亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 111/183<矛盾 〜終焉〜> 

July 20 [Fri], 2007, 17:12
「今までありがとうな。あと・・・ゴメンな。」


ゴメンを言わなきゃいけないのは、私の方。
だけど、その原因を作ったのは、アナタ。

言いようのない感情が、一気に押し寄せてきて。
プツリと音を立てて、泣き崩れた7月16日の早朝。

冷戦状態の現状から、抜け出そうと電話をしたのは、私だった。




「お互いに、隠し事はナシにしような?」




3宮さんと約束した日から、ちょうど2週間。
自分の気持ちが、ようやく落ち着いて。今だ、と思った。



いつかは終わりが来る。



初めからわかってた、私たちの関係。
1日が2週間ぐらいのペースで進んで。気づいたときには、マンネリカップルの領域になってた。
ケンカもした。大泣きした日もあった。楽しくて笑いあった日もあった。

だけど、アイツの腕の中は・・・居心地が悪かった。

いつも不信感があった。




言えなかった。
今、私の傍には・・・アイツの言ってた、3宮さんがいること。
まだ、話しちゃいけない。
そう思った。





7月17日、夜。

16日の日に、泣いた本当の話をした。
「ようやく、お互い落ち着いて話できるようになって。だけど、悪いのは私の方で・・・」
出来れば、隠したままでいたかった。だけど、隠したままじゃ前に進めない。
ちゃんと、この人を愛せない。そう思ったから、一生懸命伝えた。

ひと通り話し終えたとき、「もう溜め込んだの、ない?」そう言って、黙って抱きしめてくれた。
もう大丈夫だよ、って。なんか伝わってきた。


思った。
この自信が、アイツにはなかったって。
口だけの自信じゃない、本心からの自信が。アイツにはまだなかったって。





「俺がけいちゃんのこと、大事にしちゃぁけんね。ちゃんと愛しとぉけん、心配せんでいいよ。」







これで、全てが終わった。






=7月19日 羽田=

Yを迎えに来たこと。
ショコも聞いて、ビックリしてたけど。
Yがやっぱり、深層心理ではアイツを好きなことがよくわかった時。

もう、私に嫉妬心とかはなかった。

スポットの近く、ケータイでYとメールしながら思ってたことは



早く帰って、会いたいな・・・。



別れ際、横浜に「3宮さんとはどうなのよ?」って聞かれて。「何にもないよ〜」とか言いながらも。顔が笑ってた私を見て、きっと気づいたかもしれない。

それでいい。

私はもう、一時の感情に迷わないと決めたから。






12月27日
初めて一緒に行った、エイトコン。
私たちが、ちゃんと付き合うきっかけになった日。

薄情にも。向こうは、すっかり忘れてたけど。
私には忘れられない、大事な日だった。


7月27日
友達に戻って最初の、エイトコン。
私たちはもう、恋人同士では・・・ない。

もし、ライブ中にあの曲を聞いたら。
きっと私は、人目も気にせず、泣き出すかもしれない。

いつものことだけど。
今回に限っては、あまりにもリアルだから。






もう、あの日には戻れない。
一生懸命に、先を歩こうとしてたアナタを見捨てたわけじゃない。
弱かったのは、アナタじゃなくて・・・私でした。

いつもデートの日は、雨でしたね。

イヤですね。
2人とも好きだった曲が、2つとも「雨」の曲だなんて。

せめて最後の日ぐらい。
澄み渡った、青空の下がいいですね。

もし晴れたら。
最後にちゃんとお礼が言いたいんです。



愛してくれて、



ありがとう、と。

亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 111/183<矛盾 〜試され、悲しかった日々〜> 

July 20 [Fri], 2007, 16:47
あれは6月に入った頃。
横浜が日に日に「お前さ、そっちで彼氏作った方がいんじゃないの?」とか「つべこべ言わずに、3宮さんに接近してみたら?」とか。自虐的と言うか・・・私を試してるというか。そんな発言を言い始めた。

6月は・・・私が毎年陥る、大凹み期の最中。
寂しくて、辛くって。誰かに居て欲しい時期に、電話の向こうのアイツは、ヘラヘラしながら。冗談なのか本気なのかわからない、そんな言葉を。私の気持ちも知らずにか、毎回吐き続けた。

少しずつ、気持ちなんて冷めてった。

あれは、Yが仕事を辞めた話をしてたのを、知ったとき。
一緒にいても、重荷にしか感じず。それに加えて「3宮さんとは、どうなの!?」と聞いてくる回数が、日に日に増えていった頃。


