読売新聞本社に遊びに行ってみた!

January 06 [Fri], 2012, 18:37
今日は、銀座にある読売新聞本社に赴き、ファンミーティングに参加してきた!普通の新聞ではなく、英字新聞のDAILYYOMIURIを扱っている部署に行った。
初めて訪れる大きな会社にちょっとビビった。
エントランスに警備員は複数人いるし、入館証にはICチップで自動改札みたいなのがあってかっこよかった!あと、受付のお姉さんが超美人だった、さすが大企業、顔で選んでると確信。
受付の時、今日のDAILYYOMIURIを頂いた。
でも、購読してるからすでに持ってるし、一応今日の新聞持ってきたのに。


受付を済ませた後、会場までスタッフの方が案内してくれて、こんなに丁寧な扱いを受けたのは初めてだったので、ちょっと感動した。
会場に着いたのが早かったので、前から二列目の席に座れた。
フカフカの椅子で凄くゆったり出来た。
開演前にどんな人が他にも来てるのか辺りを見たら、小学生からお年寄りまで幅広い年齢層の方々が集まっていた。
学生は2,3人だった気がする。
外人MCのカタコト日本語の進行でファンミーティングが始まった。
本日の講演内容↓・落語家 桂かい枝さんの英語落語・英字新聞の秘密、および編集デスクに教わる読み方のコツ・時事英語クイズ・編集現場見学かい枝さんの英語落語の前に、少し小話があったんだけど、それが凄く面白くて、すぐにみんな盛り上がった。
さすがプロ、感動の極み。
本題の英語落語の演目は"zoo"だった。
無職の男と園長の物語、英語で行われるせいか、オーバーアクションで迫力があって楽しかった!使われていた英語も中学英語のレベルでとても解り易かった。
来年、中学3年の英語の教科書に一つの演目が丸々使われるとか。
編集デスクのお話は英字新聞の裏側の貴重な話を聞けた。
質問コーナーの僅かな時間の中で、自分が質問出来た事がとても嬉しかった。
読み方のコツではここさえ読めば大丈夫!っていうポイントを教わった。
時事英語クイズは賞品があったのでみんなで盛り上がった!俺の結果は悲惨だったけど、すごく楽しかった、勉強不足を痛感した。
優勝は学生だった、自分には外大の看板がある分、悔しかった。
編集現場見学では生の制作現場を肌で感じることができて良かった。
入稿までにまだまだ余裕があったのでとても静かなオフィスだった。
締め切りが迫ると戦争がはじまるんですよぉ〜、というスタッフの方が話していたのが印象的だった。
日本人と外人が半分ずつ位で働いてた。
こんな感じで今日のDAILYYOMIURI ファンミーティングは無事に終わった。
このような試みは今回が初めてだったらしく、ちょっとバタバタしてたけど楽しかった!2時間30分の短い時間だったけど、とってもいい経験になった!やっぱり、どんな事でも自分から能動的に動かないと楽しい事なんて起こらないと思った。
待ってたって楽しいことはやってこないし、興味を持った事にちょっと一歩踏み出せば、いろんな事を体験できる事がわかった。
今日はとても充実した一日でした。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:spr1nz56vn
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/spr1nz56vn/index1_0.rdf