苛立つ 

July 26 [Wed], 2006, 22:08
彼女をさっくり一言でイメージすると雨女だった。

濡れ女でもいいかもしれない。
とりあえずじっとりと濡れそぼっている。
濡れていると言っても艶やかな色気があるわけではない。
化粧気のない白い肌には水滴を弾き返すような弾力はなく、
ぐんにゃりとした生気の無い白さだ。
さきいかの色だ。
ふとそう思った。

べったりとした黒い髪はひどく重く見えた。
たっぷりと湿気を含んでいそうで雨女をイメージさせたのだ。
ただ伸ばしているばかりなのだろうか、中途半端に長い前髪が目にかかって表情が見えない。
痩せてはいるが顎がしゃくれた四角い顔だ。
ひどい猫背でも意志が強そうに見える。
とにかく電車内で不愉快な存在だったので観察してみた。
観察しているうちにどうでもよくった。
それだけの話

甘やかす 

July 11 [Tue], 2006, 21:31
前髪を切りすぎたら舞Himeの人っぽくなった……遥だっけ?
とか思いつくあたりが過労死寸前でもやっぱりオタクです。
ジャンプを糧にして生きています。

閑話休題。
普段はいい加減で適当で疎遠にしがちなダメ人間なのに、オタクという業で繋がった人々のことはなかなか断ち切れなかったりします。
例えそれがどうしようもない子だったとしてもついつい甘やかしてしまうのはむしろ私自身が雲の糸に繋がっているのやもしれません。
性根は相変わらずオタク真っ盛りで通勤中は寝るか妄想しているばかりだというのにオタク界との距離は広がるばかりで振り返れば行き詰まりばかりで仕事人以外の私は形骸のみになりつつあってそれをどうにかしようとしても能動的にはなるには疲れているからこちらに働きかけてくる厄介ごとにすがりついてしまっているのです。オタク友らと交わっている間は微かでもオタクだと感じられていられるので身も粉にします。
共依存よりなお悪い。
アンダーグラフのせいにしたい

インドカレー風味の緑黄色野菜スナック 

July 05 [Wed], 2006, 22:04
無印良品。
168円也

内容はオクラ、カボチャ、ゴーヤのフライ。
無印らしく味付けは控え目、油もさっぱり。
思い切り素材感。

カレー感じることができたのはオクラのみ。
カボチャは甘く、ゴーヤは苦く固い。

軽い仕上がり過ぎて満足出来るのは口腔内まで。
これならジャーキーのが良いかな

★★☆☆☆

たゆたう 

June 07 [Wed], 2006, 21:48
どうもよく寝ていたようです
何かの夢を見ていたことは確かなのだけれどどうしても思い出せない。
それくらいの熟睡っぷり

ヲタクのこだわり 

June 06 [Tue], 2006, 23:43
家に帰るまでに湿気るのが嫌だから雨の日に本は買いません。
とか抜かしていたらいつになってもジャンプが買えません。
職場近くのコンビニで立ち読みする勇気はないし。

万年筆生活 

June 05 [Mon], 2006, 21:54
楽し過ぎる。
多分今まで人よりも沢山の文字を綴ってきた自信だけはあるけれど、こんなに文字を書くのが楽しいのはDr.グリップ以来かも。
ペン先の些細な汚れを気にしたりコンバーターの泡を心配したり無意味に文字をうだうだ書いたり恋に落ちた時に似てる。
もう其れが其所に在るだけで幸せな気持ち。
食欲と物欲が落ち着いたし。
他の万年筆や文房具が気になる時もあるのだけれど、するする文字を綴っているとそれだけで無条件で幸せになれる安上がり具合。

相棒…なるか? 

May 28 [Sun], 2006, 17:45
万年筆というものが永遠の憧れでした。
以前母のお下がりの赤ペン先生ペンを使っていたことならあるのですが、
やっぱり自分だけの一本が欲しいってことで
つい衝動買い。

ネットショッピングって怖すぎ。

ホワイトボディにピンクゴールドメッキです。
しかも日本製
やっぱり日本製のが日本語が書きやすい気がします。
私の書き言葉はちゃんぽんだけれど。
http://www.rakuten.co.jp/nagasawa/465289/742811/
ピンクゴールドといえば、右耳に光るマルガリータとおそろいなのです。
来月の支払いもまた恐ろしいけれど楽しみ楽しみ。

三年目になってから金使いが荒すぎでマズ過ぎる。

他の候補だったもの(経済的な面で断念)

初期一目惚れ。
シェーファー レガシー ヘリテージ スペシャルエディション 
ヴィクトリア 万年筆
http://www.rakuten.co.jp/buneido/399255/712558/
ヴィ、ヴィクトリアンな外見にクラクラ。
でもアメリカンなんだよね、実は。

最初はセルロイド製のキンギョ
プラチナ 万年筆 #3776 PTB-30000S-24 セルロイド キンギョ
http://www.pen-house.net/pen/platinum/ptb_30000s_24.htm
鮮やかな色合いです。
愛用中のほぼ日手帳にぴったりだなぁと思いつつ、価格で断念…
でも良く考えてみたらあまりかわらないね。

一見、 

May 25 [Thu], 2006, 8:20
普通っぽい男女だったのに今度のコスはキラたんですかそうですか。
女の子はロリですか。
公共交通の中はネタの宝庫です。

きっと吐く。多分吐く。もうすぐ =?ISO-2022-JP?B?GyRCRUckLxsoQg= =?= 

May 22 [Mon], 2006, 11:58
食べ合わせが悪かったようで。
抹茶ラテが効いたのかな

とかぼんやり考えていたら案の定吐きました。
鮮やかな抹茶色です
あまりにも和みな色に記念撮影を試みましたがトイレの中でシャッター音は洒落にならないので断念。

本日のメニューはアボガドとシュリンプのせほうじ茶ご飯に抹茶ラテ。
絶対牛乳が戦犯。

感傷に浸る前に文章化して建て直しを図ります。
いや、それは詭弁。
最初に目の周りの毛細血管が破裂していなかったことに一安心しました。
あの赤い発疹はコンシーラーじゃ潰せないのです。

むかし、 

May 18 [Thu], 2006, 22:23
小学校にやたら絵の巧い先生がいた。
確か男女一名ずつ。

そしていつ頃だったか、彼ら二人に絵を描いてもらうのが学校自体で大流行になったことがあった。当時三年生かそのあたりだったが私も長い時間待ってようやく手に入れた時はものすごく喜んだのを覚えている。たしかコピー用紙に鉛筆でバストアップだけ描かれたものったのだけれど。そしてブームはとうとう男性教員が全校集会でスピーチするまでに至ったのだった。内容は殆ど覚えていないが、お絵かきに対する情熱を実演を交えて島田和彦並みに熱く語っていたような気がする。三年後に聞いたら恥ずかしさのあまり、憤死してしまったかもしれない。電車でまどろんでいたらふと思い出したオタクの源記憶。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像ONE
» 芸風ゲイ風ゲイフォー (2006年05月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:spica-brue
読者になる
Yapme!一覧
読者になる