「お前のためにも、福岡で好きな人。見つけたほうがいいと思うんだよね」


その言葉に、傷ついて。なんかムカついて。腹が立って。
仕事も上手くいかなくって、辛くって。苦しくて。イライラして。
相談すれば「俺は近くにいてやれないから」のヒトコトで、終わらされる。


なのに、会えば本能剥き出しの、ただのオス。
精神年齢の低さに、呆れ始めてたのを。「仕方ないよね?」って我慢しようとしてた時。

私の近くには、尊敬できて、楽しくって、一緒にいても疲れない。
そんな人が、現れてしまった。


オトナなフリしてても、やっぱり幼稚な横浜にはなかった、新しい答えをくれる人。





3宮さんだった。





その手は、感じたことがないぐらい温かくて、安心できた。





もうこんな争い、終わりにしよう。



私がアイツを裏切った瞬間。
重かった何かが、ふぅっと軽くなった。




<売り言葉に、買い言葉。>





結論を言ってしまえば、そうなのかもしれないけれど。
先に突き放したのは、アイツだった。
それが、向こうにとっては私への愛情だと言うんだろうけど。
そんなものは、あの時の私は、求めてなかった。


「頑張れってことしか言えないケド・・。俺、お前の傍にいれないから、どうしようもない」


そうじゃなくて。
ただ・・・もっと違う言葉で、私を励まして欲しかった。




ただ、それだけ。

亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 111/183<矛盾 〜疑〜> 

July 20 [Fri], 2007, 15:59
最後のテスト。
終わったよ、の報告電話を入れたら。「Yが迎えに来いって、今羽田・・・。」

「Y来る前に、着いちゃったけど・・・会わないで帰るね?」とメールを入れたら「俺にも会わないで?」って。

1週間早まった、別れて初の対面。

並んで座る時の間隔、バックひとつ分が今の私たちの距離。
別れ際の頭を撫でるクセ、手から持ってた本に変わった。

向こうなりの、距離。


「お前はもう、”俺の”じゃないから。」


空気で感じる。もう、そんな関係になってた私たち。

そのあと、Yから「会ったんだって?」のメール。

まだ話すつもりはない。
横浜との、短かったけど濃かった冬から梅雨までの、半年間を。
私たちの中では、半年が何年にも感じられた、あの半年のことを。
語るには、まだ時期が早いし。誰にも理解できない世界だから。



テスト明け。梅雨明け。延長生活 110日目。






=2007.7.20=
電話口には、北海道のことで会議中のショコ。
彼女には、昨日会ったことを話した。そして、Yが呼び出して来ていたことも。

いくら「六●亭のバターサンドの大きいの、買ってきてあげるから!!」って言われて。さらには、別れた私からの呼び出しもなくって、ヒマだったからって・・・迎えにひょいひょい行くのは?と思った。だって、あれだけ「アイツとは絡みたくない」って言ってたのに、何なわけ!?と。だけど、私はモノ言える立場じゃないし、もうそんな位置にはいない。

別れ話が出始めた、6月中旬。
話が進み始めた、6月の終わり。

そのときに起きた、突然の事件。

はっきりとした話があった、7月初め。
休戦状態をきっちりさせた、7月半ば。

最後を告げた、この間。



横浜の彼女ではない私が、言える事なんて。何にもないんだ。
第一、今回の別れた原因だって、元はといえば私に原因がある。
だけど、1つだけ言わせて欲しい。



原因を作ったのは・・・今思えば、アイツだってこと。

亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 105/183<悲しい、恋。> 

July 14 [Sat], 2007, 20:18
20:20
最後の電話から、どれぐらい経ったんだろう?
唯一連絡する内容は、メールで最後のテストの話だけ。

それ以外の話は、あえて突っ込まない。
あれだけ、足しげくチェックしてた、表の日記も。最近は足跡がない。
忙しいのと、自己清算をしてる証拠だとわかった。
もしかしたら、向こうが気を遣って「テスト前だから・・・」って連絡をよこさないのかもしれないけれど。
どのみち、連絡がないのは、事実である。

