閉鎖の挨拶

November 11 [Tue], 2008, 23:59
noonは閉鎖いたしました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。

戦線離脱

November 11 [Tue], 2008, 22:59
戦線離脱宣言をしにきました。
記念すべき、ゾロ誕にです。

愛したキャラクターのBDに、このサイトは終わりになります。
いい記念日だわ。

お礼とお詫びと言い訳は続きを開いてください。
(なにせ、2000文字しか入らないんです)


戻れないふたり

November 10 [Mon], 2008, 22:07
お、尾田先生凄すぎる…。
久々に鳥肌たったァァァァ。
アーロンパーク編でOPにのめりこんだ私ですけど、それ伏線だったんですか!?

このマンガの凄いところは「善悪の曖昧さ」とうことだと何かで読んだけど、これは、凄い…。すげぇマンガだ…。(今更だけど)アァもうだからこそ私が2次が書けなくなったのか…。もう、この人のマンガが読めるだけで幸せだ。

もしかしてハチは海賊としての入団組で、他のメンバーのクロオビとかアーロンとかは、奴隷だったのかな?いや、人間に対する憎悪みたいなのがハチだけは薄い気がする。選民主義というか、アァ言うのがないというか薄いっぽいから。

しかし、物語を追うんじゃなくて人物を追うのね、この人は!
すべての登場人物の背景を透かしながら描き切るっていうこの手法、腕力、理論、凄すぎる。おォ、久々に凄さを感じた!アァやっぱり尾田先生凄すぎる!

でも、コミックス随分買って無いんだよね…、スリラーパーク編辺りからもうぜんぜんッスよ。だって一時期面白くなくって…。(ごにょごにょ)

そういえば、私の学生のときの恩師で日本史の先生だったんですが、

「歴史は少しの空白もなく進んでいるから一箇所を理解しようとしても駄目だ、流れで理解しろ」

と言う先生がいらっしゃいましてね。この人のテストは凄かった。
記述問題が半分で手配50点で、年号とかも出るけどそっちは簡単。

どっこいこの記述問題が(笑)


「何故黒船が日本に来航したのか、ヨーロッパの経済社会情勢など背景を踏まえて述べよ」だの、
「鎌倉時代に女性の地位が男性と同様に高かったと言う事が分かる事例を2個以上入れて述べよ」だの、
「アヘン戦争が起こった原因を説明せよ」だの、

今思えばアレは「試験の為の勉強」じゃなくて「歴史の面白さを教えてくれてた」んだなと思う。
年号とか事件の名前とかはさっぱり覚えて無いけど、流れだけは良く覚えてるもんねぇ。
特に日本も含めてエゲレスの産業革命以後の時代とかは、すべての国が同じ波に乗っかるようになるから(なにしろいろんな国が大きな船で貿易してるから)、日本史・世界史と言う括りじゃなくて歴史って言うくくりでやんないと駄目だと思うな。

どうしてアメリカがあの時期に黒船に乗って日本に来たか説明しろって言うのとかさ、アメリカの歴史とかヨーロッパの経済とか知らなきゃ理解できない事も多いのよね。

マァ兎も角、私の近代史の先生であり、「歴史」と言うものの勉強、あるいはこれは真理かも。「流れを見る」この先生のおかげで、日本史好きになり、今こうしてアレな創作活動に役立っていると言うわけです。

しかしながら、もう一つ歴史の授業があったんだけど若造が教えてた世界史はさっぱりだったな。
集中的に一つの国のこと事ばっかりやるんで(フランスならフランスの歴史ばっかりとか)駄目だった…。別の国とのつながりを説明してないから、さっぱりでやんス。だから未だに洋物の歴史モノは微妙に苦手。
その所為で私今でも世界史苦手なの。日本が鎖国を解いた辺りからの近代世界史はちょっと得意ですけど、それ以前はまったく駄目です。
イマイチ、場所とか地理とか把握できない。

今週のワンピも一緒なんだ

「この事件は何故起こったか」

それがようやく10年の時を経て明かされる、凄すぎるぜ尾田先生。
まったくの善人も、まったくの悪人もいないってことかぁ。
うーん、凄いマンガだ、いや尾田さんが凄いのか。

20周年だってさ

August 11 [Mon], 2008, 0:06
平和について考えたあとにたぎった妄想をするのもまた同じ人間なのだ


皆さんのなかで、パトレイバーご存知の方いらっしゃいます?
(ちょっぴり遠い目をして)

これ多分、かれこれ20年は前の作品なんですが、(というか今年20周年らしいんだが)今をときめく押/井/守(笑)監督のおかげで、まぁ劇場版とかがすごくよくて(後述する理由ですけど)私未だに好きなんですけどねぇ。

その中で、えーと、まァ詳しくはwikiでも読んで頂くとかもう流していただいても一向に構わないんですけれども、この第二小隊と第一小隊の両隊長のCPが私好きでしてね。
子供の頃見ててドキドキしてたんですよ、なんか此の二人の関係に。小学生の頃に既にこういう趣味だったのかとなんかDNAレベルで驚いちゃうんですけどね。

ちなみに隊長二人とも恐らくどっちも30半ば、いや後藤隊長なんかもう四十だよね、なんだけどさ…。

今日借りてきて観たDVDがもうすげぇのなんの、何これ同人誌って言うかすごいいろんなものが喉から出掛かっているんだけどそれを誰にも伝えられないって言うか、ねェ一体誰に言ったらいいの!?というか、えぇと、あの、なんだろう。

とりあえず、ありがちでベタなんだけど此の二人で、そう、此の二人で見たかったのよ!と思うようなね。たぎっちゃうカンジで、微ラブどころか、もう!
いい年してるから気軽にどうこうなっちゃえない、まどろっこしくて中学生みたいな二人がすげぇいい!ぎゃぁ!あ〜なんていうか紅の豚って言うかなんかそんな感じなの!

とりあえず、今日私にレンタルビデオでも借りに行ったら?と思わせてくれたかみさま、どうもありがとう!



ふぅ、とりあえずもう一回観ようかな。

JONJONさま

August 10 [Sun], 2008, 0:55
JONJONねえさまへお返事です。
続きをどうぞ

今日は平和について考える社会派な私。

August 06 [Wed], 2008, 15:06
もう5年以上前、他県の人に言われたことがあるんですが、
「ヒロシマの人は被害者意識が強すぎる」
と言われたことがあります。

それは多分市と県、が1945.8.6と1945.8.9を、この日起こった事に関しての英才教育を施しているせいもあると思いますがそれはさておき。
(他所の県ではないらしいから)

防衛大臣がうっかりした発言を繰り返し、進退問題をたびたび繰り返す昨今、ある日私の同僚の前歯が折れました。

彼女は生まれつき永久歯32本の内、数本が永久歯に生え替わらず、35歳までその一部乳歯を使ってきました。
が、とうとう耐久年数に耐えられず折れてしまいました。
んで丸2年かかって歯の矯正をした後、インプラントを入れる手術をしました。

突然何を!?と思ったでしょうが、そんな彼女は二世です。
彼女のお母さんが胎内被曝してこの世に生まれてきたのが1945年の八月の末。
被曝した子供の永久歯が生えないという後遺症はとてもメジャーなものです。
だからそのお母さんから生まれた彼女もその後遺症の一例。

同僚は今年37才。
「被害者意識が強すぎる」と言った人は今年35歳。

この言った人に聞きたい。

「あなた私の同僚を目の前にして同じことが言えますか?」

と。

アメリカ人の多くが「仕方がない」というと聞きます。
でもそれは戦争行為の肯定なのか、それとも二つの町に起こしたことだけをさすのか
それともどちらをも指すんでしょうか。

じゃぁ、あなたの友達、両親、兄弟で30代の方は居ますか。
その人たちが私の同僚のように、些細でも何らかの後遺症を請け負っているとしたら、それでも同じことが言えますか。
殆ど同年代の友達や家族や恋人を目の前にして言えるのか。

同僚は1970年代の生まれです。
もはや戦後ではないと言われた後の時代に生まれたのに、
戦争の事なんか教科書でしか知らないはずなのに。


どうしても8.6は此の事を思い出します。
此の事を日記に書くとまた被害者意識が強いと言われるけれども、でもわたしにはここがふるさとなのです。
そして同僚は私と10歳も年が違わないのに、歴史の一部を負わされているのです。
その大小は兎も角、とても理不尽だと思いました。

生きています

August 05 [Tue], 2008, 12:08
お久しぶりです。

何ヶ月ぶりだろうか。
えーと、コレまであった私のダイジェスト。

五月妹の結婚式、

六月初めの週に妹が靭帯を切って実家に出戻る。
新婚一週間ですけど…。
ギプス生活、風呂にも手伝いが必要、車の運転も出来ないとあって非常に役に立たぬ置物状態のけが人として戻る。
義弟くんがお気の毒。

六月二週目、祖父がとうとう手術となって流石に93の高齢で大腸癌 レベル5、
もうすわだめか、と思ったら…全快した。
普通の人より手術も速く終わり、転移とかはないらしい。
凄すぎるジジイ、さすが大正生まれは人間の質が違うね(笑)

六月三週目
仕事がいよいよきつくなる。
妹のギプス生活は相変わらず。母も祖父の付き添いで不在が多くなり泣きそうになる。
介助の必要な妹の世話に追われつつ、さらに今週末結婚式に行くというので送迎したり…

六月最終週〜七月
妹のギプスも取れ一月の実家生活も終わり。
帰って言ったが毎週来てメシを食って帰っている。(家近いからな…)
どっこい仕事がとうとうどうにもならないところまで。
途方にくれつつ一月やり過ごしてとうとう八月ですが、
久々に日を超えて帰るとやはりしんどいですね…。

そういうかんじでまぁ生きてはいます。

嫁に行きました

May 25 [Sun], 2008, 21:52
私じゃありません。

妹が嫁に行きました。
5/24の大雨の日に、白いウェディングドレスを着て。

豪雨だったぜ(笑)

その雨が今日は関東地方へ行ってますね(笑)
いやいや、逆だったら良かったのに。
今日はこっちピーカンだよ…

家族の誰より泣いてたよ
泣きすぎ〜!と従姉妹から妹の友達から散々言われる(笑)
泣くのが分かっていたので控え室とかにも行けなかったからね。
もう、親戚とかのお迎え係としてあちこち挨拶してたからね。

…なんでお姉ちゃん控え室来ないの?
…なんであんた見に行ってやんなさいよ。

と言われたが…絶対泣くって分かってたからね…。


うるせ〜!
お前シスコンの私の気持ちが分かってたまるか!

彼女を産みに(?)母が居なかった日の事も、
母が居なくて寂しかったことも
彼女を抱いて母が帰ってきた日の事も、
しっかり覚えてる

私の気持ちが分かってたまるかちきしょ〜!

なのでもう他人が引くくらい号泣でした(笑)
他人どころか身内にまで引かれてたよ。
父母より泣いてたよ(笑)

というわけで、今非常に寂しいです。
人の3倍喋るタイプだったので、家の中がしんとしてます。

まァでも今日も新居片付けに行ったんだけどね。
もう荷物がてんこ盛りになってて、明日からどうやって暮らしていくんだ…と義弟と妹途方にくれてたからね(笑)

まァ何はともあれ、二人で仲良く暮らしてくれたらこれ以上の喜びは無い。
末永くお幸せに。

どうにも

May 23 [Fri], 2008, 11:06
昨日、じいさんの病院から説明あったらしい。

大腸癌、しかもLv5。手術をするなら食事が出来るようになるけど、しなければ腸閉塞を起こすから食事は出来ない、点滴だけ。

だけど手術をして体力が落ちると結核菌保持者なのでそちらの活動が活発になる。以前肺炎を起こしたとき老衰に近いと言われた為どちらにしても体力勝負。何しろ92歳。
月曜までに判断をくれという医者の言う事なんだけど。

実感が無い。

母はなんか憔悴してるし、でも挙式前で大忙し。

とうとう明日妹が嫁に行きます。
こっちも実感がねぇんだ。

なんか、こう…。
波が無い状態と言うのかな。
不思議だ。


冷酷な

May 20 [Tue], 2008, 0:16

こんちわ、クレユキです。
昨日迄大忙しでさァ〜どうしてやろうかってカンジ。

忙しいよ、母不在、妹挙式、新居手伝い、我が家の家事一切すべて。
偉いよ、主婦、すごいよ主婦。
仕事持ってて、主婦で、お母さんもやって、更に同人やってる人っていつ寝ているんだろう(笑)

疲れているのに眠りたく無い的なカンジ。なんか、このまま家事に忙殺されて私の時間が取れなくなるかも!と言う脅迫心理があるね、これ。お母さんが夜更かしする理由が分かるなぁ…。

祖父がまた救急車にて運ばれる。なんか下血?しているらしくて入院。
ってぇいうかさ、検査結果後、病名聞いてあぁそうかと言う感覚しかない。
実感が沸かないだけなのか、
それとも処理し切れてないのか。

自分の冷血さに呆れた今日。

2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
http://yaplog.jp/spiders-cafe/index1_0.rdf