わがまま(2010.8)

October 06 [Thu], 2011, 22:46

何一つ不自由のない実家を
出る理由はない。

むしろ、
帰ってくれば家族がいて
温かいご飯ができていて
お風呂が沸いていて
お腹が空けばおやつがあって
病気になれば看病してもらえる
大好きなこの家を
出たくなんてない。

大好きな京都にもずっといられるし、
定期があれば神戸はもちろん
大阪にだって自由に行き来ができる。

デメリットの方が
圧倒的に多い。

お金もかかる
手間もかかる
心配もかける
行動範囲も狭くなる

でも今下宿しなければ
学生生活を終えて
京都や大阪に就職すれば
もしくは結婚すれば
私は一生、一人で暮らすことはない


昔から
近所に知り合いすらいない
小さい頃の友達は皆それぞれの
中学や高校の友達と遊ぶようになるし
遊び相手は家族かゲーム
休日に友達と遊ぼうと思えば
電車に乗って集まらなきゃならない
帰りに寄り道したくても
皆の定期が共通して行けるところはない
学校の最寄り駅でさようなら
誰かの家に行くときも
何週間も前から予定を立てて
お菓子を買って電話を入れて
毎回毎回が一種の儀式みたいだった
楽しかったけど、しんどかった…

たぶん、
気軽に友達と会えるようになって
すごく嬉しいんだろうね
よかったね

他の人にとっては
何でもないことかもしれないけど
今までにない幸せ、見つけたんだよね



酷い言い方だけど、時々、
生温い環境にいる自分を
殺してしまいたいほど憎く、
嫌になることがある

申し分のないほど幸せな癖に
何をバカなことを考えてるんだ
って思われるかもしれない
っていうか思われてると思う。

ここにいれば、
暖かくて幸せな生活が続けられる。
そして、
何も知らない幸せな人間になれる。

でも、そんなの嫌だ。

中学生みたいな悩みだなって
恥ずかしいと思ってる。

“下宿する”ってことを
過大評価しすぎてるのも知ってる。
自分でも拘りすぎてると思う…

下宿が全てじゃない。
そこから自分を
どう成長させるかが問題。

家事は最低限なら
自然とできるようになるだろう
そんなことはできて当たり前だから
人間として一回り大きくなりたい
その為に敢えて環境を変えたい

というより、
私は皆と違って弱くて小さい人間だから
無理矢理にでも生活様式を変えないと
どうしても家族に甘えてしまう


これでもか
ってくらい自分勝手に
家の少ないお金を使って
ワガママ言い放題で
好きなことしまくって

その上言い訳しかしてない。


家にお金がないから
国公立しか受けなくて
通学に片道2時間以上かかるのに
最初から下宿はしないって決めてて
バイトも入れまくってて
勉強も部活も頑張ってる子もいる

男の子なのに、酷い過保護で
優しさで縛っているとは思えない
そんな親から逃げるように
神戸に出てきた子もいる

家計がどうしようもないなら
否が応でも自宅から通うのに
家庭に不満があったら
何の気兼ねもなく出ていけたのに
ありがたいことにウチの家庭は
暖かかった


何の理由もない。
だからこそ、これを
最後のワガママにしたい。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちなみ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
読者になる
2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/spaciba/index1_0.rdf