税理士のマナー

July 23 [Tue], 2013, 22:54
社会の基本的なルールとしては”時間に遅れないこと”が、今も昔も変わりません。
必ず朝は時間に遅れないよう早めに到着したほうがいいです。



それでは、約束の時間や到着時間はどうでしょうか。
取引先やお客さんを訪問する場合には、交通手段や経路、所要時間などを予め調べておきましょう。



最近ではインターネットで簡単に路線等の検索ができます。
所要時間がギリギリの計画を立てると、電車が遅れたり、改札を出てから出口まで遠かったりと、どんな状況になるかはわかりませんので、ある程度の余裕を持って会社を出るようにしましょう。



また首都圏内であれば、どの車両に乗れば、出口に一番近くで降車できるかなどを調べられる乗り換えマップがあるので便利です。
また遅れるのがだめなら早く行ってしまったほうがいいのではと思う人もいるかもしれませんが、先方も会う準備が必要なので、かもしれませんし先客がいるかもしれません。



早すぎるのは迷惑になります。約束の5分前くらいに会社の受付に入るとよいです。
ただし、朝一番や、昼休み後の午後一番という場合は、先方が落ち着いた状態ではないということがあるので、約束の時間か、逆に少しだけ遅れるぐらいでよいです。



もしも、電車の遅延などのトラブルで遅れることがわかっている場合は、約束の時間までに電話を入れましょう。
きちんと理由を言って、どれくらい遅れそうなのか、連絡しましょう。



約束の時間には余裕をもって行き、10分前には到着して、駅などのトイレに立ち寄り、服装やヘアースタイルなどをチェックするようにするといいでしょう。



自分が困ったときに、助けてもらえるかどうかは、日頃の人間関係次第です。
他人に甘えることなく、計画性を持って仕事ができるようにしましょう。



名古屋の税理士事務所で働くスタッフのブログ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:speech0563
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/speech0563/index1_0.rdf