ラテン語言い回し 

March 25 [Sat], 2006, 22:43
今日も続いて難しい英語です

日本語でも一般的に外来語や古語は使われますが、
英語でも例外ではありません。
ラテン語の言い回しが組み入れられていることがたくさんあります。
「quid-pro-quo」 クイド・プロ・コー と呼びます。
nearly equal 「exchange」です
『同等の見返り』 というような意味合いですね。

よく、「this for that」や「something for something」などとも言われますが、
『あれの代わりにこれ』『代用』『対価』なので、
『見返り』『報酬』といった意味で使われます。

これも知っていないとなんともならない言葉ですね

昔、クリントンさんがまだ州知事だったとき、
政治献金事件<ホワイトウォーター疑惑事件>ってのがありました。
その時期によく新聞やニュースなどで「quid-pro-quo」が使われました。

catch 22 

March 24 [Fri], 2006, 22:35
今日は難しい言い回しばかりかも・・・
「catch 22」という言葉があります。
主に名詞として使いますが、形容詞としても使われます。
由来は、ジョセフ・フェラーというノンフィクション作家の小説のタイトルからです。
「I'm in a catch 22.」 のようにいいます。
『にっちもさっちもいかない』『どうにもこうにもしょうがない』
『八方塞りな状態』『手の内用がない状態』
『板ばさみ・行き詰まり』『ジレンマ』といった意味です。

ちなみに『にっちもさっちも』は、『二進三進』と書きます

和製英語 

March 22 [Wed], 2006, 10:02
日本語にはたくさんのカタカナ語がありますね。
普段何気なく使っている、カタカナ語・・・もともとは英語だと思い込んでいても、
全く違ったルーツの単語はたくさんあります。

簡単なところで、、、アルバイト。元々はドイツ語です。
英語ではご存知のとおり、『part time job』ですね。

アンケート・・・フランス語です。英語では、『questionnaire』といいます。

ピンセット・・これもいかにも英語って感じですが、オランダ語です。英語では『tweezers』
はさみ『scissors』と同じく、対になっているものなので、『s』が語尾に付きます。

アトリエ・・・これもフランス語です。英語では『studio』ですね。

アベック・・・これもフランス語。英語の『with』、「~と一緒に」にあたります。
日本語での意味するアベックは、『couple』です。

ガーゼ・・・ドイツ語です。医学などに関する単語は、ドイツ語やオランダ語が多いです。
英語では、『gauze』と言います。

ゴム・・・これもオランダ語。英語では『rubber』

コンクール・・・これはフランス語です。英語で『contest』ですね。

ワッペン・・・これはオランダ語です。英語では『badge』です。

最後に、インテリ・・・英語で『intellectual』などというので、その略語かと思われがちですが、
もともとは、『インテリゲンチャ』というロシア語が語源となった略語です。

チョットした・・・ 

March 21 [Tue], 2006, 17:47
『Gadget』という言葉があります。
「チョットした道具・機械・装置」といったものを指すときに使われます。
そこから意味あいを広げて、「よくわからないもの・道具・機械・装置・スイッチ」など、
カラクリ全般のこととして、
広くて抽象的なニュアンスのものを指すときによく使われます。

『It's a no-brainer.』もよく使われる表現です。
脳、頭のないもの、頭がいらないもの、として
『そう大変でないもの、カンタンなもの』といった意味です。

『It's』つながりで・・・
『fix』といった単語がありますね。ご存知のとおり、「修理する、修す」といった意味です。
この動詞を使った言い回し、
『It's a quick fix.』
「すばやい修理、すばやく修す、とりあえず修す」から、
「応急処置」という意味です。
『a short time solusion』といった言い回しもありますが、
こちらよりも『It's a quick fix.』がよく使われています。

卒業シーズン graduation season 

March 20 [Mon], 2006, 11:18
先週から大学や短大の卒業式の時期なんでしょうか?大阪駅で振袖の卒業生をたくさん見ました〜
卒業式 graduation ceremonyでは、よく国旗 national flag が掲げられていますね。
国旗は、「national flag」といいます。
日本の国旗はもちろん日の丸ですが、英語では「the rising-sun flag」といいます。
イギリス国旗は、「union jack」ですね。
じゃあ、アメリカ国旗は、星条旗「the stars and stripes」とよく言われます。
またあまり言われませんが、時々こうとも言われます。「the red,white and blue」
アメリカの星条旗をよくよく見ると、赤と白と青が使われていることからきているようです。

明るい未来が待っている卒業していく若者たちを見守るような表現として、
「It's my nest egg」とよく言われます。
『それは私の巣の中のタマゴ』とでもいうことでしょう。
なので、『虎の子』だとか『将来の蓄え』などを指すときに使われます。
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
http://yaplog.jp/soyunkai/index1_0.rdf
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:soyunkai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる