予定日。 

2006年07月07日(金) 16時12分
足の裏に出来たしみを診てもらう為に皮膚科に検診。
TVで2回ほど、
足の裏に出来るほくろは癌の可能性が!!
と言うのを観て怖くなってきた私。
後で色々あるよりは見てもらったほうがいいかな〜・・・ということで行ってきました。
結果、とりあえず良性だけど、いずれ悪性に変わることもあるから気になるなら取ったほうがいいらしい。
ハイ、手術ですorz

今日は生理予定日だったんだけど、1日くらいはずれたりすることあるので気にも留めず。

足の手術。 

2006年07月11日(火) 16時17分
足の裏の手術をしました。
麻酔の痛いことったら・・・

『ウッ・・・』

とか言ってうなだれるしかない。

先生「痛いですかー?」

痛い!痛いに決まってるじゃないですか!
わかってて言ってるでしょ?ああん?!
なんて心の中で逆ギレしながら、
4回も麻酔を刺され、(マジで痛いって!;;)
麻酔が効き始めたらなんてことなく引っ張られる感覚のみ。
無事終了しますた。

先生『痛み止めの薬出すから、術後は痛くないからね。』

と言われて処方箋をもらうも、
薬局に行って書かされたアンケートに

『 妊娠の可能性 該当に丸を ・・・ ない 可能性がある 妊娠している 』

などという欄があった。

そういえば予定日が7日だったのに来ていない。
可能性があるといえばある?
ということで、それを言うと痛み止め薬と抗生物質が貰えませんでしたorz

一応妊娠検査薬で調べてみたけど陰性っぽい。
まあ、今夜か明日には来るでしょ、と思いつつもちょっと不安。

何でもいいけど痛み止めの薬が貰えなかったから足が疼いて仕方なかった・・・。

まさかの。 

2006年07月12日(水) 16時28分
おかしいです。生理来ないです。
私は結構ちゃんと来るほうで、早まりはしても遅れることは滅多に無い。
職場でトイレ行きまくり。でも来てない・・・ヤバイ・・??
5日も遅れるなんて今だかつて無い(正確に言えば一度だけ)。

そういえば前日の妊娠検査薬は使う1時間ほど前にトイレに行っていたから、
検査でお小水を出す為にお茶をがぶがぶ飲んだ。
まさか、

薄まってて正確に測れなかったのでは?

正確だったか怪しい。。

と言うことで、トイレ我慢しつつ薬局に寄って速攻帰宅。
速攻トイレ。
我慢してたからきっと濃いはず・・・・さぁ、どうだ!
つーことで、検査してみる・・・

じわじわ。
じわじわと現れる縦線。
横線だけなら陰性なんですよ。
そこに入る縦線。
やっぱり陽性でした。
(因みに前の日に計ったのをもう一度良くみたらうっすらと陽性反応が出ていました。)

ということで決定打となった妊娠。
相方になんて言おう?
結婚はまだまだ先の話だった。少なくとも相方は。
頭によぎるのは過去の記憶。
帰宅して来た相方に、真っ先に言ってみた。

『ふーん』

とか言われて過去を思い出す。トラウマになっているのかも。
でもあの時とは違いました。
一応、病院に行って検査してもらって、正式に妊娠してると診断されたら
結婚という形になりました。
よろしくね、と目と体で合図。
相方もあの性格だから色々言うのは恥ずかしいんだろうねw
でもそれでもすごく嬉しかったです。

初期症状。 

2006年07月13日(木) 10時23分
6週目と思われる時が来るまで病院にはいけないので雑談をば。

今の妊娠初期の症状と思われる私の状態を少し。

・いつも眠い
・熱っぽい(常時37度前後)
・生理がこない(当然ですが。)
・おなか壊し気味(これはただ壊してるだけかもしれんw)
・疲れやすい(いつも上り下りしてる自宅の階段でも疲れる・・)
・生理痛のようなお腹の痛み(日に何度か)
・胸が硬くて触ると痛い

そしてあと2週間ほどでつわりが来ると思われます。
既に朝気分が少し悪かったり、においに敏感になってきています。
あの気持ち悪さは正直怖い・・・
これから夏が本格的に始まるので、夏バテも混合しそうでイヤですねw

相方の反応。 

2006年07月14日(金) 10時53分
妊娠の事実を伝えた時の相方の反応。
「腹減った〜」と帰ってきて、
ご飯を出す前に言ってみた。
『ふーん』
と言ったけど、実はかなり動揺していた様子。
腹減ったといっていたわりに、ご飯を半分も食べなかった。

以下、その後言った発言。

『もっと仕事がしたかったな〜・・・』
  いやいや、これからもっとしてもらわないと困るから。

『俺の20代は子育てで終わるのか〜』
  その前に一杯遊んだでしょw

『実感沸かねーw』
  そりゃ私も同じ。まだ体の変化もそんなに無いからね。

なんかほんとに動揺してたらしく、
PCのいすに座っててかかとぶつけて流血。
しかもそれに気づかず、血の付いた足跡をいくつか付けていた。
次の日からは普通になってたけどね。

私も頑張るので、頑張りましょう。
イロイロ手伝ってもらうから覚悟してね〜(´▽`)

産婦人科。 

2006年07月15日(土) 10時29分
下腹部痛が気になったので、予定より1週間早めに産婦人科に診てもらいに行きました。
地元で評判が良くて、しかも歩いていけそうなくらい近場のところ。
相方に車を出してもらって行って来ました。
土曜日の午前中だから人があふれんほどに一杯です。

最初にアンケート?の紙にいろいろ記入し、尿検査。
ヤバイ、出ないかも・・・・と思ってたら、結構出た。(キチャナイw
結構な数の患者さん(妊婦さんじゃない人もいると思うので・・・)が居たにもかかわらず、
かなり診察のペースが速い。
20分も待たないくらいで呼ばれて、
診察室に入って速攻に「妊娠してますね〜」といわれた。
そして開口2番は「どうされますか?」と。
「もちろん産みます!」と言うと、先生もほっとした感じ(気のせいかもしれませんがw)で
「では内診室1に入ってくださいね。」
と、誘導された。

内診・・。コレあまり好きじゃないです。
でもここは我慢。
エコーを見ると、小さい袋が!
まだ赤ちゃんの姿は見えませんが、赤ちゃんが入る袋が出来上がってるそうです。
妊娠してるんだ!って実感が一気に沸いてきた瞬間でした。

予定日は3月5日。
偶然にも相方の誕生日の1日前です。
んでもって!!私と相方が初めて会った日です。
コレって偶然とはいえ、すごい!!
あくまでも「予定日」だけど、なんだか嬉しいプレゼントですよねw

遊んでしまった。 

2006年07月17日(月) 10時15分
九州から友達が遊びに来たので、
日曜、月曜とボーリング・麻雀で遊んでしまった。
麻雀はともかく、ボーリングなんて大丈夫なんだろうか・・・と
遊んでる途中で気づく。
私って、まだまだ自覚ない?(−−;
気にしすぎてスコア最悪でしたw

つわり。 

2006年07月18日(火) 10時18分
恐れていたことがとうとう始まってしまったかもしれない。
私は吐くのが苦手。
乗り物酔いや酒に酔って気持ち悪くなってもギリギリまで我慢するタイプ。
おかげさまで小学校2年生以降まともに吐いた記憶がありません。
だからつわりは怖かった
噂や体験談をイロイロと聞くと、
いきなり吐き気が来るだの、
ひどくなると水飲んでも吐くだの、
もう、恐ろしいことこの上ない。

そう思ってたけど、今までは胸焼けはあるにしても
吐き気ほどのものは無かったから、
「もしかしたら私軽い方なのかな?」なんて甘いことを考えてた。


世 の 中 そ ん な に 甘 く な い。


今朝いきなり来ました。
起きたときはなんとも無かったのに、
ちょっと、アレ?なんかちょっと気持ち悪いのかな?
と思い出すと、途端に気持ち悪いのがぐーんときて、
たまにちょっとウェ・・って感じになって
うわ・・・これちょっとやばいかも・・・と思った矢先にきた。
正確には吐いてる気分。
朝何もまだ食べていなくて何も出なかったけど、
食べてたら全部出てただろう雰囲気。
慌ててトイレに駆け込みました。

今2ヶ月目の始め。
つわりは一般的に4ヶ月始めまで続くと言われています。

これが続くとなると、相当恐ろしいんですが(つロ`;)

出血。 

2006年07月19日(水) 10時06分
昨日の夜からなにかおかしいと思ってたけど、
今朝トイレに行って出血らしきものを確認。
お腹も少し痛いし、血の気が引いた。
どうしよう、流産かも?
相方に出血してるみたい、と言っても『ふーん』と言われるだけ

何よ、心配じゃないの?!;;

なんて、ちょっと卑屈になりつつ朝は病院に行くことに決めた。
家を出るまではなるだけ横になって安静にして、
開院10分前くらいに病院に着く
頭の中は、どうしようどうしようばっかり
早めに行ったおかげか、速攻呼ばれました。
先生に出血したことだけ告げると内診。
エコーを見ていると、前にあった赤ちゃんの袋が・・・ない?!

・・・と思ったら、ぐるぐるしたらありました!
前に見たときよりも大きくなってた。
出血はたまにあることなので、様子を見てくださいとのことです。
まだ赤ちゃんの姿は見えなかったです。
早く動いてる心臓が見たいな。

流産防止の注射を打ちますので、と言われて簡易ベッドの方へ連れて行かれた。
腕にするのかと思ったら看護婦さんが、

「ではお尻に打ちますのでうつぶせになってくださいね〜」

え、お尻ですか?!
言われるがままにお尻に注射。
最初はただの注射と同じ、チクッとするくらいだったけど、
液が注入された後揉み揉みされ、じわじわと痛くなってくる。

「筋肉注射ですからちょっと痛いですけど、我慢してくださいね」

はぅ〜、筋肉注射って痛いですね。。
とりあえずでもちょっと安心しました。
後1週間後には元気に育っていてくれれば心臓が動いてるところが見れるみたいです。

泣いた。 

2006年07月20日(木) 16時42分
朝からつわりで何度もえづく。
吐かないけど、(食べてないから吐くものは無い)ホントに苦しい。
自分の唾液すら飲み込めなくて吐き出し、
5~30分おきに襲ってくる吐き気
常に乗り物酔い状態。
ついに会社を休んでしまいました。

眠いから寝たいのに、横になると気持ち悪くなる
やっと寝たと思っても吐き気で起きる。
おなかがすいてるのはわかっているけれど、何も食べたくない。
食べてもすぐ吐き出してしまいそうだ。
会社の人から「大丈夫?」という電話があって、
優しさに触れて泣けてきた。
出血はやっぱりまだあって、
頭の中は苦しいのと不安なのでいっぱい。

頑張ってね 私も頑張るから

って、おなかをさすりながら思わず言ってしまった。
言ったら泣けてきた。
でも出血が止まってくれた
おなかの子も頑張ってくれてるんだな。嬉しい。

きっとまだもっとひどくなるから、これくらいでくじけててはいけない
P R
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:spicachu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる