相続財産の確定

March 10 [Sat], 2012, 23:11

相続人が確定したら次に、相続財産を確定する作業を行います。

生前に準備している方であれば、どこにどれだけの財産があるのかは家族に伝えてあると思いますが、念のため、整理してみるようにしましょう。

・土地
・建物
・銀行預金、郵便貯金
・株式、証券
・価値のある美術品
など、漏れのないように整理していきます。

できれば、目録のようなものを作るといいでしょう。遺産分割協議書に添付できるように丁寧にまとめるといいと思います。



<遺産の整理で気をつけたいこと>

1、借金の有無の確認。

第一に考えたいことは、借金がないかどうかの確認です。督促状だとか、借用書だとか、金銭消費貸借契約書などがないかどうかよく確認しましょう。

遺産よりも借金の方が多いようであれば、早めに相続放棄の手続きをとることを考えましょう。


2、へそくり等の隠し財産の有無

へそくり等があることも無きにしも非ず。しっかりと、部屋の中を整理して、へそくりがないかどうか確かめましょう。たまに、数百万もの貯金が入った通帳が見つかったりすることもあるかもしれません。
本人も忘れているということもあるかもしれません。

額の裏、書棚の裏、本の中、小物入れの中など・・・、隅から隅まで調べるようにしましょう。


3、もしも遺産分割の後で財産が見つかったら・・・

遺産分割のときは、見つからなかったけど、後で探したら、見つかったという場合、また、遺産分割しなければならないのでしょうか?

あまりに多額の金額であれば、もう一度分け合うのが望ましいかもしれません。小額であれば、見つけた人がもらってしまってもよいかもしれません。

ただ、こうした事態に備えて、遺産分割協議書には、

「その他、当遺産分割協議書に記載のない一切の財産は○○が取得する。」

という文言を入れておくことが望ましいです。

こうすることで、誰がもらうかで揉めることはなくなるはずです。




あなたが亡くなるときに家族や親戚に迷惑をかけたくないならば

あなたの死後、財産をめぐり家族が争わないように「遺言書」を作成することはもちろんですが、それだけでは、老後、安心して生活することはできません。

例えば、あなたが、寝たきり・痴呆になってしまうと、あなたの面倒を誰が見たらいいのか?で家族や親戚がもめることになります。
そうならないように、はっきりと、誰に面倒を見てもらうかを決めておくことが大切です。その際に役に立つのが、「任意後見契約」という契約です。
もちろん、あなたの面倒を見る人に対しては、相続財産を多めに分配するといったような配慮も必要ですから、「遺言書」にも反映させるようにする必要があります。

さらに、あなたの病が進行して、手の施しようがなくなった場合、延命治療を延々と続けることは、あなたにとっても苦痛ですし、家族や親戚にとっても負担になるものです。
一切の延命治療をやめてほしい場合には、あらかじめ「尊厳死宣言書」を作成しておくと有効です。

これらの書面の作成を、遅くとも、定年を迎えたら、考えておきたいものです。

その死に方は、迷惑です ―遺言書と生前三点契約書 」という本は、こうしたことが、一般の方にもわかりやすいようにまとめられているお薦めの本です。

ぜひ、家族みんなで一読してみてください。



(関連記事一覧)

遺言を書くべきか
遺言を作っておくべき人…あなたも当てはまるのではないですか?要チェックです!

遺言書の書き方
遺言は3種類ある…遺言書は書き方により、3つの種類があります。
自筆証書遺言…最も簡単な方法。確実に信用できる人がいる場合のみご利用ください。
公正証書遺言…最も確実な方法。ちょっと不安な方にお薦めです。
秘密証書遺言…あまり使われていない方法ですが。
遺言文例集…自分で作成する方のために簡単な文例をまとめました。
遺言書を書く際の注意点…ちょっと間違えばせっかく書いた遺言書が無効になってしまいます。

相続方法の確認
3つの相続の方法…相続は大きく分けて、単純承認、相続放棄、限定承認という3つの方法があります。
遺言書の有無の確認…まずは遺言書が残されていないかどうか確認しましょう。

財産分割の話し合い
相続人の確定…相続は相続人を確定することから始まります。戸籍を取り寄せましょう。
相続財産の確定…相続する遺産は何なのか。へそくりも含めて調べるようにしましょう。
遺産分割協議…相続人と相続財産が確定したら、どのように分けるか話し合いましょう。
遺産分割協議書の作成…話し合いの結果全員納得したら、遺産分割協議書を作成しておきましょう。

相続手続きをしよう
銀行預金・郵便預金の相続手続き…必ず先に書類を揃えてから銀行にいかないとお金が下ろせなくなりますよ。
不動産の相続手続き…法務局に「相続による所有権移転登記申請」をします。
相続放棄の手続き…財産どころか、借金だらけだったら、3ヶ月以内に家庭裁判所に「相続放棄申述書」を提出しましょう!
各種名義変更…相続手続きというと財産のことばかりを考えがちですが、それ以外にも取りこぼしがないように確認しましょう。
相続税の申告・納付…膨大な財産が残されたときは、相続税も考えなければなりません。
所得税の準確定申告…相続税は関係ないという方でも忘れてはならないのが、所得税の準確定申告です。

相続専門家選び
相続専門家の選び方…相続手続きは何でも弁護士に頼めばよいというわけではありません。あなたにぴったりの専門家を探しましょう。

もっと詳しく
戸籍謄本の取り寄せ方…最近の一枚だけではだめです。昔々の戸籍謄本の集め方について解説。
相続関係説明図を書こう…戸籍謄本を読み取って、相続関係説明図を書こう。
遺産分割協議書の書き方…遺産分割協議書は、法的な効力のある文書です。ちょっと間違えばせっかく書いた遺産分割協議書が無効になってしまいます。
遺産分割協議書の文例…自分で作成する方のために簡単な文例をまとめました。
遺言、相続、戸籍用語集…遺言、相続、戸籍では、聞きなれない言葉がたくさん出てきますよね!



葬儀後の手続き・相続手続きをもれなくこなすためには・・・

被相続人の死亡後の相続手続きについては、完全に理解できている人は少ないと思います。

たとえ、親戚が亡くなったときに、どんなことをやっていたか、話を聞いたりして、知っていたとしても、実際に自分の番になってみると、戸惑うことが多くて大変なものです。

相続財産をめぐる揉め事が無く、相続手続きさえ済ませられればよいというのでしたら、「葬儀後の手続き・相続のすべてがわかる本」のような本を参考にするとよいでしょう。

葬儀後の手続というのは、やることがたくさんあります。

遺産の分割は、相続手続きのごく一部に過ぎません。

意外に忘れがちなことが結構たくさんありますから、「葬儀後の手続き・相続のすべてがわかる本」に書いてある通りに手続をこなして、もれなく、手続を行うようにしたいものです。

ぜひ、参考にしてください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:エンディングノートと遺言・相続手続き
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる