渡邉高博のラダートレーニングメニュー@ステップ

April 13 [Mon], 2015, 4:38


チャンスの場面でも出だしからスピードを出せず、相手に先回りされてばかりいたとしても、
スピードが出せるボディバランスが身についていき、球技をもっと思いっきり楽しめるようになるにはこちら



あなたも体を思い通りに動かせないもどかしさはさっさと取っ払って、下のようになりたいと思いませんか?

ディフェンスラインの背後を突ける

届かなかったボールに追いつけるようになる

走りだしが速くなる

短い距離でも瞬時にトップスピードになれる


運動神経の良い選手はまるで頭の先からつま先まで神経がうまくつながっているかのように、ボディーコントロールが上手だったりしますよね。
フェイントを鮮やかに決めたかと思えば、ここぞという場面でアッと驚くプレーを見せたりと、度肝を抜かれることも少なくありません。

運動神経の良い人たちはテクニックの習得が著しく速いわけですが、そもそもジャンプ力があったり走るスピードも速かったりします。
逆に言うと、そういった基本的な身体能力が高いからこそ、スポーツでも高いパフォーマンスを発揮できるわけで、身体能力を高めることも実力アップに欠かかせません。


そこで走力を鍛えようと思ったらひたすら走り続けるとか、下半身トレーニングを重点的にやるのが一般的ではあるものの、こういったやり方でスムーズに走るスピードが上がるわけではありません。
足の速い選手はふくらはぎの筋肉ががっしりしているので、確かにふくらはぎを太く強くするのは走力アップに有効だとは思いますが、ふくらはぎが太くなるのはあくまでも結果です。
ふくらはぎをうまく使うような走り方をしているからこそ、速く走ることが出来ているというのが事実です。

あなたも、速く走るためには何が重要で何が不必要なのか?まずはそこからしっかり抑えていかなければ、下のような悩みが解決されるのはずっと先の話になってしまいますよ。

いつも相手の背中ばかり見てしまう

出遅れることが多々ある

ドリブルが遅くて、すぐに追いつかれてしまう

1対1のスピードで全く対抗できない



渡邉高博さんの「球技で使える」瞬間的スピード走法では、足の速い選手(運動神経の良い選手)が備えているスピードアップのコツをてっとり早く学ぶことが出来るトレーニングマニュアルです。
例えばボールに対する反応の速さ何かも、確かに反射神経の良し悪しが影響するものの、いくつかのポイントを抑えることで反応速度を劇的に高めることが出来ます。
要は、ボールに対して素早く体を動かせるようになれば良いわけで、事前にどんな姿勢になっていればよいのか?というのが重要になってくるわけです。

他にもトップスピードまでのギアの入れ方とか力を入れるタイミングなどなど、球技で起こりうる様々なシチュエーションに対応できるスキルを高めることが出来るのですが、
「球技で使える」瞬間的スピード走法を実践するために必要な時間は1日5分弱でもOK。効果の高い練習に集中して取り組むことが出来るので1か月くらいスピードアップしている実感が得ることが出来ますよ。



渡邉高博さんとはちなみに、現役時代にはオリンピックにも出場したことがあるので、あなたも名前を憶えていたかもしれませんが、現在はアスリート向けのフィジカルトレーナーとして活躍している人です。
世界トップレベルの単距離レースで戦ってきた経験から、体をどのように動かしてどのように鍛えると、高いパフォーマンスを出せるのかを熟知しています。

渡邉高博さんに指導してもらった人たちは、軒並み身体能力がアップしており、走力に関していえば100%の確率でスピードアップを実現させています。
彼のノウハウがこれほどまでに高い再現性を備えているのは、間違いなく、練習内容がシンプルでなおかつ効果的なメニューだけに絞り込まれているからです。

だからこそ1日5分弱という短い練習時間であっても、必要なエッセンスをしっかり吸収することができ、1か月もしないうちに走り出しからぐんぐん加速できるようになりますよ。

→→テクニックをスピードで補えるようになる渡邉高博さんの「球技で使える」瞬間的スピード走法で球技における走りで一番大切な事とは??


英会話上達 独学ブログ
フランス語 学習 サイトや教材

渡邉高博のシャトルラン コツ 呼吸@コツ

April 13 [Mon], 2015, 4:33


どんなスポーツにおいても、身体能力とか運動神経によって実力の違いが生まれてしまうものです。同じ練習をしているはずなのにセンスの良い人はどんどん上達していきますからね。
体格に関しても小柄な選手よりは大柄な選手の方がより高いパフォーマンスを上げやすいのは間違いなくて、特に1対1の場面では体格差が如実に影響してしまうものです。

身体能力や体格差に関しては先天的に決まってしまうものなので、今さら覆しようがないと思っていましたが、身体能力もある意味、テクニックでカバーできることがだんだんとわかってきました。
例えば、走りはじめの時にたいていの人は足を一歩後ろに引いてから走り出してしまいます。そこで、後ろに一歩引くんじゃなくて初めから前に一歩出すだけでも、それだけで目標地点の到達時間が短縮できます。


他にも、常にかかとを上げるようにしておくとか、背骨を立てておくようにするなど、いつでもスピードを出せる姿勢を意識するだけで、瞬間的なスピードアップができるようになります。
普段の練習だとテクニック上達やフォーメーション確認の方に多くの時間を奪われがちですが、スピードアップをはじめとした身体能力を高めることも必要不可欠です。

身体能力を高めていくにあたって、正しい体の動かし方を覚えるようにしていけば、身体能力を底上げできるだけじゃなくて、体に余計なダメージを残す心配がなくなります。
他にも無駄な動作をなくして最小限の動作でプレーに取り組めるようになるので、体力を必要以上に消耗することがなくなり、ライバルに走り負けすることがなくなります。



渡邉高博さんの「球技で使える」瞬間的スピード走法では、背骨を中心に正しいフォームを作る方法であったり、体の柔軟性を高めてよりスムーズに動作する方法などを覚えていきます。
余計な体の動きを徹底的に省いたり、無駄に力がはいるのを最小限に抑えていった結果として、スピードを高めていくような流れになっています。

逆に言うと、スポーツでなかなかスピードが出せない人というのは、無駄な動作や余計な力が加わることによって速度を殺しているだけであって、先天的に身体能力が劣っているわけではりません。
渡邉高博さんの「球技で使える」瞬間的スピード走法にあるとおり、やるべきトレーニングを通じて必要な動作をしっかり身に着けていけば、誰だって走る速さを高めることができます。

あなたも忙しい時には1日1回5分で良いので、渡邉高博さんの言うとおりに身体を動かしていけば、1か月もたつころには、今よりもずっと力を抜いてギュンとスピードを出せるようになりますよ。



全く体系化されていない基礎トレーニングで、無駄なところに力が入る効率の悪い走り方は今日で終わりにして、
瞬間的に動き出す秘訣を手っ取り早くマスターして、相手の動きにいち早く反応できるようになりませんか?

スピードアップなんて期待できない練習をこれからも続ける前に、トップスピードでボールを運べるようになるにはこちら




クレジットカード 使えない
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
PVランキング
ブログランキング