無効請求は棄却―昨年衆院選

March 27 [Fri], 2015, 12:06
 「1票の格差」が最大2.13倍だった昨年12月衆院選の区割りは違憲として、弁護士グループが全295選挙区の選挙無効を求めた訴訟で、関西地方の2府4県計48選挙区についての判決が23日、大阪高裁であり、志田博文裁判長は選挙を違憲状態と判断した。無効請求は棄却した。

 昨年の衆院選をめぐっては、全国14高裁?支部で計17件の無効訴訟が起こされた。これまでに判決があった2高裁では、東京が合憲、名古屋が違憲状態と判断が分かれていた。

 選挙では、格差是正策として実施された「0増5減」の区割り改定によって最大格差が前回よりも縮小した。有識者らによる衆院選挙制度調査会で、さらなる是正に向けた議論が進んでおり、これらに対する評価が訴訟の主な争点になっている。 

淫インモラル-脱ズボン
中絶薬RU486