そういえば。
今日・・あゆが長瀬との破局を公表したらしいけど。3年経って、なんのリアクションもなかったら、遊ばれてると思ったほうがいいと、うちの親が言ってたのを思い出した。
私とヤツの場合、お互いを知り尽くしすぎて、新鮮さのカケラも何もなかった。
あろうことか、お互いいつから付き合い始めたかさえも、覚えていなかった。「いつにするよ?」と話したほど・・・。最後には「いつからでも、別によくない!?」になって。確かに、ヤツの中では記念日はどうでもいいらしいし。それほど、重要ではないのは、前々から聞いてたから。

更に言えば、私にヤツへの気持ちが10%あればよかった日々。「お前、疲れた顔してるぞ」なんて、よくY野さんに言われたものだった。
けど、この頃では「キレイになったなぁ・・・。」と言われる。まぁ、150%の確立でお世辞なんだけど。この言葉を、最近ではよく耳にするわけで。

ん〜・・・。
ヤツにはなかった、新鮮味とか・・・ドキドキとか。一緒にいても、安心できるものは、いつも感じてる。
「寄らないで(睨)」って言うことも、全くないし。
まずもって、並んで歩いてて「キモい」と思うことが全くないんだよね。




やっぱ、ヤツはなかったんだな〜としみじみ。





あ、この内容が通じるの。何人いるんだろ(苦)
追及したい人は、ご遠慮なく質問をどうぞ・・・。





静岡コンまで、あと13日。
大清算までも、あと13日。

亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 97/183<二人の、涙雨。> 

July 06 [Fri], 2007, 11:52
11:54
「ゴメン、電話かかってきたから!!」


素っ気ないのが、更に増して。
それを感じ取った向こうは、思い悩んで。
でも、結論は「どう頑張っても、キライになれなかった」

ごめんね。

私は、もう新しい恋を始めてしまってます・・・。

だから、今度のエイトコンが最後のカレカノとしてのデート。



カタチ上、ね。



やっぱり、気を許した友達としか思えなかった。
毎日、ドキドキしながら過ごすってこと、なかった。
会いたいなって思うこと、全くなかった。
電話したいなんて、考えもしなかった。

これが恋愛の難しいところ。

ズルズル引きずってても、どうにもならないこと。


また私。
夏が来る前に、思われてた恋を終わらせた。


予感は当たったね。







「はじめにお前が言ったじゃん。気づいたときには、遅いかもしれないよって。この3日で、それが痛いほどわかったもん。俺、こんなにお前のこと好きになるハズじゃ、なかったもん・・・。」





最後のデートまで、あと21日。
始まりも終わりも、エイトで・・・。

亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 93/183<プチハッピィ> 

July 02 [Mon], 2007, 2:51
2:51
まさか・・・なぁ〜んて思ったけど。
何だか、よくわからないですね(笑)


どうも、夜勤中な私です。
1時過ぎ、突如3宮さんが私服で現れまして。今もまだ、向かい側でS田と並んでミク見てます(笑)

何でか、3人で話してますけど・・・変に盛り上がってます(笑)



差し入れのミルクティーと、レポD。

メガネ姿で、めっちゃラフな3宮さん。

夕方メールしたら「なんや、ヒマなんか?」って、ちょっと怒られるかな?って思ったけど。
なんだかんだで、何回かメール返してくれて。

「敬語使われるの、照れくさい」とか言われて。

どういうとり方をしていいのか、本気でわかんなくて。

1時近くになって、ようやくメール返したら、30分しないうちに現れるし。



こっちとしては、正直。







ドギマギしてるんですけど(焦)







だって、休みだったんだよ?
それが、変に寝れなくなって来たっていって。ずっとS田さんと話してて。

3日まで会えないと思ってたのに。
何にも考えないで、仕事してたら・・・会えたってね。



少しは、喜んでもいい・・・かな?




うん。
喜ばないで、頑張ります。

亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 92/183<Explosion 1> 

July 01 [Sun], 2007, 13:38
13:38
「お前、俺にホレてたりする?」
「・・じゃ、そうだって言ったら、どうします??」



駆け引きはキライじゃないけど・・・。



「(笑)こんなオッサン、相手にするわけないやん。」



今回の相手は、1枚も2枚も上手。



こんにちワンツー。
昨日、静岡チケが着て、更にパニくってる私ですけど・・・。

唐突ですけど・・・
私ですね、気づいたことがあるんですよ。
昨日、3宮さんが2時間あと出勤だったんですけど。

みんながいる前では「おー●ぼちゃん」とか「おー●ぼ」とかって言うけど。
2人でいるときとか、周りに人がいても距離が近いときは「ケコちゃん」って呼ぶんですね。

今まで気づかなかったんですよ、ホントに。

何だろ。昨日は恐ろしいほど、3宮さんの話し方とかに敏感で。
最近は軽く突っ込まれて、ポンって叩かれたり。昨日はあまりの暑さに、髪をダンゴにして行ったら。私が1人でいて、後ろを通りかかった時に指で突かれて「何で今日、おだんごなーん?」って不思議そうに聞かれたんですよ。いなくなったあと、一人でニヤけかけました(苦)

インが来なくて、ボーっとしてるときに中高の話になって。
3宮さんの出身校が、友達が多く卒業したとこだったり、通ってた塾が同じところの同じ教室だったり。
驚きの共通点に、2人して「えぇ!?」って驚いて。

昨日ほど、昔の話とか話したの初めてで。変に充実してました(笑)だって、年齢差があるとは言え、話があそこまで通じるとか思わなかったし。



いやぁ〜楽しかった(笑)



その後に、今度の出かける場所の話になって。また途中で脱線して・・・。
結局、またも決まらずに(ヲイ)

そうそう。
脱線した時に「私、彼氏のタバコのニオイ、ダイッキライなんですよ。」って言ったら「ゴメン、俺も吸うけど(苦)」と言われたので普通に答えちゃったんです。


「私、3宮さんのは好きなんですけど。」


今思えば、私・・・なんてこと言ったんだろ(苦)と思うけど。ホントにキライじゃないんですよね。
まぁ、こんなことを突然言われたら、誰だって驚きますよね(笑)一瞬、向こうが口アングリして「えっ」って顔してましたから。

で、その後にいわれた言葉が・・・冒頭(笑)
ステキなほど、不適な疑いに満ち溢れた目で、言われました。

残り8日。
その間に、3宮さんに会うのは・・・あさっての1回のみ(苦)

出かけた日からは、3日も連続で会うのに(苦)





そんなことが起こってるとは、ショコ以外知らずに。
昨日の夜、左耳でショコ。右耳でヤツと電話。3次元会話が成立し、エイトコンの打ち合わせ。



中「ひと山(3宮さん)あって・・・ふた山(テスト)あって・・・。最後(ライブ)がコレって(苦)」
右「ひと山はわかるけど・・・ふた山って?お前、なんかあるわけ!?」
左「あ〜・・ねぇ。」


私・ニシキドファンを真ん中にして起こる会話。
理解できてる左・安田ファンと、全くわからない右・丸山ファン。


今日、S田さんに聞かれたら・・・こう答えておくかなぁ・・・。




「前途多難、です」

亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 90/183<横浜の彼氏と、福岡の彼氏> 

June 29 [Fri], 2007, 23:11
23:24
「お前はひとつ、失敗してることがある。」


何かを悟り、ニヤニヤしながら語りだすY野さん。



事態は急展開。





朝9時、開始。
カウンターには、夜勤明けの3宮さんと早番のA吉ねぇ。
久しぶりの早出に、特にすることもなく・・・。予約票整理したり、埋まってたFAX整理したり。そんなことをしてたんだけど、ふらりと表に出ると。「おー●ぼさんよぉ〜」と寄って来る3宮さん。

「昨日ずっと考えよったっちゃけど、どっか行きたいトコあるかみといて?」
ラックの下にあったのは・・・


九州まっ●る(笑)


「あ・・はぃ(笑)」
「しかもさ、話し合って決めたいな〜と思ったら、シフトすれ違いったい。」
「そうなんですか?」
「そうなんよ〜。やけん、困ってさぁ・・・。」


手渡されたのはいいけど、まだアウトのお客様いるし・・・。
そんな感じで、3人でアウト処理をやってて。ふと途絶えた時間、気づけば3宮さんと2人に。


「そうや!ケコちゃんっ、アドレスっっ!!」
「あ・・・ケータイ裏だ(苦)」
「(ケータイを出して)これ、いまだに使い方わからん・・・(苦闘)」


裏に戻って、バックからケータイを取って戻ると。「あ、機種一緒?」と言われたので、じーっと見てみると。3宮さんの方が新しい方でした(笑)で、先に送ってもらって、送って。そんな感じで、ようやく連絡先を知ったわけです。

お昼過ぎ、先にあがった3宮さん。
その1時間後、ようやくA吉さんと休憩に入ったとき。メール1件。



「おつかれさん」



・・・はぃ?




