ちょうヒサビサ。 

December 19 [Fri], 2008, 15:41
ヒサビサに「コレはおもしろい」ということがあったので
更新しマース

昨日の夕方、外から「あん」とも「わん」とも違う、「なん」っていう
声が何度も聞こえてきたんだ。
酔っ払いがアホになっちゃって叫んじゃってるのかなぁ
なんて思っていたんだけど、どうも気味が悪くて、四谷サン(仮名)に話しかけてみた。

はるまき:『この音?声?なんですかね?』
四谷サン:「何だろう、人が叫んでいるみたいですね」
そう言って、四谷サンは窓を開けてみた。

四谷サン:「窓を開けて聞いてみると、犬の鳴き声のように聞こえますよ?」

そうかそうか、犬だったか。
しかし、犬っぽくない鳴き声だなーと思って、私も窓を開けて外をみたんだ。
お店の前でビーグル犬が飼い主を待っているようで、
「なん なん」って鳴いていたよ。
姿が確認出来た後は、もう犬の鳴き声にしか聞こえなくなったんだけど、
はるまき:『ホントだ、ビーグル犬が鳴いているのが見えました〜
って言ったら・・・

四谷サン:「犬にマイク付いてた?
はるまき:『えーっと、どういう意味ですか?』
四谷サン:「だって、随分大きな鳴き声だから・・・」
はるまき:『ほほう・・・・・・・』

相変わらず、驚きの発想であります

一言で表現すると。 

January 31 [Thu], 2008, 15:12
最近、アネと考えた遊びがあるんだ
その人物を表現する『一言』を考えて発表するってだけなんだけどさ。

アネが私を一言で表現すると『無難』なのだそうだ。
アネから見ると私は、「考え方、行動、好みが無難」なんだね。
自分でも何となくしっくり来たりするよ

じゃあ、目の前で仕事をしている四谷サン(仮名)は

ちょっぴり考える時間が必要でしたが、ピッタリの言葉を
思いついたよ

四谷サンを一言で表現すると『失礼』。

だいぶ昔に、「きつい」「汚い」「危険」を3Kと言ったりしたけど、
四谷サンは「臭い」「汚い」・・・そして、それによってあまり近付くのは
「危険」の3Kなんだ。
多分さぁ、周りの人への迷惑なんて考えてないんだよね

そして、自分が送ったFAXが相手の手元に届いていないと分かった場合、
自分がFAX番号を間違えた可能性だって十二分にあるのに、
「捨てちゃったんじゃないの?」「なくしたんでしょ?」
「机の上が汚くて、紛れてるんじゃない?」
「誰かが間違えて持って行っちゃったんじゃない?」って、まぁーくどくど
電話で言うんだよ
1日に何本も間違い電話をしてる人の発言とは思えない

『迷惑』っていう言葉も浮かんだけど、やっぱり『失礼』の方が
ピンとくるので、そちらで決定
「四谷サンってどんな人?」 『えーっと失礼な人だよ』ってことで。
ちなみに、所長は『腹黒』で。

よく使う言葉。 

January 29 [Tue], 2008, 14:53
タイトルは忘れちゃったんだけど、リーマン辞典的な本を
チラリとみたことがあるんだ
ソレとは違う気もするけど、四谷サン(仮名)も日常や電話で
よく使う言葉があるんだよ。

一番よく使うのは「要はアレ、・・・要するにアレ」。
結局、相手に「アレ」を理解してもらえず、一から説明すること
になるんだけどね
「〜な世界」っていうのもよく使うなぁー
そんな世界ね〜よ!と突っ込みたくなるようなことも多々あり。

またまた、ソレとは違う気もするんだけど、今日はオモシロが
あったんだよ
電話を掛けたら相手が電話中かなにかで、折り返し電話をもらえる
ようにお願いしていたんだろうね。
きっと相手の人に「もう1度お名前をよろしいですか?」って
聞かれたんだ。
それに対して、「あぁ、○○(←社名)の、私、一応、四谷です」だって

言いたかったこと。 

January 23 [Wed], 2008, 11:58
ブログを久し振りに更新します

さっきね、FAXが届いたんだけど、送信する時の用紙の向きを
間違えたらしく、縮小されて届いちゃったの
四谷サン(仮名)はその届いたFAXを持って、私に見せに来るわけだ

四 『これ、小さくなってますよね?』
は 「送信の時の用紙の向きで縮小されて届いたんでしょうね〜」
四 『送る時の向きで縮小されるんですよね

ん〜と、今、私、そう言いましたよね?
聞いてました??

四 『前に注意されたことがあるんですよ。
   送ったものが縮小されて届いたようで、そしたら・・・・・・・・・』
あぁ、長い話が始まっちゃったよ

『これ、小さくなってますよね?』じゃなくて、その理由を知ってるって
ことを言いたかったわけね

別に全然かわいくないよ

そうじゃないよね? 

