逆流性食道炎の原因にはどのようなものがありますか?

June 05 [Sun], 2016, 0:04
逆流性食道炎を発症する原因は、けっして一つということではなく複数の因子があるのです。具体的に言いますと、「問題があり過ぎる食事内容」「老化」「悪い姿勢」「肥満」「ストレス」「薬の副作用」などがあります。

この中でも特に問題になるのは、何と言っても「問題があり過ぎる食事内容」ということになるでしょう。栄養バランスが悪い食事内容は逆流性食道炎の原因になるのです。

例えば、脂肪分の多い肉中心の食事や、たんぱく質(三大栄養素の一つで、生きていく上では必要な栄養素です)の多い食事、暴飲暴食などは逆流性食道炎の原因となるでしょう。

食生活(人それぞれ、大きく内容が異なるものです)が欧米化したことによって、日本人(最近では海外で活躍する方が急激に増加しています)の患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなる可能性があるでしょう)が増加しているであります。

老化もまた、逆流性食道炎の原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくことでしょう)の一つです。

年齢を重ねることで、下部食道括約筋の働きやぜんどう運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで前向きな気分になれるものです)が悪くなって胃酸が逆流しても戻すことが困難になってまいります。

悪い姿勢を続けていますと、胃が圧迫されることから胃酸が逆流しやすくなります。また、肥満の度合いが酷いほど同じく胃が圧迫されることから逆流性食道炎を発症しやすくなります。

そして、ストレス(過剰に受け続けることで心身の健康を損なう可能性が高くなります)が要因で発症する場合もあります。

なぜならば、ストレス(原因となるものをストレッサーと呼びますが、ストレッサーがないことも実はストレスになるのです)を抱えると、食道の機能が低下することから逆流性食道炎を発症しやすくなるのであります。

また、他の病気を治療するために服用する薬の副作用で逆流性食道炎を発症することもあります。薬の中には、胃が荒れるものが少なくありませんからね。

逆流性食道炎の原因は、一つだけではありません。複数の原因(これがあって結果があるというのが自然の摂理なのです)が重なって逆流性食道炎を引き起ことの方が多いと言えるでしょう。

ただし、これらの原因は注意すれば防ぐことのできるものが多いわけですから、生活習慣(日常生活を送る上での習慣のことです)や食事習慣を見直しましょう。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆいspseipm4
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/spseipm4/index1_0.rdf