絵文字たっぷりのメールは、3宮さんでした。
こっちから送らなきゃだな〜と思ってたから、ホントにビックリで。だけど、半面嬉しかったりもして。

とは言っても。
明日会うんですけどね、仕事で(笑)

3回ばかり、やりとりして・・・今途絶えてます(笑)





で、夜。
Y野さんが、変な質問をしてきたんです。


「横浜の彼氏とは、結局どうなのよ?それと福岡の彼氏とは、どんなんなん??」


横浜の彼氏・・・・=ヤツ


では、問題です。



福岡の彼氏・・・・!?



!?



「福岡の彼氏っ!?は、Y野さん・・・一体誰のこと言ってるんですか!?」
「ん〜??(ニヤリ)」
「っつか・・・何を悟ってるんですか!?」
「お前は大失態をしてるんやって。いいか?福岡の彼氏とお前は、完全に両思いなのに。お前が横浜の彼氏からケータイ持たされてるだ、毎日電話かかってくるとか言うから。向こうは躊躇ってるんぞ?」
「だから、一体誰のこと言ってるんですか(苦)」


「とにかく、お前は横浜の彼氏を、早くどうにかしなくてはいけないわけだ。えぇか?」



「・・・はぁ(苦)」





Y野さん、突拍子もなく話すから。理解できないんですけど!!と思うものの。Y野解釈では、すでに私には”福岡の彼氏”が存在するらしく。仲が進展しないのは、横浜の彼氏のせいだそうだ。




何。




完全に△出来上がったのは、向こうじゃなくって・・・・






私の方ってわけ!?




その横浜の彼氏ですけど。
昨日・・・口ゲンカしました。と、いうより・・・私がヤツと話すのがイヤになって、遠まわしに不満ぶつけまくったら。そうなってました。
でも、最後には「俺、そんなに頼りないか?」とか「何か俺が凹んできた・・・」と泣き出す始末。
あまりにもウザくなったので、「明日早いから。」と言って切りました。

今日から、しばらく音信不通予定です。

というか、たぶん向こうが遠慮すると思います。

まぁね・・。
あんだけ本気でブチ切れたんだもん。長年の経験で、今は寄っちゃダメだって、わかってると思うから。

こちらも遠慮なく、向こうとの連絡を軽く絶ちます。

亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 89/183<青い稲妻> 

June 28 [Thu], 2007, 20:18
20:18
打って、送って、読み返して気付いた。


素っ気ない文章。

冷たい書き方。


心配するわけでもなく、突き放したような。
明らかに、態度が違うのが‥‥わかる返信。



向いてないんだって、アイツに芸能人なんて。
やるなら、芸人だっての(苦)



浮かんでくるのは、アイツのグチと不満ばっかり。
心底会いたくない。
しばらく、顔も見たくない。
思い出したくもない。


メールが着ては、溜め息。


冷却期間が欲しい。


本当にアイツが好きなのか。
それを知るための。


私にこだわらないでほしい。
女は私だけじゃない。



明日、事が動きだしたら。
私はどうするんだろう?




アイツをムシする日々が、密かに始まるんだろう‥‥。

亮たんにヤキモチっ!?ズッコケ∞er遠恋?道 88/183<バクハツ> 

June 27 [Wed], 2007, 10:51
10:51
毎日、22時以降。仕事のある日は、0時以降。電話が鳴る。


「おつかれぇ〜」


そのヒトコトで、ドッと疲れが増す。



はい。
昨日も電話がありました。2回、ムシりましたけど。出ないと煩いので・・・仕方なく出ました。
「日記読んだよ〜」と、いつもの報告から始まって・・・。
どうにか、私のテンションをいつも通りにしようと、エイトの話題とか振ってくるけど。実際、ビデオ録るだけ録っても、全く観れてないし。向こうは、リアルタイムで観れることの方がほとんどだし。ついていけないんだよね・・・。

それに、最近わかったんだけど・・・この人。
1から10まで、私のことわかってないと不安みたいなんだよね。だから、1日の過ごし方とか知ってないとダメで。メールを1日に返さなかっただけで、「お前なんで返さないわけ??」ってのが来るし。

言ってしまいたくなりますよ。



「私、あなたより好きになりそうな人が、いるんですけど・・・。だから、しばらく大人しくしててくれない?」




てね。


全く正反対の心模様。



「お前の声聞いたら、元気出たわ・・・」

『あなたの声聞いたら、気分が落ち込むんだけど・・・』




難しい時期に、突入。
そんな気配です。
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:soymilk8keiryo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる