ジニアス速読術は、長年速読を研究した川村明宏さんが完成させた速読術です。 速読術を使って、本が速く読めれば、より多く勉強や仕事ができ、余裕も生まれます。 もし、本を読むスピードが、数倍から数十倍になったら、 あなたの人生は、どう変わりますか?

2009年03月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:速読術
読者になる
ジニアス速読術 / 2009年03月25日(水)
試験勉強していて、もっと早く読めたらと思ったことはありませんか?

資格を取るために、大量の本を読むのに時間が足りないと思ったことはありませんか?

会議の資料を作るのに、徹夜で資料を調べたことはありませんか?



1日24時間を有効に使うには、

勉強や仕事を効率よくするには、

本を読むスピードを上げる速読が、一番いい方法です。



速読と言っても、斜め読みのような中途半端な理解ではありません。

きちんと理解しながら、読む速さが数十倍まで速くなる読み方で、

「目で右脳を鍛えるDS速読術」ほかで知られる川村明宏博士が、

数十年来速読を研究してきて、生み出したジニアス速読術です。





司馬遼太郎や立花隆など著名な作家は、

普通の人が想像できる以上の大量の書籍から事実や史実を知るため、

速読を使っています。




アメリカの大統領も、大量の情報を処理するために、速読を習得します。

特に、ジョン・F・ケネディは、読むスピードが速く、

処理の仕方がうまかったので有名です。




速読できるようになれば、

人より数倍早く本が読めて、しかもより多くの本が読めるので、

情報をいち早く収集でき、仕事で先んじることができます。

しかも、早く帰宅できて一家団欒も可能です。



速読を習得できれば、右脳が活性化しますので、

理解力や記憶力も向上して、頭がよくなり、

試験も余裕で準備できるようになります。

余裕ができますので、さらによく理解でき忘れることもなくなります。




資格試験も、とろうとすれば無理せずに取れる自信がつきますので、

人生設計に余裕がでます。

弁護士や、公認会計士も夢ではなくなります。



公認会計士2次試験を史上最年少の19歳で取ったとして知られる人も、

速読を使って、次々に難関の資格を取ったそうです。

速読を使い勉強して、資格を取ることが趣味になっている人も

少なからずおられます。



さらに、速読をマスターすると、

目の使い方が改善されて、

余分な筋肉の緊張が取れますので、

実は、視力も回復しますし、

肩こりもなくなる効果もあります。



一時間かかる本を、僅か6分で読めるようになれば、

残りの54分が他のことができるようになります。



本を読むスピードが10倍、100倍になったら、

あなたの人生が、どう変わるか想像してみてください。




ジニアス速読術の体験談が、多数こちらの

川村明宏のジニアス速読術に寄せられています。



.
 
   
Posted at 16:37 / ジニアス速読術 / この記事のURL
速読術で役に立つこと / 2009年03月06日(金)
コンピュータ関連の仕事では、

500ページを超える仕様書やマニュアルを、いくつか読んでおきますが、

そんな時速読術は、役に立ちます。

一週間はかかると思われる書類を、1日もかからずに目を通せるので、

お客さんからも、よく勉強しているなと思われいて、高い評価を得ています。



必要な技術情報やマーケティング情報などを、

インターネットや図書館の書籍から調べるのに、

非常に役に立っていますし、

今までとは違う仕事を頼まれるようになってきました。




一番助かるのは、図書館から借りた本を明日返却というときに、

昔なら、時間がなくてそのまま返却していたのですが、

いまでは、寝る前の数分で読めてしまいますので、

困ることはなくなりました。



一冊、十分前後で読めてしまいますので、

寝る前に、読む本を選ぶのに困ってしまいます。



会社の通勤でも、電車で本を読めるのですが、

数冊は読めてしまうので、かえって持ち運びが大変で、

また、気も散りますので、電車では速読で読まないようにしています。



速読できるようになったことで、

より多くの情報を吸収できて、

しかも、時間に余裕ができるようになったのが、

うれしいですね。


ジニアス速読術の詳細は、こちらの

川村明宏のジニアス速読術でご覧ください。



.
 
   
Posted at 16:41 / ジニアス速読術 / この記事のURL
P R
 
 
 Powered by yaplog!