January 01 [Tue], 2008, 11:01
「どんな漢字だったっけ」シリーズ、第2弾の話だよ。
第1弾はコチラ

営業 「総務の人って何て名前だっけ?」
四谷 『アサミさんでしょ? アサミさんのアサは繊維の麻ね。』
営業 「あぁ・・・ ハイハイ」
四谷 『綿とか絹の繊維の、綿ね』

親切に教えてあげたい気持ちは分かるけどね
オモシレーなぁ。

10月は何日まで。 

November 02 [Fri], 2007, 13:52
天気がスッキリしないなぁー

仕事の一つに、納期調整・納期管理があるんだ。
お客さんから「いつ納入されますか?」「もっと納期を短縮してください」
っていう電話が1日に何本もくるの

先ほどの四谷サン(仮名)もそんな電話の対応をしていたん
だろうねぇ。

『あぁ、それは31日に届いちゃいましたか・・・
 こちらの端末ですと、10月の39日・・・いや、38日に・・・
 あれぇ・・・
だって。

いや、38日・・・じゃなくて、39日の時点でおかしいって気が付こうよ

職場の時計。 

October 22 [Mon], 2007, 15:42
職場には時計がいくつもあるけど、どれも正しくないんだ
壁掛け時計、電話の時計、パソコンの時計、そしてタイムカードの時計。
ぜーんぶバラバラ
始業、終業、お昼など、チャイムがなるわけじゃないからいつも適当。
私は、電話の時計を基準に動くことにしてるよ。

時計が正しくなくても、困ることはないんだ。
でも、タイムカードの時計が遅れているのは、ちょっと困る

私の終業時間は、夕方5時まで。
もう大丈夫だろうと、無意識でタイムカードを入れると
「4:59」なんてことがあるんだよ。

先日も、そのミスをしちゃってさ。
ガチャンとタイムカードを入れたら「4:59」。
『またやっちゃったよ・・・』って独り言を言ったと同時に、
四谷サン(仮名)が修正テープを持って来てくれた
「コレ使えば大丈夫ですよ」って。

そんな発想が出来る人だったなんて・・・ワタクシ感激しました

早朝から。 

October 19 [Fri], 2007, 14:05
四谷サン(仮名)は、毎日7時前に出勤するんだ
私の起床は7時25分だから、私が寝ている時も四谷サンは
この職場で仕事をしてるってことなんだな。
そう考えると、すごいなー 毎日だもん

今朝会社についたら、ゴミ箱のフタがいつもよりキレイな気がしたの

『四谷サン、ゴミ箱のフタ、キレイですよね
「私、今朝、雑巾で拭いたんですよ」って。

53歳独身の男性が、早朝からゴミ箱のフタを雑巾で
拭いているなんて・・・
悲しいっていうか、すごいっていうか、えらいっていうか。
でも一番最初に思ったのは、四谷サンもキレイにしようって思うことが
あるんだなーってことだったよ

課題達成シート。 

October 18 [Thu], 2007, 13:15
ヒマな職場でなーんにもしなくても、時間はどんどん過ぎていくし、
歳もどんどんとっちゃうよ
もう10月も中旬が過ぎたんだね。

派遣先の会社の決算は3月。
というわけで、9月までの上期が終了し、社員の皆さんは上期の課題が
達成出来たかどうか、シートに入力し報告をするんだ。
ワードで作られたその書式に、思った場所に入力出来ない
四谷サン(仮名)からヘルプの声が掛かったよ
どんな状態なのか、どうしたいのかを聞き、私が自分の席で直して
あげることになったんだ

四谷サンの上期の課題は・・・ん??私の名前が書いてあるぞ?

3つの項目のうちの2つめに、
「○○さんに基本的な業務知識及び商品知識を高めてもらう」
そして、その結果、
「かなり知識はついてきているが、更なる向上でかなり自己完結が
可能になる。」

ほほう。かなり、かなりってかぁ。丁寧にさん付けまでしてくれちゃってぇ。
四谷サン、ちゃんと私の仕事を見てるんだ〜

・・・って、ちょっとーちょっとちょっと
私の向上が、四谷サンの課題だったのか

視線を感じたその後。 

October 17 [Wed], 2007, 8:40
秋になりましたね毎日毎日眠たいよ

さて、昨日の出来事を話します。

ちょうど3時頃、向かいの席の四谷サン(仮名)から
パソコン越しに視線を感じたんだ
何でこちらを見てる・・・?と四谷サンを見たら、それは思い違いだった
って分かったよ・・・

四谷サンはね、パソコンのディスプレイの文字を
視線はパソコンに集中したまま、手元はそれをメモしていたんだ
へへぇ~ デキル!って感じぃー?
なんて思ったその数秒後、
「あぁ・・・これじゃ読めない・・・」という声が。

やっぱりと思ったよ。
P R
■プロフィール■
●ニックネーム●はるまき
●趣味●ドライブ、食べ歩き
●職業●派遣
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