ジョイントマットの防音性とは

December 09 [Tue], 2014, 14:49
ジョイントマットを防音のために敷こうと考えている人も多いと思います。でも実際にジョイントマットにはどの程度の防音性があるのか疑問に思ってる場合もありますよね。せっかく敷くならできれば効果を実感したいものです。そこでここではジョイントマットの防音性について考えてみようと思います。

ジョイントマットの防音性とは

ジョイントマットはどのような音をどの程度和らげてくれるのか、防音性とはつまりこのようなことです。

音の種類

音には声のような音と叩いた時に出る音があります。どちらかの属性の場合もあれば、どちらの要素も含んでいる場合もあります。

例えばテレビの音は、多くは衝撃で出る音ではありませんが、音量を上げたり低音を利かせれば衝撃音の要素も含まれます。衝撃音は壁を伝わって響くので、共同住宅では騒音の最も大きな原因になってしまいます。

ジョイントマットの防音範囲

ジョイントマットはこの二つの音のうち、衝撃音の軽減ができるものです。衝撃をクッション材が受け止めて吸収し、その音を小さくすることができます。

硬い床に何か物を落とせばとっても響きますよね。衝撃音の大きさはつまり衝撃の大きさに比例します。なので衝撃が軽減されるということは、衝撃音自体が小さくなることを意味します。

声やテレビの音には?

では声などの音に対してはジョイントマットは効果がないのでしょうか。答えは9割正解です。残念ながら声やテレビの音・音楽・赤ちゃんの泣き声・子供が騒ぐ声…などに対しての防音効果はほぼありません。

ほんの少し期待できるのが、全面に敷いた時です。厚みが増すので、物理的に音は聞こえにくくなりますよね。ただ根本的に音が聞こえにくい素材ではないので、いくら厚みが出ても防音効果はあまりありません。薄いよりはいいという程度に考えておいた方が良さそうなレベルです。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/soundproof-mat/index1_0.rdf