ことばの記録。稼働率はゆるっとだらっと長々と(希望)

2005年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
categories
monthly archives
profile
スガイ
東京都在住。酒好き。本も好き
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:spritzer
読者になる
Yapme!一覧
読者になる

夏の庭/湯本香樹実 2005年12月09日(金)
ぼくたちは、おじいさんの声を聞きながら、それぞれの花畑を見ていた。そうして、なにもなくなった庭に降る雨をただ見ていた。すっかり生まれかわり、新しくなにかか根付くことを待っている土に、天から水がまかれる音を、耳をすまして聞いていたのだ。

夏に夕立が降ると、このシーンを思い出す。
土の匂いと雨の匂いとコンクリートが濡れていく匂いのする文章。
「天から水がまかれる音」という表現に、初めて読んだ時にもぶるぶるしたっけ。
初めて読んだのはきっともう10年以上も前だわ。それでも、今でも鮮やかに風景を思う。
 
   
Posted at 14:10 / 児童書 / この記事のURL
コメント(0)
予定地 2005年12月01日(木)
なににつかおうかなー
思案中
 
   
Posted at 15:57/ この記事のURL
コメント(0)
 
 
Global Media Online INC.