簿記の勉強 仕訳とは
2010.10.14 [Thu] 09:20

簿記とは、経済主体の諸活動を貨幣的または物量的な数値をもって把握し、記録計算を行う技法です。

今日は、記録計算を行う技法とは何かということについてです。

企業の諸活動によって、企業のお金や物が動くわけですが、その動きを記録することが大切になります。
では、記録するには、どのようにして記録すればよいのかということですが、


まず第一に、記録方法を統一するべきであることは分かると思います。
人によって、いろいろな記録方法で記録しているのでは、他の人が確認する時に大変です。誰でもわかるように記録する必要があります。

さらに、会社のお金や物の流れに関心を持っているのは、会社の中の人間だけでありません、株主や融資した銀行なども当然、会社のお金やものの流れに関心を持っています。

会社のやり方を外部に説明することも可能かもしれませんが


続きを読む

<主要な通信講座の口コミ・評判>

LECの日商簿記検定試験講座の口コミ・評判
ユーキャンの日商簿記検定試験講座の口コミ・評判
大原の日商簿記検定試験講座の口コミ・評判
ゼミネットの日商簿記検定試験講座の口コミ・評判
media5 Premier Royalの日商簿記検定試験通信講座

日商簿記検定試験とは
日商簿記の求人