ガボのけい

March 07 [Mon], 2016, 7:04
看護師の資格を得るための国家試験は、1年に1度行われます。看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年における看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を示し続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできれば合格可能な国家試験です。看護師の資格を得るためには、何通りかの道があるでしょう。看護師免許を取得するには、国家試験を受験することが必要ですが、いきなり試験を受けるわけにはいきません。試験を受ける資格を得るためには看護専門学校(3年間)とか看護系の短大(3年間)でなければ、看護系の大学のいずれかで、看護に関して勉強する必要があるのです。看護師国家試験に受かるよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいことだという人もたくさんいます。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに通らなかったといったちょっとしたことで留年だそうです。それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も見事に合格した方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。修学旅行やツアーなどに共に行き、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。子供のいる既婚者は土日を休みにできたり、夜勤なしの職場を望んでいるものです。病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。高校進学の際に衛生看護科に進むと、国家試験の受験資格を得るのが他の方法よりも早いので、看護師の資格を得るのが、一番早いでしょう。ただ、途中で進路変更を考えても変更するのは簡単ではありません。また、試験を受けるまでには最短5年でいいのですが、準備期間が足りないために勉強や実習に充てる絶対量が足りずに合格するのが難しいともいえます。看護師が上手く転職するためには、将来のことを考慮して迅速に行動することが重要です。また、どんな点を重視するのかを決めておくことをお勧めします。未来の自分の姿を明確に思い描いて、そのビジョンに沿った転職先の情報をちょっとずつ収集してください。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も挙げておきましょう。現代は高齢化が進んで、看護師は福祉施設などでもニーズが広がってきているのです。また、大手の会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを手がけています。このようなケースは、社員としてその会社に入社することもあることでしょう。産業看護師は働く人の健康のために保健の指導などをしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。産業看護師の求人募集は一般に公開されないため、ハローワークで見つけようとするのは無理かもしれません。興味がある場合は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。そういうサイトなら、産業看護師の募集も頻繁に載っているでしょう。看護師の当直というのは、16時間にもおよぶ長時間勤務となっていて、仮眠を勤務時間中にとることができるのです。月に8回までと国の指針で定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。働いている病院の勤務形態によっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が長続きしない理由のひとつだと思われます。なぜ看護師になろうと思ったのかは本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の場合の志望動機はこれまでに蓄えたスキルを有効活用したいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、前向きな印象を人に持たせられるようにすることが大切です。前の職場の批判や陰口は口にしないほうがいいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウキ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/sphceensiaospm/index1_0.rdf