まずは相続登記の説明から

December 29 [Wed], 2010, 15:10
私法上の法律回避は、国際私法における準拠法指定の前提となる連結点を故意に変更することにより行われる。日本では、戸籍法に定められている。日本では、一般的に民法(明治29年法律第89号)の「第4編 親族」と「第5編 相続」を合わせて家族法と呼ぶことが多い。相続に関する規定には遺言により民法の規定と異なる定めをすることができる任意規定が多く含まれる一方、遺留分規定のように遺言での排除を許さない強行規定も存在する。戸籍(こせき)とは、戸と呼ばれる家族集団単位で国民を登録する目的で作成される公文書である。▼相続登記でお悩みの方はこちらのサイトへどうぞ▼法律の効果を極めて単純に分解すれば、法律事実を要件として法律効果を生じると考えられる。 法曹(ほうそう)は法律に関する仕事をする人、即ち法律家のことである。実質的意味の法律の意義(法律の実質的意味)としては、主に以下の立場がある。権利の登記の場合には、俗に言う「権利書」のこと。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kana
読者になる
2010年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる