興奮し過ぎる故の早漏現象 

February 09 [Sat], 2013, 15:26
男子の性的興奮と言うものは「遺伝子を残す」と言うところからくるものですね。
したがって、性的興奮が増すにつれて遺伝子を残したいと言う性的欲求が膨れ上がるのですから
より速く精子をだそうとするわけですね。

人間の本能と早漏とじゃあ、まるっきり反対になってしまうのですけど、
ただ遺伝子を残すためでしたら、淡白なセックスだけでも標的を達成出来ますが
愛を深めて仲睦まじくなるためのセックスではそうはいきません。



貴男がセックスしたいと想える女子でしたら
直ぐにでも性的興奮度が高い境遇ですし、
前戯にちゃっかり期間をとると、徐々に性的興奮が高まっていきますので
中々うまく行かないものですね。

又、オナニーを数日間せず(オナ禁)、溜めに溜めておいた境遇で
いざセックスをしようとしたら、直ぐに発射してしまうのも
抑えられた性的興奮が一気に爆発してしまうためですね。

あたりまえのように、性欲を沈めると言う手段をついても
そこはそこでセックスをしたいと言う欲求がなくなりますので
元も子もないですね。

これが要因の早漏をなんとかしないと言うケースは
セックス中にクールになることですね。

例を出すと、発射しそうになったら円周率を数えたり・・・。

これの効力は全くないわけではなく、少々は発射を遅らせることが出来ますが
数秒でまた発射感に襲われてしまいますよ。

上手に貴男のメンタルを制御出来れば正解な手段ですけど、
想いのほか、そんなにラクなものでは有りません。

このへんの秘訣にかんしては、当頁が推薦する早漏超克教材である
「スパーキー伊藤の早漏革命」にて分析されていますよ。


若さや元気すぎることが要因

こいつは、若ゆえの体験欠落からくるものや、
性欲も元気するぎると言う趣旨の心因性な感じはなく、
若さや元気すぎるがゆえに、皮膚が敏感な境遇の為
性器への刺激を過剰に感じてしまって起こるパターンのものですね。

過敏性早漏と言うものですね。

皮膚や粘膜の神経と、陰茎の先端部の感触神経がついても過敏な境遇になっているので
ちょっとの刺激にも直ぐに、発射を促す神経が刺激されてしまい、
本人の意向とは間柄なく発射をしてしまうパターンの早漏のことですね。

若さや元気な人が、性欲も旺盛なのもひとつの要因になりますが
そこ以上に血流の流れが活発になっているため
このふうな早漏になってしまうのですね。

ですけど、このケースは健康上に要因があるわけではなく、
更にすさまじく健康境遇がいいと言うことですので
健康や身体のことにかんしては何も心配する必須は有りません。

この境遇を払拭するには、涼しい自室で血流の非道い境遇セックスをすればいい
と言うことになってしまいますが、そこはそこで女子については
負担になってしまいますよ。

又、体を劣化さっせればいいと言うのもありますが、
そこはそこで元も子も有りませんし、どちらの手段も
当頁では推薦いたしません。

この境遇を超克するいちばんの手段は
「早漏に対する鍛錬をする」と言うのがいちばんの解決策ですね。

刺激に対して敏感であるなら
鍛錬をしてその刺激に対する抵抗を付けていくのが
健康を伴ってのいちばんの手段ですね。

けれども効力のある鍛錬手段は、当頁が推薦する早漏超克教材である
「スパーキー伊藤の早漏革命」にて詳しく分析されていますよ。

こればかりは、文字で案内するよりもムービーで見た方が
そうとう的確に覚えることが出来ますよ。

ストレス性の早漏 

January 30 [Wed], 2013, 15:15
日頃は断然早漏と言う感じもないし、
性の経験だって断然あるし、今迄もちゃっかり女子を大満足させることができた。

けれど、どうだろう。
近頃 はどうも女子が大満足してくれない・・・
もともと発射の頃合い迄我慢出来ない。

そういう突発的な早漏にかかってしまう現代社会の男子もおおいですね。

フラストレーションを抱え込むと遅漏になる人もいますし、
早漏になってしまう人だっていますよ。

その業務や生活でのフラストレーションから来る早漏と言うものは
「抜けない緊迫感」が主な要因になりますよ。

早漏になると言うよりも、現実に
発射の制御が出来ないと言う境遇に陥ってしまいますよ。

交感神経と副交感神経がうまく働いていない境遇ですね。

交感神経とは、

運動しているとき
緊迫しているとき
フラストレーションを感じているとき


上記の境遇で働く神経のことでありますよ。


副交感神経とは、

休息しているとき
安心しているとき、
寝ているいるとき


上記の境遇で働く神経のことでありますよ。

要は、交感神経ばかりが働いて
常に興奮・臨戦境遇と言う事で早漏になってしまうわけですね。

例を出すと、貴男が生涯始めてセックスをしたとき、
ついても興奮して緊迫していませんでしたか?

そして、その時は直ぐに発射してしまいませんでしたか?



これに似たふうな境遇が、
業務や生活のフラストレーションからくる早漏にすさまじく近いと言うことになりますよ。

なので、フラストレーションを抱え込みながら早漏に悩む男子の方は
突発性のものですので深刻に悩む必須は有りません。


その突発的な早漏を治す為に、ちゃっかりと休みをとってみては如何でしょうか?


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヤナック
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる