第1話「踊り場の見えざる手(前編)」

September 09 [Wed], 2015, 14:07

いよいよ、マンガ版第1話「踊り場の見えざる手(前編)」から語ってまいります。

「推理せよ 真実のために

推理せよ 大切な人を守るために
推理せよ―――
兄を越えるために!」

という、後から思えば物語の全てが凝縮されたような、カッコイイ煽り文句と共に、
主人公、鳴海歩君が“あの日の夢”を見て目覚めるところから、物語は始まっていくわけでございます。

いや〜懐かしい!!
歩ー!
まどかー!
和田谷ー!
(へっぽこで可愛い和田谷が、この1話の見所の1つです、真茉としては( ̄∇ ̄))
ひよのー!

宗宮可奈ちゃんや、野原瑞枝ちゃん、辻井君、笹部先輩、いたね(酷い)
いたねと言いつつも、読んだ当初、結構好きだったのでかなり懐かしいです…!

それにしても、かなりどうでもいいんですけど、
歩君が昼寝してる時に持ってた料理雑誌の裏表紙が気になって^^;
ガラスコップに顔がついてて、雪だるまの腕みたいなのが生えてて、「やっ」って言ってます。
なんか、素朴で可愛い(笑)
横にある文字、「あんたに飲んで」もらいたい、かな!?
(ムダに、ホントにムダにイラストを書いてみました…可愛い歩君が描けなくて(T^T))


そして歩君、家庭的ですなー!
チェックのエプロンもよくお似合いで(´▽`)ノ

容疑者呼ばわりされた日だから、レトルトカレー(豪力カリー)とサラダなのね〜!
ホントは、地中海風ブイヤベースに山菜リゾット作る予定だったのにね(T^T)

デザートにプリンまで用意してるし。
しかも皿洗いまで…!

すごすぎだよ、どんな高1男子だよ!
ブイヤベースって何だっけ。
あたしゃ、歩君が用意してくれるなら、豪力カリーでもいいよ。
むしろ何でも食べますっっ!(//∇//)

そして、「俺は…兄貴を憎んでいるかもしれない───」
と思いつつ、情熱的にピアノを弾いてる歩君に萌え!ヾ(o´∀`o)ノ
何やってもお兄ちゃんに敵わないんじゃ、そりゃひねくれてヘタレるよね!!
むしろそこが、真茉としては魅力的なんですけどね。

でも、犯人扱いした瑞枝ちゃんには文句言いに行くんだよね。
意外にヘタレてないじゃないかーって思ったんですけど、
その後、笹部先輩(ケンカが強い瑞枝ちゃんの彼氏)に絡まれたらアッサリ引き下がるんですよねーε=ε=(ノ≧∇≦)ノ
一応「あんたのトリックは俺が解く!!」とカッコよく宣言してから去りはしますけど。
この時の背景の葉っぱ何なんだろ。

しかし、ひよのちゃんの情報力すごすぎ…!
歩君の寝言まで聞いてるなんて(・_・;)
私も聞いてみたいのぅ…!!

そしてそして、小腹がすいたというひよひよに流されてカフェテリアに向かう歩君(笑)
最初、断ってたのに、自分でも何故カフェテリアに向かっているのかわかんないという歩君…(^◇^;)
可愛いなぁ(*´▽`*)

ひよのちゃん、おごりますよって言ってたけど、おごってもらったのかしら!?

そして、第1話最大の見所といえば、最後のページ…!!

「…なるほどな これが真実の旋律か…」
きましたー!!
初期の歩君の名セリフ〜\(^o^)/
キメキメの探偵ポーズと共に可愛いドヤ顔を見せてくれます♪

以上、懐かしさに満ち溢れた第1話感想でした!