かなり調整しています! TGSで『ロード

August 26 [Fri], 2016, 4:47
東京ゲームショウ2010(以下、TGS2010)のスクウェア・エニックスブースで、ひときわ目立つタイトルが、10月14日に発売されるPSP用ソフト『ロード オブ アルカナ』のコーナー. 出展されているものを実際に試遊した後、プロデューサーの柴貴正さんにお話を伺ったので、掲載する. 『ロード オブ アルカナ』は、最大4人でのマルチプレイに対応したアクションゲーム. プレイヤーは、自らの分身となる"スレイヤー"を作成して魔物に挑み、世界の秩序の根源である核石(アルカナ)を集めていくことになる. ターゲットのロックオン機能や、シンプルな操作系によるアクションなど、初心者でも遊びやすいバトルシステムなのも特徴だ. 体験台のコーナーでは、最大約25分間プレイ可能. シングルプレイは試遊時間中、自由にプレイすることが可能で、マルチプレイではマスターガーディアンの"バハムート"に挑戦することになる. どちらもクエストが成功、もしくは失敗すれば終了となる. 記者は今回、マルチプレイに挑戦した. 最初に、スタッフのアドバイスを受けて、預り所で準備を行った. これまで体験版では、片手剣と両手剣しかなかったが、TGS2010バージョンでは、両手斧、銃槍、片手棍でプレイできる. 前情報がなかったので、見た目のカッコいい両手斧をかついでスタートした. しばらくは、同行したメンバーとスケルトンを倒して、操作方法を確認. やはり斧だけあって、動きが重い印象を受けたが、その反面攻撃力は相当なもので、近づいて攻撃を叩き込んでしまえば、かなりのダメージをガンガン与えられ、爽快だった. また、△ボタンで使える"ため"は当てるのがやや難しい分、威力はさらにすさまじく、しばらくはそれしか使わなかったほどだ. そしていよいよバハムートに挑戦. 筆者は配信されている体験版をかなりプレイしており(記録時間12時間オーバー)、スタッフの方に「難しいですから、気をつけて」と言われた時も、「いやいや、そんなことないでしょ? アグニを何体倒したと思っているんですか? 」と心の中でつぶやいてしまった. しかし、アドバイスをくれたスタッフの方、ごめんなさい!! バハムートは強かった! 動きがわからないため、ガードや回避をできずにダメージを食らうこともあったが、それ以上に攻撃力が高く、そして攻撃範囲も広い. 長い尻尾が揺れていたので切りつけにいったが、逆にその尻尾を使った攻撃で返り討ちにあってしまった. 尻尾が目の前にあれば切りつけたくなるが、少し遠慮しつつ、攻撃することに. 様子を見つつも尻尾を中心に攻撃していると、ついに尻尾が切れ、バハムートの叫ぶような咆哮(ほうこう)が聞こえたような気がした. 自慢の尻尾を切られたことに腹を立てたのか、バハムートは怒りながら、上空からのメガフレアや低空の突進を仕掛けてきたため、ドンドン体力は削られ、あっという間に回復アイテムがエクスポーション2つになってしまった. これは、まずいかも!? そう思っていたら、突然アグニがフィールドに現れ、バハムートに攻撃を加える. これは倒したマスターガーディアンを特定の条件を満たすことで召還可能となる技・アルティメットスペル. このTGSバージョンでは、アグニとバハムートをチョイスできる. そんな強力な技があるなら、自分も使おう... としたが、使えない. サッカースパイク 東京都知事選―「脱原発」のlotnauniseb道筋語れ: 朝 どうやら攻撃しているとたまる"マナゲージ"が足りないようだ. 攻撃を加えつつ(といいながら、若干逃げ腰)、マナゲージとにらめっこしていると、ついにゲージがMAXに! 発動した時に現れたバハムートは、それはそれは神々しく見えた. 自分のアルティメットスペルのおかげ... ではなく、一緒に同行してくれたスタッフの腕もあり、見事にバハムートを倒す事に成功. ぎりぎりの勝利だったので、その喜びもひとしおで、小さくガッツポーズをしてしまった. 体験版をやっている人でも、新しい武器、強力な敵によって、新たな楽しみを体験できるTGSバージョンの『ロード オブ アルカナ』. 会場に足を運ぶ人は体験してみては? ブースでは体験版の配布も行っている. 遊んで気になった人、まだ手に入れていなかった人は、利用してみては? プレイ後、柴プロデューサーにお話を伺うことができたので、その模様を掲載する. ⇒次のページでインタビューを掲載.