため、眼球トレーニングで血の巡りをよくします。

上下と左右を順番に見る運動をすることで、眼球の向きを司る外眼筋の運動ができます。自分にとってやりやすい方法でやれば、決まったやり方は特にないといいます。

指を利用して外眼筋を鍛える方法もあります。人差し指を立て、上下左右斜め、さらに円を描くように動かしてそれを目で追うようにします。

凝り固まった眼筋を柔らかくすることができます。効果アップには遠近トレーニングとの併用がよいといいます。

ボールペンやえんぴつを目の前に持ち、近くにあるえんぴつと遠くの景色などを交互に見る運動です。

腹式呼吸に合わせて吸うときに近く、吐くときに遠くを見ると良いでしょう。できるだけ遠くのものを見るようにするのが効果的です。1セット20回を毎日行いましょう。視力の低下が気になっているという人は、視力回復方法として眼筋トレーニングをしばらく実践してみてください。
詳しくはこちらのサイトを御覧ください⇒子供の近視・視力回復
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sq2ij2out
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sq2ij2out/index1_0.rdf