金井英之の人前であがらない方法

January 13 [Wed], 2016, 10:06


たくさんの視線を浴びると思考停止してしまい、何を話したのか自分でもわからないことが多かったとしても、
話せば話すほど言葉が勝手に浮かぶようになり、コンペでは緊張する競合を出し抜いて抜群のプレゼンを披露できるようになる方法がこちら



あなたも、親しい友人から結婚式でスピーチをしてほしいと頼まれたものの、根っからのあがり症のせいで、式の日が近づくにつれ緊張感がエスカレートしてしまい
本番では名前を呼ばれた瞬間から上ずった声で返事をして失笑を買い、さらには緊張で体震えるというとんだ失態を見せたことはないでしょうか?

もしくは、プレゼンやスピーチがあれば入念に準備を整えて、原稿を何度も読んで練習をしてみるものの、
人前に出ると頭の中が真っ白になり、しどろもどろになりながらぎこちないしゃべり方になってしまい、そのたびに後悔と悔しさに打ちひしがれていないでしょうか?


スピーチの上手な人は、まるで物おじすることなく堂々と話しているように見えます。テレビに出てくるアナウンサーも緊張している雰囲気を一ミリも感じないですよね。
ただ実際には緊張しない人なんているわけがありません。誰だって人前に立たされれば少なからず緊張してしまうものです。

緊張すると誰だって体が硬くなったり顔が赤くなったり、声がぎこちなくなってしまうものです。暗記したはずの原稿を忘れることもよく聞く話です。
場数をこなせば確かに緊張をある程度はコントロールできるようになるものですが、失敗経験が積み重なってしまうと、人前に出ることがトラウマになってしまう危険があります。


人の視線をちょっと浴びるだけですぐに緊張がMAXになってしまい、その状態からなかなか抜け出せなくなる可能性があります。
スピーチやプレゼンをうまくできるようになりたい!と思うのであれば、場数をこなすんじゃなくて、違った角度から対策をしていくべきです。



金井英之さんの金井式スピーチ瞬間記憶術セミナーDVDは、原稿を丸暗記するノウハウを身に着けてスピーチを上達させるという、ちょっと変わったスピーチノウハウとなっています。
ただ普通に考えてみると、プレゼンの場に立たされた時に、もし自分の手元に原稿があれば、とりあえずは言葉に詰まることはだいぶ減らせそうですよね?

だからと言って原稿を片手に持ってスピーチするのはそれだけで説得力が落ちてしまいます。それに営業先で大事なお客さんを相手にそんなことをしていたら契約なんて取れるわけがありません。
原稿はできるだけ暗記しておくべきではあるものの、ほとんどの人は暗記が不足しています。自分では覚えたつもりで実は、記憶がぼんやりしていることが良くある話です。


事前にどれだけ練習をしても本番で原稿を忘れてしまっては意味がありません。かといって練習時間を無尽蔵に増やせるわけでもありません
金井英之さんの金井式スピーチ瞬間記憶術セミナーDVDではそこで、原稿を映像(画像)として覚えるというノウハウを教えてくれます。文字を理解して覚えるんじゃなくて、原稿そのものを記憶に焼き付けていくわけです。

一般的にはフォトリーディングを呼ばれる記憶術のやり方を身に着けていくわけですが、1日に必要な時間はたったの20分だけ。
脳みそを絞りあげるような負担を背負うようなことはありません。体力や忍耐力も全く必要ないので、朝起きて歯を磨くような感覚で続けやすい内容となっています。


それでいて早ければ14日ほどで暗記力が上がっている手ごたえを感じられます。覚えたいことを映像としてどんどん頭の中に刻み込めるようになります。
事前準備が十分にできなかったとしても、最低限、原稿の内容さえきちんと覚えていれば、本番で話す内容を忘れて醜態をさらすことが激減していきますよ。

→→あなたのスピーチに対する苦手意識を払しょくしてくれる金井英之さんの金井式スピーチ瞬間記憶術でスピーチ原稿を簡単に記憶できるフレーズ列挙法とは?


安楽拓也・藤井誠 ドライバーのエネルギー爆発理論 ネタバレレビュー
清家政和 内野守備上達革命 評価レビュー

金井英之が緊張しないで大勢の前で話すには

January 13 [Wed], 2016, 9:58


ネットでちょっと探してみると、プレゼンを効果的に進めるためのテクニックやノウハウをいくつも見つけることができます。
特に多いのは「こんな流れで資料を展開していくと良いよ。」というテンプレートであったりフレームワークです。例えば

「身近な話題」

「その話題の裏側にある問題」

「問題の解決法(商品紹介)」

「従来法と比べた場合の優位性」

といった感じで資料をまとめるのも良い方法です。

いきなり商品紹介に入るよりも、まずは誰でも知っていて誰もが関心ありそうな話題を持ってくることで、聴衆の関心を引き寄せやすくなります。


この流れで原稿を作るだけでも、それなりの効果は期待できるものの、問題はきちんと実演できるかどうかじゃないでしょうか?
どんなに入念に原稿や資料を用意したとしても、それを本番できちんと披露できなければ意味がありません。原稿とはあくまでも本番であなたが話すことを前提に作り上げていくべきです。

逆に言うと原稿の用意がちょっと遅れてしまったり、事前練習が十分にできなかったとしても、不思議と本番で驚くようなプレゼンをやってのける人たちもいます。
その人のプレゼン能力が高いと言ってしまえば、それで話は終わってしまいますが、実はプレゼン能力をもう少し詳しく調べてみると、簡単なノウハウで構成されていることがわかります。



金井英之さんの金井式スピーチ瞬間記憶術セミナーDVDでは、まずはあなたが抱いている思い込みをなくしてくれます。「プレゼン=緊張する」「スピーチ=自信がない」という紐付けをなくしてくれるわけです。
失敗経験が多ければ多いほど、思い込みが足を引っ張るようになります。逆に言うと、思い込みがなくなってしまえば、それこそ手のひらに人の字を書くだけで緊張をほぐせるようになります

あなたも↓のような悩みに今までさんざん、頭の痛い思いをしてきたんじゃないかと思いますが、


人と関わることに恐怖すら感じる

人前では思ってもいないことを口走ってしまう

スピーチをお願いされているが話せる自信が全くない

打ち合わせで発言しても誰も聞いてくれない


思い込みをなくして原稿をきちんと暗記するノウハウを身に着けてしまえば、状況は180度変わります。人前に出てスピーチしたくてウズウズするようになります。
1日20分で良いので、簡単なトレーニングを地道に続けていくだけで、早ければ14日で↓のような結果をてにいれることができますよ。



自己紹介での第一印象が抜群に良くなる

本番でもリラックスして3分以上スラスラ話せる

人前で3分くらいペラペラしゃべれる

議論になった時に相手に言い負かされることが減る


大事なプレゼンでも周囲の期待通りにミスを連発して、評価がどん底まで落ちてしまう前に、
本番を見据えた原稿作りの方法を身に着けて、今まで見下してきたやつらをギャフンを言わせてやりませんか?

人前で話すのを避ける人生は今日で終止符を打って、プレゼンなら俺!と自信を持って言えるようになるにはこちら





クレジットカード ポイント還元率|お得な使い道を徹底比較!
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング

PVランキング