夢と現実。 

2008年02月23日(土) 0時20分

叶うことのないこの想いは夢。

想い続けても叶わないことをわかってる思いは現実。



どっちも消せない現実。









夢は夢でしかない?

現実は現実なの?





どっちを選べばあたしは幸せなんだろう。


隣にいられる未来はないのかな…

あたしが笑顔にしてあげられる日はこないのかな…





今以上を望むのは間違ってるのかもしれない。


だけど望んでしまう。
























あの人のいちばんになりたい。

そばにいるということ。 

2008年02月14日(木) 21時45分

いろいろ思い返してた。


あたしはたくさんの人達がそばにいてくれたからいろんなことがあっても今までやってこれた。



離れていった人達。

出会った人達。

ずっとかわらずいる人達。


全部があったから今のあたしがあるんだと思う。




楽しいときは一緒に笑う。

嬉しいときは一緒に喜ぶ。

悲しいときは一緒に泣く。

苦しいときは一緒に考える。


そんなことをできる人達がいる。







あたしは誰かの何かになれてるのかな。


いつも笑顔にしてもらう。

いつも元気をもらう。

いつも幸せな気持ちをもらう。

いつも支えてもらう。





あたしは何かできてる?

あたしには何ができる?








いろんなものをもらうばかりで何もできてないかもしれない。

支えてもらうばかりで支えてあげられてないかもしれない。

そばにいてくれるのにそばにいてあげられてないかもしれない。





あたしは誰かのためになれてるのかな…


何もできないし、何をしていいのかもわからない。







ずっと思ってること。


そばにいたい。

隣にいれたら何かできるかもしれない。

近くにいれたら何かわかってあげられるかもしれない。



















自分が大切だと思う人の安心できる場所になりたい。


ずっとそう思ってきた。




あたしには安心できる場所があるから。


そばにいることで安心させられる存在になりたい。





わからないことばかり。

でもわかることもある。



だからそばにいたい。




大切な人達の何かになりたい。

小さな幸せと、大きな後悔。 

2008年02月13日(水) 19時45分

幸せだよ。

幸せだけどわかんない。








あたしの心に残ったもの。


小さいけどやさしくてあたたかい幸せと、大きすぎる後悔。




どっちも消せない。

消したいけどもう遅い。



















やりなおしたい。

今まであったこと全部なかったことにしたい。

















それでも思い出すのは幸せなことばかり。



もうどうしようもない。

表と裏。 

2008年01月29日(火) 0時08分

表のあたし。

裏のあたし。


あまりにも違いすぎる。




表のあたしが嘘ばかりじゃないけど、ほんとばかりでもない。


裏のあたしは誰にもみせられないし、みせたくない。





作り笑いだってする。

無理に楽しいふりもする。

大丈夫じゃなくても大丈夫なふりをする。


でも幸せもちゃんとある。

































汚い。

醜い。

自分勝手。

余裕がない。

周りがみえない。

思いやれない。

















自分を守ることに必死な今。




こんなあたしがあなたに何かしてあげられるわけない。


やっぱりだめなんだ。
















それでもそばにいたいと思うあたしはなんなんだろう。



そう思うあたしは表と裏どっち?

夢。 

2008年01月24日(木) 22時41分

やめとけば良かった
当たり前だけど 本当に届いてしまった
この星は君じゃない 僕の夢
本当に届く訳無い光
でも 消えてくれない光








この歌詞が頭から離れない。


あたしの想いなんてほんと夢みたいなことで叶うことなんてない。

近づいても遠くなって、届きそうで届かない。



それなのにキラキラ光を放って消えてくれない。




消えてみえなくなればこんな辛い思いはしなかったかもしれない。


いろんなことを後悔した。

でもあたしの今だから。







消えることなんてない。

あたしの中に一生あり続ける光。

ひとり。 

2008年01月21日(月) 21時57分

“一人”と“独り”は違うんだよって言われたことがある。

なんとなくだけど違いはわかる。

“一人”だけど“独り”じゃないってことは経験したからわかる。



今のあたしはどっちなんだろう?




どうしようもなく“独り”を思い知らされて、寂しさに押し潰されそう。


それでも“独り”を望む自分がどこかにいる。




全部やめてしまいたい。
なにもかも放り出したい。

あらゆる繋がりを断ち切ってしまいたい。


だけど寂しくて泣きそう。

矛盾だらけ。






あたしは“一人”なのか。
それとも“独り”なのか。


考えてわかるもんじゃないね。



















延べられた手を拒んだ その時に 大きな地震が起こるかもしれない

延べられた手を守った その時に 守りたかったのは自分かもしれない















捨てたくても捨てられなくて 小さな痛み溜まってた
そいつをずっとしまってきた 一個目の箱満たされた

別に今更辛くもないけど 誰かが見てくれたらな
これだけあれば許されないかな 少し優しくされるくらい















生活は平凡です 平凡でも困難です
星の隅で 継続中です
声援なんて皆無です 脚光なんて尚更です
期待される様な命じゃない


痛いって程解ってた 自分のためのあなたじゃない
問題無いでしょう 一人くらい消えたって

迷。 

2008年01月18日(金) 22時25分

迷いばかりでずっと同じとこをぐるぐるまわってる。


戻ることはできない。
前に進むしかない。


だけど前に進む方法がみつからない。
あの日からずっと同じ場所から進めない。



前に進むってどういうこと?



忘れてしまったよ。
思い出せないよ。




もう力なんてどこにも残ってないんだ。
ここから一歩も動けない。



笑うことが少なくなってきた。

楽しいとか幸せだとかを感じる心が消えそうになる。





どうして迷ってるんだろう。

あたしはここから進んでいかなきゃいけないのに。


いろんなことが怖くて不安でしかたがない。



守ってばかりじゃかわらないことくらいわかってる。

進むためには大きな勇気と立ち向かう覚悟がいる。





あたしが守りたいのは自分なんかじゃない。

だけど怖いから自分を守る。



本当に守りたいのは何よりも大切で失くしたくないもの。

自分のことなんてどうでもいい。
大切なものを守りたい。




だけど迷ってしまう。

自分を守るために大切なものを失くしてしまうのか、大切なものを守るために自分がぼろぼろになるのか。


両方が幸せになれる答えがあればいいのに。



迷ってばっかり。
動けないまま。


















あの日のような青空がみたい。


そうすれば笑顔を思い出して、また動けるはず。




早く。
忘れそうになるよ。

光。 

2008年01月17日(木) 22時48分

あたしの暗闇を射してくれた
あたしの道を照らしてくれた


大切な大切な光


消えそうになる
みえなくなる
ゆらゆらしてる



消えないで
ずっとずっと届けて



今は届かない
今はみえない



あたしは動けないでいる

怖くて不安でしかたがない





光はどこ?


















お願いだから
ずっと照らしていて

お願いだから
消えないでいて


光がなきゃ歩けない

素直。 

2008年01月16日(水) 22時18分

歳をとるにつれていろんなことができなくなってきた。

素直になるって難しい。



いつからか自分の心に素直になれなくなった。



我慢すること。
気持ちを隠すこと。
一線ひくこと。


信じてもどこかで疑うこと。
深く踏みこませないこと。


全部みせないこと。
蓋をすること。




やっぱりまだ怖がってる。
やっぱり邪魔してる。


いつからだろう…自分を守ることしかできなくなったのは。





素直になることは勇気がいる。
簡単なようで難しい。

せめて自分の心にだけは素直になりたい。






勇気を出すための力がほしい。


















お願いだから

あなたはずっと

あたしに力をください

持てる物と落としてしまう物。 

2008年01月15日(火) 21時16分

今でも変わらず大切に持っている物。

進んでいく途中で落としてしまった物。


一体何が違ったんだろう?


落としたことを後悔して探し回ったこともある。

最初は苦しかったけど落としたことで楽になったこともある。



わかったことがあった。


大切なものが増えすぎて抱えきれなくなった。

何がいちばん大切かわからなくなって身動きできなくなった。



自分を守るために落としたもの。

相手を守るために落としたもの。


どっちもやっぱり大切だった。




いつだってあとから気づく。

あたしは何がしたいのか?




後悔して泣いてばかりの日々もあった。

戻れない日々を思ってはいろんなものを責めた。


傷つけて傷つけられて。

そんなことの繰り返しであたしの手に残ったものは何?




今でも忘れてない。

確かに同じ時間を過ごした。

同じ場所で同じものをみて泣いたり笑ったり。


ふとしたときに浮かぶ。

たくさんの人達のキラキラした笑顔。






疑うことも許すことも。
信じることも裏切ることも。

全部があたしの心だった。










今はいろんなことが怖くなった。

心を許すこと。
自分をみせること。
信じること。
素直になること。


あたしが落としたものはこれだったのかな。




今でもやっぱり怖いまま。

子供みたいに真っ白な心はどこにもない。


どこかで疑ってどこかで信じきれていない。








落としたものはもうどこにもないのかな。

どれだけ探し回ってもみつからないのかな。



戻れない道の遠く遠く後ろにあるのかな。



進んでいく道の途中でみつかるといいのに。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:spiral_music
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
Yapme!一覧
読者になる