私の切ない記憶 

November 02 [Sun], 2008, 15:36
こんにちわ
随分と冷え込むようになりましたね〜。

今日は旦那が休みだったので子供と3人で公園まで散歩してきました!

こんなのんびりした休日っていいな〜と感じる反面、平凡な幸せに何か満たされない想いがある自分が本当に嫌になります。




私自身母子家庭で育ち、父親を知らずに育ってきました。
母も祖父母がもう亡くなっていた為、実家という場所はなく母の兄弟同士で助け合っていました。(結果、後々この関係性で私たちが嫌な想いをしますが…。)

私は3人兄弟の末っ子。兄と姉がいます。上の2人とは歳が離れている為、ほとんど一人っ子のようなもんでした。

母は水商売をしながら私たちを育ててくれました。私が3歳の時に離婚し、父親が養育費を払うような人ではなかった為、母は水商売をせざるを得なかったようです。
育ち盛りが3人もいて、何か資格があるわけでなく時代的にも仕方なかったのでしょう


母は私たちに精一杯の愛情を注いでくれました。私たちの為に犬を飼ってくれたり、免許を取って色々な所に連れて行ってくれました。
何不自由なく育ててくれました。それは今でもすごいと思います。


しかし、私は昔から水商売が大嫌いでした。(実際に働いている方がいたらごめんなさい。私なりの悲しい想いがあっての事なのです。職業を否定しているわけではありません。)


まず私の記憶の中で一番鮮明に覚えている切ない気持ちがあります。保育園に送る母が門の手前で私に言います。
「お母さんお酒の匂いがするから、ここから1人で行ってくれる?」

母は二日酔いだった為お酒が匂うのです。


私は言われた通り1人で行きました。
私が1人で来た事に気付いた保育士さんはびっくりしてました。
そりゃそうですよね。小さな子供が1人で来るなんて、なんて無責任な母親だと思われていたでしょうね…。


これが私の一番最初の切ない記憶です。






文才がないのでわけわからん文章ですみません。



ちょっと休憩します。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:そら
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 趣味:
    ・グルメ
    ・お酒
読者になる
8ヶ月になる子供がいるママです!
今まで色々な事があり、それを整理していき自分を見つめ直す為にもここに少しずつ綴っていきたいと思います。
自己満足なブログですがよろしくお願いします!
2008年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる